緊張?音楽ワークショップでチェリスト、ヨーヨー・マと歌う難民

バスマ・ジャブラにとって、ワークショップは新しいキャリアを築く直近のステップに過ぎません

公開日 : 2019-06-27

refugeesings_vocal自宅にて、チェリスト、ヨーヨー・マと国連事務総長も出席する音楽ワークショップでの演奏を翌日に控えたシリア人シンガー、バスマ・ジャブラ(35歳)。彼女は少し緊張しているが、音楽の自発性を信頼している
世界的に有名なチェリストであるヨーヨー・マとともに演奏することは、ほとんどの音楽家にとって名誉であるとともに、怯んでしまうほどの挑戦です。しかし、それはむしろバスマ・ジャブラにとって、2014年に難民としてオーストリアへ到着した時にスタートしたプロの歌手としてのキャリアを築くための、もうひとつの機会に過ぎないのです。
 

ウィーン(オーストリア)、2019年6月14日 ― 「もちろん、少しは緊張しています」と、前日の朝、リュートに似たアラブの楽器、ウードを担当する仲間のマルワン・アブドの家で練習する彼女は語りました。「また、私は新しい音楽を体験し、他の音楽家に会う機会を持つことにワクワクしています。」
 
バスマ(35歳)は、クウェートの音楽一家に生まれましたが、1990年の戦争でシリアに逃れました。そこで、彼女は建築家としての訓練を受けて働いていました。
 
シリアの紛争によって、バスマは再び難民となりました。彼女の夫、アイサール・アイサミーは、一人でヨーロッパまでの困難な旅をしました。彼が難民認定を受けた時、バスマと2人の幼い子どもたちは、彼と合流しました。2014年、彼女たちはオーストリアに到着しました。

 

(動画右下の設定で字幕をオンにしていただければ、日本語字幕が表示されます)

 

それ以来、心臓専門医であるアイサミー医師は医学界に戻り、ウィーンの病院で働いています。そして、プロの歌手としてのバスマの新しいキャリアが飛躍しようとしています。この夫婦は、難民が受け入れた時、社会に溶け込み、貢献できることの完璧な実例となっています。
 
バスマは今、ウィーンのクラブや劇場で歌っていて、他のヨーロッパの国々でも公演しています。しかし、最初は厳しい状況だった、と彼女は言います。彼女はドイツ語がほとんど分かりませんでしたが、音楽が人間関係をつくる手助けをしました。
「音楽は世界共通語です」

「ある種の安心感でした」と彼女は言います。「音楽は世界共通語です。音楽を通じて、あらゆることを語ることができます。」

ヨーヨー・マとのワークショップは、多様性と社会的包容に捧げられました。難民10人を含む80人の参加者は「Lamma Bada Yatathana」を習得し、演奏しました。バスマがリハーサルしていたその曲は、中世スペインから続くアラビア語の歌です。
refugeesings_yoyoma様々な伝統、背景、世代の人々が集い、音楽を奏で、統合と社会的包容のために発言をするウィーンの公開音楽ワークショップ。そこで演奏する、ウィーンで活動中のシリア難民の歌手バスマ・ジャブラ、ビオラ奏者のジェレーナ・ポプザン、チェリストのヨーヨー・マ、そしてマルワン・アバド(写真左から右)
ピアノスタジオで予習する独学のシリア人ピアニスト、ハニ・アブ・ハーバー・アルナブ(19歳)。通常、彼は自宅で夜、電子キーボードを使って練習をする

マルワンとヨーヨー・マに導かれ、参加者は2つのグループに分かれて、バスマのボーカルをサポートするために異なるリズムで歌う練習をしました。もう1人の難民、ハニ・アブ・ハーバー・アルナブは、白いピアノで即興演奏をしました。2015年にシリアから来たこの19歳は、到着以来、YouTubeのビデオを見るなどして、独学で演奏を習得しました。

参加者はウィーンの文化センターで開催されるそのワークショップに集まりました。彼らが演奏すると、ウィーンを訪問していたアントニオ・グテーレス国連事務総長が到着し、曲を聴くため、一番前の列に座りました。

「音楽、そして平和のもとで世界の異なる地域から人々が集まることができるという、素晴らしい実例です」と、演奏後、グテーレス国連事務総長は語りました。

ワークショップの後、バスマは輝いていました。「こんなに多くの人々をまとめるのは難しかったですが、楽しく、自然で、美しくもありました。そして私にとって、ヨーヨー・マと演奏したことは、喜びであり、光栄なことでもありました。」

refugeesings_guterresウード奏者のマルワン・アバド(右から2番目)アントニオ・グテーレス国連事務総長(右から3番目)、シリア難民の歌手バスマ・ジャブラ(右から4番目)、そしてチェリストで国連ピース・メッセンジャーのヨーヨー・マ(左から4番目)

Helen Womack
 
原文はこちら(英文)

Nervous? Refugee sings at music workshop with cellist Yo-Yo Ma


シリア危機開始から8年 どうぞ今、あなたの力を貸してください。

大切な故郷を破壊され、愛する家族を失い、すべてを奪われながらも立ち上がろうとするシリアの人々のもとへ、ぜひここ日本から力強い支援を届けてください。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する