2021年、紛争や迫害により家を追われた人の数は約8,930万人を記録しました

2022年6月16日にUNHCRから発表されたグローバル・トレンズ・レポートによると、紛争や迫害などにより故郷を追われた人の数は過去最高の8,930万人を記録しました。

公開日 : 2022-06-16

UNHCR「グローバル・トレンズ・レポート2021」

紛争や迫害で強制的に故郷を追われた人の数  8,930 万人(2019 年:8,240 万人)

難民 2,710万人(UNHCR支援対象者 2,130万人 + UNRWA支援対象者 580万人)
国内避難民 5,320万人
庇護希望者 460万人
ベネズエラ国外に逃れた人 440万人

迫害、紛争、暴力、人権侵害などにより故郷を追われた人の数は 10 年連続で増加し、2021年に8,930万人となりました。これは世界の人口の1%にあたり、4,000 万人以下だった 2011 年の 2 倍をはるかに超えました。 

数字で知る難民・国内避難民の事実

 

難民の出身国・受入国

・国境を越えて避難を強いられた難民の数の約83%が10か国から発生し、全体の3分の2以上、69%が5か国に集中しています。

  1. シリア 680万人
  2. ベネズエラ 460万人
  3. アフガニスタン 270万人
  4. 南スーダン 240万人
  5. ミャンマー 120万人

 

・世界で最も多く難民を受け入れている国はトルコ。多くの難民を受け入れているトルコ・コロンビアのように、難民の72%が近隣諸国で受け入れられており、近隣国の負担の重さが問題となっています。また、83%は中低所得国という不均衡な状態となっています。世界の難民の大多数、約 10 人に 8人(83%)は、自らも危機に直面する近隣地域、低中所得国で 受け入れられています。開発途上国は庇護の受け入れ全体の 27%を占めています。

  1. トルコ 380万人
  2. コロンビア 180万人
  3. ウガンダ 150万人   パキスタン150万人
  4. ドイツ 130万人

難民の出身国・受入国

 

庇護希望者・帰還民・第三国定住・無国籍

・新たな庇護申請 140万人

  1. アメリカ 18万8,900人
  2. ドイツ 14万8,200人
  3. メキシコ 13万2,700人
  4. コスタリカ 10万8,500人
  5. フランス  9万200人

・帰還民 — 570万人
*故郷に帰還した570万人のうち、国内避難民が530万人、難民が42万9,300人

・第三国定住 — 5万7,500人
*UNHCRは6万3,200人の第三国定住の申請を各国に提出

・無国籍者 ― 数百万人
*各国の集計に基づいた2021年末時点の無国籍者の数は430万人。しかし、多くの国で無国籍者に関するデータがないため、実際の数はさらに多いと推測。

 

難民・国内避難民|故郷を追われた人とは

数字で知る難民・国内避難民の事実

詳しくはUNHCR駐日事務所プレスリリース

Global Trends 2021はこちら(英語)
 


難民を守る。難民を支える。

2022年、紛争や迫害により故郷を追われた人の数は1億人以上

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する