WOMEN+BEYONDプロジェクト活動報告

2021年10月11日の国際ガールズデーから始動した女性支援プロジェクト「WOMEN+BEYOND 私たちから、世界を変えよう。」全3シーズンのプロジェクトの報告です。

公開日 : 2024-04-26

WOMEN+BEYONDプロジェクト活動報告

シーズン1:アフガニスタン難民の女性・女子支援

アフガニスタン難民女性・女子の生命を保護し、彼女たちが教育と自立の一歩を踏み出すための資金援助を日本から実現することを目的に、オンラインウェビナー、チャリティラン&ウォーク、クラウドファンディングなどを実施し、総計3,738名の方にご参加いただきました。

シーズン2:ロヒンギャ難民の女性・女子の支援

バングラデシュでの避難生活が6年目を迎えたロヒンギャ難民女性・女子たちの自立支援を日本から実現することを目的に、オンラインウェビナー、チャリティガラ&オークション、チャリティラン&ウォークなどを実施し、総計8,761名の方にご参加いただきました。

 

シーズン3:ウクライナ難民の女性・女子の支援

いまだ終わりの見えない戦禍の中で家族を支え、希望を持ちながら毎日を懸命に生きるウクライナ難民女性・女子へ日本からの支援を実現することを目的に、「ウクライナ緊急事態2年目の今~UNHCRの防寒支援」をテーマにしたオンラインウェビナーを実施し、約120名の方にお申込み・ご参加いただきました。

プロジェクトのインパクト

本プロジェクトを通じて皆様にお寄せいただきましたご支援総額を、各シーズンのテーマに合わせてご紹介したUNHCRの支援物資・プログラムに換算しますと、以下のような大きな支援につながりました。

避難先のパキスタンで高等教育を目指すアフガン難民の女子学生約225人に1年間の教育資金を

バングラデシュの難民キャンプで暮らすロヒンギャ女性の家庭約1447世帯に農業を通じた自立支援パッケージを

ウクライナ国内で厳しい冬を過ごす避難民家庭約1500世帯に燃料やストーブ購入費、医療費にもなる現金給付支援を

(いずれもウェビナーご紹介当時の支援物資の事例・換算レートに基づく試算値)

 

 

「私たちから、世界を変えよう。」のメッセージの通り、これほどの変化を日本から難民女性・女子にもたらしてくださった皆様の大きなお力に、重ねて深く感謝申し上げます。

これまでのメールマガジンでお送りしてきました難民女性に関する記事や難民支援に携わってきた著名人の方へのインタビューは、引き続き下記「WOMEN+BEYOND」公式ウェブページの「UNHCR女性支援の関連記事を読む 」よりご覧いただけます。

 

国連UNHCR協会の女性支援プロジェクト

「WOMEN+BEYOND 私たちから、世界を変えよう。」

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は寄付金控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する