新型コロナウイルス感染症が大打撃をもたらしているブラジルで、UNHCRは難民と受け入れコミュニティへの支援を拡大

本稿はジュネーブの国連欧州本部(パレ・デ・ナシオン)で行われた記者会見におけるババル・バロックUNHCR報道官による報告の要約です

公開日 : 2020-08-07

2020年7月24日 ― 南米の国々が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックに直面する中、UNHCRはブラジルで何万人にも及ぶベネズエラ難民と移民、そして受け入れコミュニティの保護に、一層力を入れています。
 
ブラジルは、世界で2番目に新型コロナウイルス感染症の深刻な影響を受けている国であり、8万3,000人が死亡し感染者は現在も増え続けています。
 
南米におけるパンデミックの中心地と考えられていて、この状況は、最も貧しい人々、先住民コミュニティやその他の地元のコミュニティ、難民を含む最も脆弱な人々に大きな打撃を与えています。彼らは特に影響を受けています。
 
ブラジルは、34万5,000人以上の難民と庇護希望者を受け入れており、パンデミックが彼らに及ぼしている影響には特に厳しいものがあります。
 
ブラジルでウイルスに感染した難民の総数は、現状に基づいて細分類されたデータがなく、また広範囲に及ぶ検査もされていないためわからないものの、UNHCRは少なくとも難民の中で新型コロナウイルス関連の死者19人を確認し、うち9人は先住民系のベネズエラ難民でした。
 
パンデミックの始まりから、UNHCRは政府と地方自治体を支援し、感染予防対策に力を入れています。またUNHCRは、難民と移民、そして彼らを受け入れる地元コミュニティのウイルスに対する恐怖を緩和するために支援を拡大しており、国の医療制度の強化や、現金の給付支援、衛生用品、また感染予防対策についての情報セッションなどの救命情報を含む社会基盤の提供を行っています。
 
3月以降、UNHCRは北部国境沿いのロライマ州の州都ボア・ヴィスタにある救急病院を支援しており、1,782人の新型コロナウイルス感染者と感染の疑いのある患者を治療及び隔離する体制が整っています。
 
今日までに、625人のベネズエラ人と先住民族を含む多くのブラジル人が、この病院で治療を受けています。570人以上が回復し、隔離中の多くの人も自身の隔離期間を今にも終えようとしています。難民と移民、ベネズエラ人を含む20人が悲しいことに亡くなりました。
 
この病院ではベネズエラ人ヘルスワーカーも救命活動に貢献し、彼らの経験やスキルを活かしながら、同じく働くブラジル人の仲間と協力し対応しています。
 
またUNHCRは、路上や密集したシェルター、またアマゾナスやロライマ、パラー州を含むブラジル北部の不衛生な環境に住む難民の間で必要性が高まっている人道・医療支援のにも取り組んでいます。
 
国内で最も深刻な影響を受けている地域の一つでもあるアマゾナス州では、感染者9万2,000人以上と、新型コロナウイルス関連の死者3,000人以上が確認されており、UNHCRとパートナー団体は地方自治体に、先住民系ベネズエラ難民170人以上に対する住居移転の支援を行いました。彼らの新しい居住施設ではウイルスのリスクから彼らを守るために、より適切なシェルターと衛生設備を完備しています。
 
難民と庇護希望者のコミュニティにおいて社会経済状況が悪化しているため、UNHCRはシングルマザーや立ち退きを要求された人々、そして健康状態に深刻な問題がある人や、暴力から逃れた人などを含む最も脆弱な立場にある人々に、現金の給付支援を行っています。
 
今年の前半に、UNHCRは32万5,000ドルの現金を、3,100人以上の難民と庇護希望者に支給しました。同時にUNHCRは脆弱な難民と移民に、連邦政府の緊急現金給付プログラムを受けられるよう紹介しています。
 
限られた支援物資と急激に高まるニーズのためUNHCRは、支援の必要性があると判断された人口のうちたった24%の人にしか、現金の給付支援を行えませんでした。
 
避難民の脆弱性を劇的に悪化させる冬の到来に向けて、UNHCRはシェルターや住居、防寒支援を行っています。1万5,000人の難民に、マットレスやハンモック、洗浄衛生キットや蚊よけネット、バケツ、灯油缶、太陽光ランプなどの支援物資が支給されました。受給者の中には2,300人の先住民系ベネズエラ人も含まれており、これは国内に住んでいる先住民系ベネズエラ人の約半数近くになります。UNHCRに寄付された1トン以上の冬服が、パートナー団体の協力のもと、国内中部と南部の州の避難民と被災者に支給されています。
 
原文はこちら(英文)

UNHCR expands support to refugees and host communities in Brazil as COVID-19 takes its toll


新型コロナウイルス 難民キャンプ感染拡大危機

過密する難民キャンプは十分な医療施設もなく、新型コロナウイルスの感染拡大の危機に直面しています。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する