ゆれるシリア難民の気持ち ~第三国定住プログラムの行方~

公開日 : 2016-05-20

カメラを向けるとおどけてみせる子どもたち。
ある1つの感触がヨルダンから帰ってきてからも残り続けています。それは、つめたくてすこしザラっとした、子どもたちの手の感触です。ヨルダンの難民キャンプを訪れた時に、行く先々で小さな子どもたちと握手を交わしました。どこで覚えたのか、訪問者である私たちに、ためらわずに手を差し出すのです。子どもの手特有の柔らかい感触を予期していた私は、はじめてキャンプの子どもの手を握った時に、とにかく驚いたのでした。年のころは、5、6歳の子どもが多かったでしょうか。紛争が始まる前は、すでに生まれていたのか、いなかったのか。いずれにせよ、紛争のない国で生まれ育ったこの年頃の子どもたちとは大きく異なる5年間を送ってきたに違いありません。その手の感触は、そのことを物語っていたように思います。

5年という時間がもたらした気持ちの変化

8万人のシリア難民が住むアズラック難民キャンプ。

5年という時間と、いまだ終わりの見えない紛争は、母国の戦火を逃れその隣国に身をよせているシリア難民の気持ちにも大きな変化をもたらしました。難民が各国の協力を得て避難先から安心して暮らせる国に再定住し、生活の再建を目指す「第三国定住プログラム」に対するシリア難民の関心の高さは、その変化を如実に表しています。紛争開始当初は限られたごく一部の人しか興味を持っていなかったといわれる同プログラムですが、現在はシリア難民の多くが関心を持っているといいます。

3月某日に私たちが訪れたUNHCRのヨルダン事務所に併設されている難民の抱える問題に対処するコールセンターでも、ヨルダンに住む難民の第三国定住プログラムへの関心の高まりを垣間見ることができました。日々さまざまな質問が寄せられるなか、私たちが訪問した日は、午後の時点で「第三国定住」に関する問い合わせが700件をはるかに越え、その数は他を圧倒していました。

問い合わせ内容とその件数が一目で分かるコールセンターの掲示板。Resettlement(第三国定住)への問い合わせが圧倒的に多い。

「シリアに平和が戻るなら、戻りたい。でも…」。ヨルダン滞在中に出会ったあるシリア難民はこう言いました。彼らの心のなかでは、つのる郷愁の念とは裏腹に、平和に暮らせる土地で人間らしい普通の生活を送ることへの気持ちが日に日に強くなっているのかもしれません。

「三国定住プログラム」成功の鍵とは

第三国に定住をしたシリア難民の一家。
恒久的な難民保護の観点から、UNHCRがその推進にかねてから力を入れている第三国定住プログラム。多くのシリア人が他国へ逃れ、また紛争の長期化によりいまだに母国への安全な帰還が見込めないことから、国際社会の協力のもと、近年第三国定住プログラムの枠は大きく拡大。多くのシリア難民が避難先の国から第三国への定住を果たしてきました。アメリカやカナダ、オーストラリアのほか、イギリスやドイツをはじめとするヨーロッパ各国もシリア人の受け入れを表明し、すでに旅立った家族も多くいます。またこれらの国だけでなく、世界中でシリア難民を受け入れる動きが広がり、リヒテンシュタインやルーマニア、ハンガリーなどのヨーロッパの小国や東欧の国々も後に続きました。2016年、シリア近隣の第一庇護国から計5万6,800人のシリア難民の第三国定住を予定し、その数は2013年と比較すると10倍以上にのぼります。
兄妹は家族とともにザータリ難民キャンプからオーストリアに定住

「“難民が定住先で受け入れられていると感じられるかどうか”ということが、第三国定住プログラムの成功の鍵になります」。今回のヨルダンミッションで第三国定住に関するお話を伺ったUNHCR中東・北アフリカ局ヨルダン事務所の日本人職員の中柴さんは言います。またそのために重要なのは、受け入れ各国の決意とさらなる協力だといいます。世界各国の協力を得て推進される第三国定住プログラムですが、安全な受け入れ国に難民が辿り着くことがプログラムの成功を意味するわけではないからです。

レバノンから第三国であるドイツに定住したシリア難民の少年。
現在、シリア難民を受け入れる各国の取り組みでは、通常よりも短期間で数万人の難民を受け入れることを表明する国が増えています。例えばカナダ政府は、受け入れにあたって入国審査官の数を増やすなどの方法で、2万5,000人の受け入れを4か月で達成しました。また受け入れにあたって永住権を付与するなど、その姿勢からは国としてシリア難民を本気で受け入れ、彼らが新しい生活をはじめるための環境を準備しようとしていることが分かります。第三国定住には、母国に別れを告げ、住みなれた土地を離れるというだけでなく、なかには家族を紛争下の母国に残して遠く離れた国で新しい暮らしを始めるという苦渋の決断が伴うケースもあります。すべての人が希望だけを胸に旅立つわけではないからこそ、受入国の本気の取り組みは、新しい国で生活を立て直すシリア難民たちの背中を押してくれるに違いありません。
カナダで新しい生活を始めるシリア難民の少女。

私たちが今回のミッションで出会った子どもたちのなかには、やがて第三国へと旅立つ人たちもいるのかもしれません。彼らが新しい国でその手を差し出した時に、温かく包み込んでくれるような大きな手がそこにあることを、心から祈っています。

― 2016年5月20日


※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する