難民・避難民とは
難民について
難民・国内避難民|故郷を追われた人とは
難民・国内避難民とは、迫害、戦争、暴力のために故郷から逃れることを余儀なくされた人々です。人権、宗教、国籍、政治的または特定の社会集団への参加を理由により迫害を受けています。

難民とは

紛争に巻き込まれたり、宗教や人種、政治的意見といった様々な理由で迫害を受けるなど、生命の安全を脅かされ、他国に逃れなければならなかった人々のことを「難民」といいます。現在、世界の約2,600万人の難民のうちUNHCRの支援対象者は約2,040万人います。(2019年末時点)
なお、UNHCRは国内外の避難先から帰還した人々(帰還民)の支援も実施しています。

 

国内避難民とは

「国内避難民」とは国境を越えていないことから、国際条約で難民として保護されない人々のことです。しかし、難民と国内避難民の苦境は同質であることが多いので、共通の支援対策を執ることが最も現実的であることも多いのです。現在、世界に約4,570万人の国内避難民がいます。(2019年末時点)

 

無国籍者とは

「無国籍者」とはどの国によっても国民と認められない人々のことをいいます。無国籍という状態が生じる原因には様々なものがあり、その中には少数派の人々に対する国籍法上の差別がある場合、国家が独立(国家承継)した際にそれまでの住民の一部が国民として受け入れられない場合、そして関係国の法(両親や出生国の国籍法等)が対立し相容れない場合等が含まれます。現在、世界に約420万人の無国籍者がいると報告されています。(2019年末時点)


 

庇護申請者とは

「庇護申請者」は、自身の故郷から逃れて、他の国の避難所にたどり着き、その国で庇護申請をおこなう人々のことをいいます。UNHCRは、現在世界にいる約420万人(2019年末時点)の庇護申請者がよりよい支援と保護を確保できるように、各国に対して、その権利を守るための法律を整備する提言をします。庇護されると、難民認定や法的保護、援助物資を受けることにつながります。


 

皆様の毎月のご寄付が
難民の未来を力強く支えます

「国連難民サポーター」として月々一定額のご寄付を続けていただくことにより、常に物資を準備して、緊急事態に備えることができるだけではなく、長期の資金計画が必要な、水・食料の安定供給や、学校教育や自立支援など難民の支援を進めることができます。
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する