国連難民サポーターに就任 サッカー元日本代表 北澤 豪さん 「難民問題への理解 まずは一歩踏み出すことから」

公開日 : 2022-05-23

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の日本における公式支援窓口である特定非営利活動法人 国連UNHCR協会の国連難民サポーター(※)に、サッカー元日本代表であり現在はサッカー解説者、日本サッカー協会参与など様々な場面で活躍している北澤 豪(きたざわ つよし)さんが就任しました。昨今のウクライナ情勢などで故郷を追われている人々の状況が注目を集める中、万国共通のスポーツとくにサッカーを通じて世界で避難を強いられている人々に寄り添い、日本社会に彼らの生きる力を伝えるために活動していただきます。

国連難民サポーターの就任にあたり、北澤 豪さんよりコメントをいただきました。

難民問題への理解
まずは一歩踏み出すことから

誰も難民になりたくて、なっている人は一人もいません。
また教育やスポーツは生まれながら人間に与えられた平等の権利です。

2021年に開催された東京2020オリンピック・パラリンピック大会では、難民選手団が来日しました。どんな逆境にも立ち向かう彼・彼女たちの姿は、教育やスポーツは平等の権利だということを世界に示し、希望を与えてくれたのを覚えています。

世界の大きな問題になっている難民問題を理解する上でも、まず大切なことは、一人ひとりの心と心のつながりだと思っています。そしてサッカーをはじめスポーツは国境も民族の違いも関係なく、心がひとつになれる最高の手段です。
スポーツを通じて、世界で今も過酷な状況にある人々と触れあい、日本に住む私たち一人ひとりができることを、皆さんと一緒に取り組んでいければ幸いです。

 

北澤さんは幅広い活動を通じてサッカー界の発展に貢献する傍ら、次世代の選手の育成や社会貢献活動にも積極的に従事し、スポーツのみならず環境問題や教育支援、女性自立支援などの大切さを日本の人々に発信しています。サッカー界を牽引する北澤さんに、難民の苦境だけではなく、彼らの持つ力強さ、困難に立ち向かう創造力、そして希望を、スポーツを通じて日本の皆さんに伝えていただきます。

(※)「国連難民サポーター」とは:国連UNHCR協会では、寄付を通じて難民支援に参加くださる支援者の皆様とともに、UNHCRの日本国内での広報・募金活動拡大のためにご協力くださる著名人の方に「国連難民サポーター」として活躍していただいています。現在活躍中の国連難民サポーター(著名人)は、北澤 豪さんのほか7名の方々です。
詳細はこちら https://www.japanforunhcr.org/news/2017/2119

■北澤 豪さん プロフィール
サッカー元日本代表選手。中学時代は読売サッカークラブ・ジュニアユースに所属。修徳高校卒業後、本田技研工業株式会社に入社。海外へのサッカー留学・日本代表初選出を経て、読売クラブ(現 東京ヴェルディ)で活躍(J1リーグ通算264試合)。日本代表としても多数の国際試合で活躍した(日本代表国際Aマッチ 59試合)。03年現役を引退。
(公財)日本サッカー協会参与 フットサル・ビーチサッカー委員長、(一社)日本障がい者サッカー連盟会長、(一社)日本女子サッカーリーグ理事としてサッカーのさらなる発展・普及に向け活動を行っている。
また、国際協力機構(JICA)サポーターとして社会貢献活動にも積極的に取り組み、サッカーを通じて世界の子ども達を支援できる環境作りを目指している。2022年、日本初のeスポーツ専門の高等学校 「eスポーツ高等学院」名誉学院長に就任。

 
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する