【開催期間延長決定】世界の難民を「観て支援」日本初公開作品を含む全6作が期間中 見放題 UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020 募金つきオンラインシアター|国連UNHCR協会

公開日 : 2020-12-11

【開催期間延長決定】
世界の難民を「観て支援」
日本初公開作品を含む全6作が期間中 見放題
UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020
募金つきオンラインシアター
12月24日(木)まで

特定非営利活動法人 国連UNHCR協会(東京都港区)は、11月1日(日)より開催しておりました世界の難民・避難民への支援を呼びかけ共感の輪を広げる配信型の映画イベント「UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020 募金つきオンラインシアター」開催期間を、ご好評につき12月24日(木)まで延長することを決定いたしました。

難民に焦点をあてた映画を世界中から集めた「UNHCR難民映画祭」(2006~2018年)、「UNHCR WILL2LIVE Cinema」(2019年)は、これまでに約240作品を上映し、10万人以上が参加しました。今年はコロナ禍の新たな取り組みとして「募金つきオンラインシアター」形式で開催しています。

今回は、6月に開催したオンラインシアターで好評だった4作品に加え、日本初公開作品を含む新作2作品をオンラインで配信します。視聴料を1度支払うと期間中は何度でも観ることができます。視聴料の一部は「観る支援」として、日本国内の難民問題啓発活動に活用されます。

UNHCR WILL2LIVEムーブメント公式HPはこちら

開催概要 「UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020 募金つきオンラインシアター」
  


【開催期間】  2020年11月1日(日)~  12月24日(木)
【料金】            6作品が期間中見放題。
  下記いずれかの料金を選択。匿名募金は、難民問題の啓発活動に役立てられます。

                              2,000 円(視聴料2,000 円)
                              3,000 円(視聴料2,000 円、難民のための匿名募金1,000 円)
                              5,000 円(視聴料2,000 円、難民のための匿名募金3,000 円)

【申込期間】   2020年11月1日(日)8:00  ~  12月23日(水)23:55
※視聴は申込の翌営業日から可能となります。
※6作品視聴いただくために、お申込はお早めにお願いします。
※すでにお申込みいただいている皆様は追加の手続きなく12月24日まで視聴
可能となります。

 【申込方法】    UNHCR WILL2LIVE Cinema 公式サイト→こちら

【主催】             特定非営利活動法人 国連UNHCR協会 ・ユナイテッドピープル株式会社
【協力】             国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所
【パートナー】独立行政法人 国際協力機構

応援動画メッセージ


著名人の皆さんからのメッセージを国連UNHCR協会公式YouTube上でご紹介しています。

MIYAVI(UNHCR親善大使)| 長野智子(国連UNHCR協会報道ディレクター)
井上咲楽 | 今市隆二 | ライムスター宇多丸(敬称略・50音順)

国連UNHCR協会公式Youtube:  こちら

作品紹介 (詳細についてはこちら

ザ・ケーブ (原題:The Cave) 107分、ドキュメンタリー、
2019年制作
第92回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート作品

安住の地を求めて ~LGBTとして生きる~ 日本初公開
(原題:UNSETTLED: Seeking Refuge in America)84分、ドキュメンタリー、2019年制作

ソニータ(原題:SONITA)91分、ドキュメンタリー、2015年制作

アレッポ最後の男たち(原題:De sidste maend i Aleppo)
104分、ドキュメンタリー、2017年制作

女を修理する男(原題:La Colère d’Hippocrate)112分、
ドキュメンタリー、2015年制作

ナディアの誓い ー On Her Shoulders(原題:On Her Shoulders)95分、ドキュメンタリー、2018年制作

X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する