家を見つけたブルキナファソ避難民と、自身の目的を見出した受入主

ブルキナファソのトゥグーリ地域に住むラムダさんは、彼の家に避難してきたブルキナファソ人数百人にとって、希望の象徴となっています

公開日 : 2022-01-21

カヤ(ブルキナファソ)、2022年1月17日 ― ラムダさん*(85歳)は、ブルキナファソ中央北部地域にある故郷のトゥグーリに避難民の集団が押し寄せてくるのを初めて見た時、どれだけ悲しかったかを回想します。彼は、この地域で武力攻撃があり、村全体が破壊されたという話を聞いていました。

退職した公務員で7人の父親である彼は、誰もがするであろうことをしました。自分の屋敷を避難民に開放したのです。

「彼らは私と同じ人間であり、彼らが経験していることは私にも起こりうることなのです」と男やもめの彼は言います。「寒さと埃にまみれて外で寝ている彼らを見てられません。」

2019年11月以降、この寛大な受入主は、故郷から逃れてきた100人以上の同胞を自分の敷地に迎え入れ、シェルターや食料、さらには物資を買うためのお金を提供しています。

彼の行為は、武装グループによる攻撃、財産の破壊、家からの強制避難など、サヘル地域の10年にわたる混乱の中で、ブルキナファソの受入コミュニティが避難民に対して示してきた並々ならぬ連帯感の表れです。

ブルキナファソでは、2021年末までに150万人以上が国内で避難を強いられており、同国の中央北部地域とサヘル地域が最も大きな被害を受けています。マリやニジェールも含む中央サヘル地域全体では、210万人の国内避難民に加え、主にマリからの約41万人の難民を含め、強制移動が過去10年間で21万7000人から250万人以上へと、10倍に増加しています。

トゥグーリでの攻撃の激化に伴い、この地域の人口が急増していることをラムダさんは目の当たりにしています。国立統計人口研究所によると、現在ここに住む11万5000人のうち、3分の1以上が国内避難民です。このような人口増加は、土地、水、社会サービスなど、すでに不足している資源への圧力を高めています。

しかし、それでもラムダさんは、できるだけ多くの人々、特に避難民の子どもたちを助けることをやめません。

「小さな子どもたちに食料やお金をあげることはよくありますが、正直言って、それだけでは足りません」と彼は説明します。

ブルキナファソでは、人口の約80%が自給自足の農業に従事しており、綿花が主な換金作物となっています。治安の悪化に加え、特定の地域へのアクセスが制限されているため、市場や畑へのアクセスが妨げられ、生計や農業活動に深刻な影響を与えています。

「ラムダさんの寛大さは模範的です。私たちは、彼をはじめ、並外れた連帯感を示している受入コミュニティの人々を支援する必要があります」とアブドゥラウフ・グノンコンデUNHCRブルキナファソ代表は語ります。

UNHCRは他の機関と協力して、人口移動の影響を受けた地域のインフラやサービスの強化等、避難家族を保護・支援するために当局を支援していることも、グノンコンテ代表は付け加えます。

ラオゴさんと彼の家族18人は、武装グループがペンサの村を攻撃した後、故郷を逃れました。現在は、ラムダさんが提供した土地に住んでいます。

「彼の謙虚さと優しさには本当に感謝しています。今の時代、このような慈悲深い人を見つけるのは難しいですから」とラオゴさんは言います。「彼は私たちを兄弟のように思っていて、自分の持っているわずかなものを私たちに分け与えてくれます。」

ラムダさんの敷地内に住む、ラオゴさんをはじめとする100人の国内避難民は限られたスペースしかないため、耕す土地を持っていませんが、今は自分の家と呼べる場所があることに感謝しています。

「彼らを家に迎え入れた選択は正しかったのです」

ブルキナファソにおける避難危機が長期化していることを踏まえ、UNHCRもまた、当局や開発関係者と協力して、国内避難民の長期的な解決策を追求し、彼らを受け入れるコミュニティに彼らが社会経済的に包含されることを目指しています。

現在、ラムダさんの敷地内に滞在している家族の多くは、2年以上滞在しており、彼らが築いた親密な関係に、彼は感謝しています。

「大きな事件もなく一緒に暮らしているという事実はとても心強く、彼らを家に迎え入れた選択が正しかったことを再確認させてくれました」と彼は言います。

ラムダさんは、不安定な状況が続く限り、支援を続けると説明します。

「彼らの感謝の気持ちは、お金では買えない感情や感動を与えてくれます。一つだけ確かなことは、私が困っている人たちをサポートし続けるということです。それが私の人生に意味を与えてくれるのですから。」

*名前は保護のため変えられています。

Sylvie Tougouma

原文はこちら(英文)
Displaced Burkinabes find a home as their host finds his purpose


アフリカ ブルキナファソ、マリ、ニジェール 砂漠化するサヘル地域の難民危機

暴力行為が続く南スーダンやコンゴ民主共和国、人身売買、密航業者による拘留が国際問題となっているリビア…。アフリカには多くの危機が存在していますが、ここ日本のみならず世界でも大きく報じられることがない人道危機が、気候変動の影響にさらされ、常に食料難と水不足にあえぐサハラ砂漠の半乾燥地域サヘル地域で進行しています。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する