アーティスト 松田陽子さん

公開日 : 2011-02-18

matsuda-1

約10年前に子宮頸がん・うつ病になり、「私は誰からも必要とされていない。」と考え、生きているのが辛い時期がありました。

 

私は今の自分の置かれた現状に、何も感謝していなかったのです。

 

蛇口をひねれば水が飲めて、屋根のある家で暖かい布団で眠れて、そして何よりも病気になってもまだ生きているこの命を大切にしていなかったのです。

matsuda-2

「誰かのため、何かのために生きたい。」

 

難民支援を通してたくさんの心ある方々に出会い、支えてもらいながら、生きる力を少しずつ取り戻しました。

 

国連UNHCR協会 広報委員として、歌と語りを通じて、少しでも難民を身近に感じてもらうために、これからも活動したいと思います。

 

松田陽子さん プロフィール

シンガーソングライター・司会・通訳として活躍しているアーティスト。子宮けい癌・うつ病を克服し、国連UNHCR協会 広報委員として難民支援のために、数々のチャリティーイベントを開催する。2007年より、NPO法人 selfの代表を務める。著書「生きてるだけで価値がある」(サンマーク出版)は、印税の一部が国連UNHCR協会への寄付となる。

 

松田陽子さんウェブサイト http://yokomatsuda.com/index.html

 

X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する