ソニーグループ、UNHCRウクライナ緊急人道支援活動に資金援助とスマートフォンの寄贈を実施

公開日 : 2022-06-16

 

 

ソニーグループは、ウクライナ国内で避難を強いられている人々、近隣地域に逃れた難民に対して緊急人道支援を実施するため、UNHCRに150万米ドル(約1.7億円)の資金援助を行いました。
また、世界各地のソニーグループ各社において社員募金を実施し、UNHCRを寄付先の一団体に選定し、社員募金で集まった寄付に、会社から同額のマッチングを行い、UNHCRに追加支援を実施しました。
さらに急速に増える難民援助活動に対応する職員の活動を支えるため、300台のスマートフォンを寄贈しました。

2022年6月現在、安全を求めて700万人以上が国境を越え国外へ逃れた他、ウクライナ国内では推定1500万人以上が緊急の人道支援と保護を必要としています。
避難を続けるのが困難なため故郷へ戻る人々もいますが、激しい爆撃に晒されながらも国内で避難を続ける人々もいます。

ソニーグループの支援は過酷な環境で避難を続ける人々を守り支える上で、大きな支えとなっています。
ソニーグループならびに社員の皆さまのご理解、ご協力に心より御礼申し上げます。
 
ソニーグループ株式会社は、2020年に「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」を通じて、UNHCRが実施する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策活動へ300万米ドル(約3.3億円)の資金援助を行いました。

 
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する