イエメン緊急支援のお願い 紛争、飢餓、貧困、コレラ…国際社会から忘れ去られたイエメン 中東の最貧国イエメンの難民・国内避難民をご支援ください 国連UNHCR協会

シリアやイラクが世界から注目を集めるなか、中東で同じように紛争に苦しみながら、国際社会から忘れ去られている国があります - その国は、イエメン
2015年3月紛争勃発以来、1,880万もの人々が人道支援を必要としている中東の最貧国の1つです(2017年5月現在) 。

イエメンと周辺国の地図

2年間の紛争により1,700万人以上が食糧難に陥り、800万人(総人口の3分の2)以上が清潔な水を得られず、300万人もの子どもが栄養失調に苦しんでいます。また、多くの人々が、コレラの感染リスクが高い不衛生な地域での生活を強いられています。この感染症の世界最悪規模の拡大により、国連の発表によると、2017年6月現在、すでに1,300人以上もの死者が出ていますが、そのうちの4分の1が子どもです。
さらに、アフリカのソマリア、スーダンといった紛争国から28万人もの難民・庇護申請者が海を越えイエメンに押し寄せていましたが、戦況の悪化に伴い、再び避難を強いられるなど、状況はさらに複雑化。人道危機を超え人道的「大惨事」と叫ばれるまでに至っています。

難民支援にご協力ください

貧困と飢餓に苦しむ国内避難民、そしてイエメンの人々

ファティマ(左から2番目)とその家族。爆撃で大やけどを負ったファティマは、苦難と飢えに直面する何百万ものイエメン人のうちの1人です

「私は子どもを1人、栄養失調で亡くしました」
妻を亡くし男手一つで4人の子どもを育てていた元電気技師のモハマドは、爆撃を逃れて避難しましたが、一番幼い息子を栄養失調により、わずか10歳の若さで失いました。モハマドは訴えます。「私たちはとても貧しく、十分な食糧もありません。人道支援機関に頼らざるを得ないのです。」
 
イエメン国内で避難生活を送る5人の子どもの母 ファティマは、2015年に爆撃で大やけどを負い、避難を決意しましたが、未だに適切な医療手当を受けられず、激しい痛みに悩まされています。ファティマは言います。「この状況に怯えていますが、私たちに何ができるのでしょうか?私たちが今住んでいるところにも、爆弾は落ちてくるのです。」

終わらない紛争の犠牲となる人々

爆撃で左足に重傷を負った元漁師のセイフ(27歳)

元漁師のセイフ(27歳)は、仕事帰りに空爆に遭い左足を負傷しました。「このような悲劇が家族や友だちに起こるかもしれない、と恐れていたその時に、私の足は引き裂かれてしまったのです。」セイフは海を越え、隣国であるアフリカのジブチという日本の約16分の1の面積の小国に避難しました。
紛争勃発以来、多くのイエメン人が家を失い、武力衝突や政情不安による公共サービスの弱体化により、経済的苦境に立たされています。また、人々の多くは、暴力行為や殺戮を目にし、体だけではなく心にも深い傷を負っています。

イエメンへ逃れ、命を落とすアフリカ難民

イエメンの海岸に打ち上げられたソマリア人、エチオピア人、スーダン人の遺体

多くの難民・国内避難民を生んでいるイエメンですが、イエメンの周辺国も紛争や迫害に苦しみ、多くの難民が危険な航海により避難を強いられています。
2013年以来、23万人もの難民がイエメンに逃れましたが、その多くがエチオピア、ソマリア、スーダンなどのアフリカの国々から来た人々です。彼らは、イエメンから他国へ逃れることを望んで海を渡りますが、密輸業者等による不法な密航での避難を強いられ、犯罪組織による強盗や暴行、そして時には命を落とす危険にさらされます。また、女性への性的虐待や人身売買の被害も多く報告されています。

国内避難民の最優先ニーズ 食糧75% 自立への収入源7% 避難所/住居7% 調理/洗濯用水4% その他8%
帰還民の最優先ニーズ 食糧36% 経済的支援19% 社会心理的支援18% 自立への収入源12% 飲料水6% その他9%

(2017年1月現在 出典 Yemen: Task Force on Population Movement|TFPM -12th Report Executive Summary)

寄付・募金する

窮地に立たされているイエメン難民・避難民をご支援ください

2015年3月の紛争勃発以来、多くのイエメン人が家を失い、苦境に立たされています。2017年5月現在、約300万人のイエメン人が家を追われ、200万人が国内避難民となっていますが、その多くが、避難先での収入の確保や基本的なサービスへのアクセスが困難であることから、何の希望も選択肢もないまま、避難を中断して帰還しようとさえしています。また、多くの避難地域で食糧不足や飢餓が報告されており、下痢やマラリアなどの発生も懸念されています。

イエメン西部での戦闘を逃れ、緊急支援物資を受け取る人々

多くの人々が悲惨な状況に耐え、一時的な避難所に過密状態で何か月も暮らすことを強いられている中、UNHCRは、緊急用シェルターやマットレス、援助物資等を届けるべく尽力しています。しかし、イエメン支援に必要な資金9,960万米ドル(約101億5,920万円*)のうち、わずか24%しか集まっておらず、支援のための資金は圧倒的に不足しています。
* 1米ドル=102円換算

イエメンの難民・国内避難民は、
食糧・水、そして避難所を緊急に必要としています。
どうぞ今すぐ、支援の手を差し伸べてください。

当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます

あなたのご支援でできること

  • 10,000円で
    医薬品10人分
  • 20,000円で
    栄養補助食品3人分(1か月)
  • 55,000円で
    テント1張

※1ドル=102円換算

寄付方法を選択してください。
お申込み方法を選択してください。
  • ●株式会社アプラスを通じて、ネット口座振替受付サービスにて申し込み受付いたします。
  • ●金融機関Webサイトでのご利用者認証のもと、ペーパレスかつ印鑑レスで手続きが完了いたします。
  • ●ご利用者認証の際、金融機関のインターネットバンキングへのログイン、暗証番号、通帳記帳済み最終残高などが必要となる場合があります。(金融機関によって認証方法が異なります。)

口座振替(申込用紙ダウンロード)の申し込みの流れ

1ダウンロードした申込用紙に必要事項を記入

ダウンロード後印刷し、ご記入例を参考に、お名前やご寄付金額、お支払の金融機関など、必要情報をご記入ください。

2国連UNHCR協会宛に郵送

申込用紙の3枚目に送付用の宛先シートが付いていますので、そちらを切り取り、封筒に貼り付けて送付してください。

3申し込み完了。口座振替が開始されます。

お申し込み内容に問題がなければ、口座振替が開始されます。
お申し込みから払込開始までに約1~2か月かかります。
振替日:毎月14日(土曜、日曜、祝日の場合は翌営業日)

申込用紙ダウンロード

寄付金額を選択してください
  • 任意の金額を入力(1,000円/月より可能)

    ※1,000円以上から500円単位で入力いただけます。

※環境に依存して文字化けが起こる可能性がある文字は、一部カッコ付きや「?」「★」「■」が表示される場合がございます。ご了承ください。

お申込情報
お名前
全角で入力
してください。

※お申込のお名前が
 領収証名義になります。

フリガナ
セイ
全角カタカナで
入力してください。

メイ
住所
郵便番号
- 半角数字で入力してください。

都道府県

市区町村・
丁目・番地

マンション名など

メールアドレス

メールアドレスは@マークを含む
半角英数記号で入力してください。

※難民支援のお知らせをお送りします。
※迷惑メール設定をしているとメールが届かない場合がありますので、
「@japanforunhcr.org」の許可設定をお願いいたします。

確認用に下記にもう一度メールアドレスをご入力ください。

電話番号
- - 半角数字で入力してください。

性別
生年(西暦)
生年は西暦(≠和暦)を半角数字で入力してください。

個人情報取り扱いについて

特定非営利活動法人 国連UNHCR協会は〔以下「当協会」といいます〕は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の日本における公式支援窓口として、世界の難民の人々の保護と援助のため、日本の人々や団体・企業に対し広報・啓発活動および募金活動を行っています。
UNHCRの財源は、各国政府と民間からの資金協力によって支えられていますが、世界の難民の保護と援助のための財源は常に不足しており、各国における広報活動・募金活動は重要な活動です。

  1. 当協会は、個人情報保護法をはじめとする関係法令を遵守して、個人情報の保護に努めます。
  2. 当協会は、個人情報を適法かつ適正な方法で取得し、慎重に取扱います。
  3. 当協会は、個人情報を、広報活動・募金活動など業務の遂行上必要な目的にのみ利用します。
  4. 当協会は、法令等の規定に基づく場合を除いて、個人データを、事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。
  5. 当協会は、個人データを正確かつ最新な状態に保つとともに、不正なアクセスや漏洩、滅失、棄損などを防止するため、必要かつ適切な措置を講じます。
  6. 当協会は、本人が自己の保有個人データについて、開示・訂正・追加・削除・利用停止・ 第三者提供の停止の申出があった場合には速やかに対応します。
  7. 当協会は、個人情報の取扱いに関する苦情があったときには、適正かつ速やかに対応します。
  8. 当協会は、個人情報を保護するために適切な管理体制を講じるとともに、役職員の個人情報保護に関する意識啓発に努めます。また、個人情報の取扱いを外部に委託する場合においては機密保持を含む業務委託契約を締結し、委託先が適切な管理を行うよう監督します。
  9. 当協会は、この方針を実施するため、個人情報保護規程を定め、これを当協会役職員に周知徹底し、確実に実施します。
  10. 当協会は、ダイレクトメールなどによる広報活動・募金活動の実施に当たり、個人情報保護法および関連する法令などの規範を遵守します。送付物の受取りを希望されない場合はその旨ご連絡をいただければ以後の送付を停止するようにします。

個人情報の取り扱いについて
ご同意いただく必要があります。

  • ご注意事項 -必ずご確認ください-
  • ●株式会社アプラスを通じて、ネット口座振替受付サービスにて申し込み受付いたします。
  • ●金融機関Webサイトでのご利用者認証の際、インターネットバンキングへのログイン、暗証番号、通帳記帳済み最終残高などが必要となる場合があり ます。(金融機関によって認証方法が異なります。)
  • ご注意事項 -必ずご確認ください-
  • ・ホームページからのご寄付は、SMBCファイナンスサービス(株)の決済ステーションを通じて受付いたします。
  • ・決済情報入力画面はSMBCファイナンスサービス仕様の画面となりますため、各表記は以下の通りに読み替えて下さい。
    ご注文・請求=ご寄付、単価=寄付額、ショップ=国連UNHCR協会
  • ・ご寄付の受領日は、当協会がSMBCファイナンスサービス(株)を通じて受領した日となります。
  • ・原則として、ご寄付受領日から約10日でご寄付領収証をお送りいたします。
  • ・既に年1回の領収証発行をご連絡をいただいている方、毎月のご寄付をいただいている方には、1月末頃に年間領収証をお送りいたします。
  • ・緊急事態が発生した場合など、多くのご支援をお寄せいただいた場合、領収証の発送に通常よりお時間をいただくことがございます。
    予めご了承ください。
  • ご注意 - 必ずお読みください -
  • ・ご寄付は寄付金控除の対象となります。
  • ・ご寄付の受領日(領収証に記載される日)は、当協会が決済代行会社を通して寄付金を受領した日となります。
  • ・領収証は1年分をまとめて、翌年1月末までにお届けいたします。
  • ・お申込いただいたカード情報(カード番号・有効期限)に変更がある場合は、お手数ですが国連UNHCR協会までご連絡ください。
    また、カード会社からの連絡を受け、カード情報の更新をさせていただく場合がございます。
  • ・ご都合による中止、あるいは金額の変更は可能です。
    フリーダイヤル 0120-540-732 または、「毎月寄付の金額・寄付方法の変更、解約」ページより当協会までご連絡ください。