もう一度お伝えしたい毎月のご支援のこと

公開日 : 2019-12-06

毎月の支援がますます重要になってきています。
今、ひとりひとりが、できることを。
― もう一度お伝えしたい毎月のご支援のこと ―

サトちゃん

今、毎月のご支援をくださっている皆様
いつも、どうもありがとうございます。
難民のサトです。
難民キャンプで学校に通っています。

皆様の毎月のご支援のおかげで、私たちは避難先でも学校に行ったりごはんをつくったり夜暗くなってから明るい場所で家族と食事をしたり勉強することができます。

自然災害の多い日本の皆様なら、逃げてきた難民にも、家族だけの、プライバシーのある空間が心と身体の健康のためとても大切なこと、わかっていただけると思います。

もしも、この生まれたばかりの赤ちゃんにテントがなかったら…

シリアの兄妹が逃れた先に休めるところがなかったら…

でも、この時は本当にありがたいことにテントがありました。
皆様の毎月のご支援のおかげです。毎月ご寄付があるからこそ、UNHCRは緊急事態に早急に支援の計画を立て、動くことができるのです。

でも、避難を強いられる人が急増している今、もっと多くのテントが必要とされています。

だから今、皆様にお願いがあります。
一年にテントをもうひとつ、救援物資のセットをもうひとつ、紛争や迫害で逃れてきた人たちに届けてもらうことはできませんか?毎月のご支援額を、皆様の暮らしに無理のない形で、増やしていただくことで、それが可能になります。ひとりひとりの「もうひとつ」がたくさんの難民、国内避難民の命を守ります。

毎月のご支援の増額のご検討をどうぞよろしくお願いいたします。

難民支援の輪をさらに広げるため、ぜひ、毎月ご支援の増額をご検討いただけませんか?
⇒ 増額のお手続きはこちらから

X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する