世界難民の日WILL2LIVE
難民について
世界難民の日
  UNHCR WILL2LIVE ムーブメント

世界難民の日とは?

2000年12月4日の国連総会で、毎年6月20日を 「世界難民の日」(World Refugee Day)とすることが決議されました。
この日はもとはOAU(アフリカ統一機構)難民条約の発効を記念する「アフリカ難民の日」(Africa Refugee Day)でしたが、1951年難民条約の制定50周年を記念してあらたに「世界難民の日」として制定されました。

「世界難民の日」は紛争や迫害から逃れることを余儀なくされた人々の苦境に立ち向かう勇気を称える日です。困難に立ち向かい乗り越えていく難民に共感と理解を深め、難民の保護と援助に対する世界的な関心を高めるためのさまざまなイベントが世界中で開催されます。難民当事者、受け入れ地域の人々、企業、政府関係者、著名人や一般市民など多くの人々が参加し、難民支援についての理解を深める機会となっています。

日本では、全国のモニュメントを国連ブルーにライトアップする啓発イベントや、「UNHCR WILL2LIVE」のテーマのもとに、音楽や映画を通じて難民への理解を深めるイベントを開催しています。

UNHCR WILL2LIVE ムーブメント

W2Lムーブメント

ウクライナ危機に対し、日本国内からの難民支援の輪が広がっています。
一方で、世界には注目されることなく深刻化している人道危機があります。

人々の人権・命は平等に守られるべきです。

UNHCRは難民や国内避難民を守り、支えるために、
世界約135カ国で現場に留まり、難民援助活動を継続しています。

国連UNHCR協会は、2019年よりWILL2LIVE(ウィル・トゥ・リブ)”難民の生き抜く力”をテーマに、国連が定めた6月20日「世界難民の日」を中心に、広報・募金活動を継続してまいりました。

難民問題へ関心が高まっている今、改めて世界の人道危機に視野を広げ、皆さまとご一緒に、私たちにできることを考え、
アクションへと繋げていくことができる機会になればと願っております。

WILL2LIVEムーブメント詳しくはこちら

世界難民の日 特別配信
UNHCR WILL2LIVE Music 2022 

  特定非営利活動法人 国連UNHCR協会(東京都港区)は、国連の定める「世界難民の日」の前日である6月19日(日)に、世界難民の日 特別配信「UNHCR WILL2LIVE Music 2022」をオンラインにて開催いたします。トークセッションでは、荻上チキと青山愛(UNHCR職員)、長野智子(国連UNHCR協会 報道ディレクター)がウクライナをはじめ、世界の難民支援について映像と共にお伝えし、スペシャルライブは、UNHCR親善大使として難民支援に取り組むMIYAVIが「UNHCR WILL2LIVE Music 2022」のメッセージを伝える特別なパフォーマンスを披露します。

難民問題へ関心が高まっている今、「UNHCR WILL2LIVE Music 2022」が、皆さまとご一緒に世界の人道危機に視野を広げ、できることを考え、アクションへと繋げていく機会になればと願っております。

 

募金つきオンラインシアター
UNHCR WILL2LIVE Cinema 2021   

UNHCR駐日事務所ならびに国連UNHCR協会では、2006年から毎年「UNHCR難民映画祭」として、難民に焦点をあてた世界中の作品を上映してきました。

これまでに約240作品を上映し、10万人以上の方々にご来場いただきました。
2019年から「UNHCR WILL2LIVE Cinema」として生まれ変わり、難民の生き抜く力強さを描いた作品を上映しています。
2020年は初のオンラインイベントとして、 新作を含めた作品の中から選りすぐりの6作品を取り上げ、 期間中何度でも観られる「募金付きオンラインシアター」を開催しました。

2021年10月1日から「UNHCR WILL2LIVE Cinem 2021 募金つきオンラインシアター」を開催します。
今年は全5作品が日本初公開。そして期間中見放題。詳しくはこちらから。詳しくはこちら


 

UNHCR WILL2LIVE Partners

UNHCR難民映画祭で上映する作品の上映イベントを学校が主催者となって開催する取り組み「学校パートナーズ」がスタートしたのは2015年。当初は9校参加が、2018年には32校へと拡大し、さらにその枠は企業・団体にも広がっています。
2020年からこの取り組みは、コンセプトと名称を進化させ、映画を通して難民問題への理解とポジティブな共感を広げるUNHCR WILL2LIVE Cinemaの取り組みに賛同してくださる学校・法人パートナーを募集しています。
国連UNHCR協会は後援として、上映作品のラインナップや広報ツール、パートナーズのロゴ提供などを通じて上映会をサポートします。

皆様の毎月のご寄付が
難民の未来を力強く支えます

「国連難民サポーター」として月々一定額のご寄付を続けていただくことにより、常に物資を準備して、緊急事態に備えることができるだけではなく、長期の資金計画が必要な、水・食料の安定供給や、学校教育や自立支援など難民の支援を進めることができます。
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する