「世界難民の日」イベントを渋谷駅ハチ公広場前で開催

公開日 : 2018-06-01

6月20日は国連が定めた「世界難民の日」。紛争や迫害で故郷を追われた難民・国内避難民の苦難に思いをはせ、その勇気とたくましさを称える日です。
2018年6月16日(土)、東京の渋谷駅ハチ公前広場に、難民支援の現場に導入予定の最新の家族用テントが出現。難民の避難生活について知り、署名キャンペーンに参加するなど、一緒に支援の輪をつなぐイベントを開催します。難民のことを「知る」、「広める」、支援に「参加する」ことができるイベントです。申し込みは不要。ぜひ会場にお立ち寄りください。

「世界難民の日」ソーシャル・アクション in 渋谷 #難民とともに

最新型の家族用テント  ©UNHCR

「知る」
最新型テントに触れて、難民の避難生活を知る。
-テント内では、避難生活で利用する生活用品、フォトグラファー内藤順司さんがバングラデシュで撮影したロヒンギャ難民の写真を通じて、避難生活を想像できます。
-ユニクロの「全商品リサイクル活動」で回収した衣類がどのような形で届けられるか、実物に触れることができます(雨天時はとりやめます)。

「広める」
テントや難民キャンプの写真を背景に撮影して、SNSで広める。
最新の家族用テント(5人家族)の中に入って避難生活を疑似体験したり、テントやヨルダンの難民キャンプを写したリアルなパネルを背景に、スマホなどで撮影し、SNSでのシェアを呼びかけます。

「参加する」
#難民とともに のオンライン署名や、寄付で参加する。
-2018年9月の国連総会で「難民に関するグローバル・コンパクト」が採択される場に、世界中から署名を集めるキャンペーンを行っています。氏名、メールアドレスをスマホなどで入力して参加してください! また、会場では募金も受け付けています。
-シダックス株式会社は「命をつなぐワンアクション」として署名キャンペーン #難民とともに に賛同しています。2018年6月16日(土)から20日(水)の期間限定で、署名1件につき50円(栄養不良の難民の子どもたちに提供する栄養補助食品1パック分に相当)をシダックスが
UNHCRに寄付します。
-渋谷の会場で署名した方にはUNHCRの特製リストバンド(非売品)をプレゼントします。

小田和正さんの楽曲を使用したCMを渋谷・原宿の街頭ビジョンで放映

長年にわたりUNHCRの活動を応援してくださっているアーティスト、小田和正さんのご厚意により、楽曲『生まれ来る子供たちのために』を使用した、難民支援をお願いするCMが完成いたしました。
本イベントの開催と「世界難民の日」を記念して、6月16日(土)に、渋谷のスクランブル交差点にあるグリコビジョン渋谷、109フォーラムビジョンを始めとした渋谷、原宿の街頭ビジョン10か所で毎時間放映されます。この放映は株式会社シブヤテレビジョン、株式会社パス・コミュニケーションズのご協力により、無償で提供いただきました。16日以降も放映を予定しています。
小田和正さんの次世代への思いが詰まった『生まれ来る子供たちのために』に耳を傾けながら、日本からできる支援について考えてみませんか?

開催概要

日時:2018年6月16日(土)10時から19時 (雨天決行)
場所:東京・渋谷駅ハチ公前広場
主催:UNHCR駐日事務所、国連UNHCR協会
協力:シダックス株式会社、株式会社ユニクロ
街頭ビジョン放映協力:株式会社シブヤテレビジョン、株式会社パス・コミュニケーションズ
後援:渋谷区
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する