想像してみてください、電気がない生活を
難民支援にご協力ください

100万人のキャンドルナイト。今年は世界の難民に思いをはせてみませんか?


でんきを消して、スローな夜を。

100万人のキャンドルナイト。

今年は世界の難民に

思いをはせてみませんか?



100万人のキャンドルナイト

あたたかいろうそくの光の中過ごす、ゆるやかな時間。
 
普段のくらしの中から過剰な電気をなくして、思い思いの時間を過ごす。
 
そんな時間に、世界のどこかで、ろうそくの灯りだけで勉強している、難民の子どもたちのことを考えてみませんか?



動画:電気のない生活。ストーリーを知ってください。




暗くなると宿題ができません。キラクンダ16歳のストーリー

キラクンダさん16歳

キラクンダさんは16歳のコンゴ難民です。
 
彼女は祖母、姉、弟と4人で25平方メートルより小さい土壁の家に暮らしています。
 
「キャンプでの避難生活は簡単ではありません。たくさんのニーズがありますが、そのほとんどは叶えられることはありません
 
大人になったら医者になって、ここで健康に問題のある人たちを助けたいの」と彼女は言います。
しかし彼女の医者への道のりは、決して容易なものではありません。

キラクンダさんは朝から夕方まで様々な家事に追われています。薪を使い火をたく食事の支度が一番大変です。すべての家事を終える頃には辺りはすっかり暗くなり、電気もないため宿題をすることすらままならなくなります。キラクンダさんは宿題を終わらせるためろうそくを使いますが、十分な光が得られない上に、すぐになくなってしまします。

もしも電気があれば、早起きして宿題もできるし、夜も家事の後に勉強ができます。それに安全なエネルギーで調理もできます。

「私の目標は教育課程を修了させることです。もっと大きな目標は、医者になって患者に貢献することです」と、キラクンダさんは言います。

難民支援にご協力ください

このプロジェクトはSDGs達成に向けた取り組みの一部です

UNHCRのSDGsに対する取り組みSDGsとは

薪などの資源不足を補うため、LPガスなどの地球にやさしい燃料の導入や、燃料効率の良いストーブや太陽光を使った調理器具や街灯、ソーラーランタンなどの支援をおこなっています。

サステナブルな未来のために。難民支援の現場での取り組み

太陽光パネルの設置で安全な水を
現在、世界各地のUNHCRのキャンプや居住地にある約300か所の深井戸のうちの約15%に、太陽光パネルが取り付けられています。難民を受け入れることで自分たちの環境が破壊されることを懸念する地元コミュニティのためにも、このような環境にやさしいシステムの拡大は重要です。 

地球にやさしい燃料の供給で環境改善
これはバングラデシュの難民キャンプの2018年と2019年の写真です。かつて各家庭では薪を調理に使用していたため森林伐採や大気汚染、煙による健康被害などの問題がありました。 UNHCR は問題解決のためLPガスを導入。難民キャンプと受け入れコミュニティは緑を取り戻し大気汚染も減りました。
 

太陽光とはじまる新たな生活
 
ヨルダンのアズラック難民キャンプが世界ではじめて、再生可能エネルギーを導入。シリア人の数千家族が家の明かりをつけ、携帯電話を充電し、ごはんを温められるようになりました。 

洪水被害に遭った人々に届けられたソーラーランタン
サイクロンの大雨や洪水で深刻な被害を受け、避難先でソーラーランタンを受け取りほっとした表情を見せる人々。被害の大きかったモザンビークで。
太陽光発電で動く緊急時の明かりとして人々に寄り添うだけでなく、携帯電話などの充電器の機能も備わっています。 

難民支援に協力する

今すぐ、支援する

皆様のご支援でできること

  • 毎月1,500円

    文房具や通学バッグ等の学用品 約15人分

  • 毎月3,000円

    ソーラーランタン9世帯分

  • 毎月4,500円

    小規模な浄水システムの設置

※1ドル=106円換算