開催報告「WOMAN EXPO 2021 Winter」 公開ウェビナー「WOMEN+BEYOND 私たちから、世界を変えよう。」

公開日 : 2021-12-20

 

 

2021年10月の国際ガールズ・デーから始動した国連UNHCR協会の女性支援プロジェクト「WOMEN+BEYOND 私たちから、世界を変えよう。」

このプロジェクトでは、女性エンパワーメントの流れのなかに難民女性の視点を組み込み「日本の私たちに何ができるのか」を共に考え、行動していくことをめざしています。

プロジェクト初のイベントとして開催された本ウェビナーは、「WOMAN EXPO 2021 Winter」内で開催。1,000名を超える方にお申込みをいただき、当日は大盛況のうちに終了しました。

国連UNHCR協会報道ディレクターの長野智子がモデレーターをつとめ、サッカー元日本代表の北澤 豪さん、生活情報誌『オレンジページ』副編集長の小松 正和さん、アクセンチュア株式会社の奈良 綾子さん、UNHCR パキスタン事務所代表の吉田 典古さんとともにパネルディスカッションを行いました。

前半は「アフガニスタンの現状を知る」をテーマに、難民受入国のパキスタンで活動する吉田典古職員との質疑応答を行いました。難民として生まれ育ちながらも様々な困難を乗り越え、現在は医師として活躍するサリーマ・レイマン医師の映像を紹介し、これを端緒に現在のアフガニスタンの子供たちの教育について意見交換を行いました。

吉田職員は「アフガニスタンには男女差別が今も根強く残っており、子供たちが学校に行くためには文化・経済的な課題を解決していく必要があります。それでも子供たちに将来何になりたい?と聞くとお医者さん、先生になりたい、という言葉がたくさん出てきます。そんな彼らの夢が叶うように助けたいと強く思いますし、サリーマ医師のような例は、他の難民の女の子にも希望をあたえることができると思います。」と話しました。またアフガニスタンからの難民を多く受け入れるパキスタンが、自国の経済状況や教育普及率も高水準ではない中で、難民に対しても生活の場や教育の機会を提供していることも紹介されました。

サッカー元日本代表の北澤豪さんは吉田職員とのやりとりのなかで「スポーツも人と人とを繋ぐための大きな役割を担っている。現地と難民の方々で資源などを分けなければいけない時などに、相手とのつながりを深めた上で話し合いをしていくためにも、教育・医療とともにスポーツも含めた支援が大切なのではないか」と話しました。

ウェビナーの後半では「日本の私たちにできること」を考えるため、日本企業の特色ある難民支援の取り組みを紹介しました。

『オレンジページ』では「故郷の味を教わる難民ごはん料理教室」や「クルドのおやつ教室」を開催し、現在日本にいらっしゃる難民のバックグラウンドを持つ方々に地元の家庭料理やおやつのレシピを教わりながら、参加者に難民問題を身近に感じていただく取り組みが行われてきました。

企画・運営を担当されている小松正和さんは「支援というと重いイメージだけれど、必ずしもそれはお金だけである必要はない。発想を少し変えて、いま自分が働いている環境を活かしてできる支援の仕方があるのではないか」という考えのもと、本企画に至ったと話しました。

アクセンチュア株式会社の奈良綾子さんは「Skills to Succeed」というプログラムを実施し、学生から社会の変化に適応しようとしている熟練労働者まで、世界中の働く人々に対して包括的な支援活動を実施していることを紹介。社員自身がチェンジメーカーとして難民支援をはじめ、社会にインパクトを与えていけるようなマインドセットを持てる取り組みを日々行っていると語りました。

最後にモデレーターの長野から「身の回りの同じ志を持つメンバーで、少しずつ新しいアクションをとっていくことで、このプロジェクトのテーマである『私たちから、世界を変えよう。』を実現できていくのではないでしょうか」という言葉で、本ウェビナーは締めくくられました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

当日の様子は、国連UNHCR協会のYoutubeでご覧になれます。

(ウェビナー開催日:2021年11月27日・取材・執筆:吉田恵実子)

 

 【登壇者 】
ファシリテーター:
● 長野 智子さん(ジャーナリスト、国連UNHCR協会 報道ディレクター)

パネリスト:
● 北澤 豪さん(サッカー元日本代表、日本サッカー協会理事、日本障がい者サッカー連盟会長、日本女子サッカーリーグ理事)

● 小松 正和さん( 株式会社オレンジページ エディトリアルコンテンツ部 『オレンジページ』副編集長  )

● 奈良 綾子さん (アクセンチュア株式会社 Corporate Citizenship Change Maker Team)

● 吉田 典古さん (UNHCR パキスタン事務所代表)

 

アフガニスタン難民女性の未来を支えるプロジェクトを、ご自身で企画運営してみませんか?
これまでに「WOMEN+BEYOND」プロジェクトに賛同する企業が立ち上げた企画の事例はこちらからご覧いただけます。
また国連UNHCR協会では、2022年3月の国際女性デー前後に実施するチャリティーイベントの、企画および運営に携わってくださるボランティアを随時募集しています。
お気軽に「WOMEN+BEYOND」担当までお問い合わせください。
お問い合わせ先はこちら

 
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する