【写真特集】ウクライナ緊急支援の現場から

公開日 : 2022-04-15

モルドバ、ルーマニアに向かうバスの乗車場所。泣き出した子どもを抱きしめるウクライナからの難民のお母さん。
(2022年3月10日 / モルドバ、パランカにて撮影)

UNHCRが各国およびウクライナ国内で行っている緊急支援の現場の様子を写真でご紹介します

安全に国境を越えて他国に避難できるようにサポートする

モルドバ、ルーマニア両国政府はウクライナからの難民がモルドバからルーマニアへ避難できるようバスを手配しました。

その第一陣が出発したのは3月10日。ウクライナからの難民を乗せたバスの一団はモルドバ南東部、ウクライナ国境沿いの都市パランカを出発し、長時間かけてモルドバを横断。国境を越えてルーマニアの都市フシに向かいました。UNHCRとIOMは協力し合ってウクライナからの難民が安全に国境を越えてルーマニアに避難できるよう出発から到着までサポートしました。
(2022年3月10日 / モルドバ、ルーマニアにて撮影)

【モルドバ】 乗車場所で泣き出した子どもをなだめるウクライナからの難民のお母さん

【モルドバ】 ルーマニア行きのバスに乗ろうとしているウクライナからの難民

【モルドバ】 バスの中で子どもの手をしっかり握るウクライナからの難民オルガさん

【モルドバ】 UNHCR職員はバスの車中で「ルーマニアでの庇護申請手続き」など避難生活に重要な情報をウクライナからの難民に伝えます

【ルーマニア】無事国境を越えてルーマニア側に到着したウクライナからの難民を温かく出迎えます

国境を越えて避難したウクライナからの難民を支える

【ギリシャ】UNHCRの倉庫から緊急援助物資を送ります

UNHCRの倉庫からモルドバに避難しているウクライナからの難民用にテントや防寒支援物資を運び出すUNHCR職員。ウクライナ国内へも同じように各地のUNHCRの倉庫から援助物資が送られます。
(2022年3月9日 / ギリシャ、アテネにて撮影)

【ポーランド】避難所での避難生活を支えています

ウクライナとの国境の都市メディカにウクライナからの難民のために作られた避難所。まだ赤ちゃんの幼い甥を連れて避難したウクライナからの難民バレンティナさんの話に耳を傾けるUNHCR職員。緊急援助物資の提供を始め、UNHCRはウクライナからの難民の避難所生活を多方面から支えています。
(2022年3月6日 / ポーランド、メディカにて撮影)

【ポーランド】緊急の現金給付支援を行っています

UNHCRの現金給付支援を受けるための登録手続きを待つウクライナからの難民。赤ちゃんをあやすカテリナ・コバルさん(中央)もその1人です。UNHCRはウクライナからの難民のポーランドでの避難生活を支えるため、ポーランド政府との緊密な連携のもと、緊急支援としての現金給付支援を開始しました。
(2022年3月21日 / ポーランド、ワルシャワにて撮影)

ウクライナの国内避難民を支える

【ポーランド】ウクライナ向けの緊急援助物資を中継します

ウクライナの国内避難民に届けるために飛行機から搬出される2万6000枚の毛布。空港でトラックに積み替えられ、ウクライナ国内に運ばれました。
(2022年3月7日 / ポーランド、ジェシュフにて撮影)

【ポーランド】毛布を積んでウクライナに向かうUNHCRのトラック

UNHCRはトラックでポーランドから氷点下のウクライナ国内で避難生活を送る国内避難民のもとに毛布を届けました。この1台のトラックに1000枚の毛布が積まれています。
(2022年3月11日 / ポーランド、ジェシュフにて撮影)

【ウクライナ】北東部の都市スーミの国内避難民に緊急援助物資・食料・医薬品などを届けました

UNHCRから届いた物資を分ける北東部スーミの国内避難民。UNHCRとOCHAは協力し合って緊急援助物資・食料・医薬品などをウクライナの国内避難民に届けています。
(2022年3月18日 / ウクライナ、スーミにて撮影)

【ウクライナ】西部の都市チョプとウジホロドの国内避難民に水と衣料を届けました

UNHCRはウクライナ国内で活動するパートナー団体NGO Neekaを通じてチョプとウジホロドで避難生活を送るウクライナ国内避難民に水と衣料を届けました。無事受け取って笑顔を見せてくれた国内避難民の女性。
(2点とも2022年3月5日 / ウクライナ、チョプにて撮影)

ウクライナからの難民・国内避難民をお支えくださり本当にありがとうございます

X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する