南米ベネズエラ緊急事態 今すぐ、ご支援ください 国連UNHCR協会

南米ベネズエラ緊急事態 避難民が4年で2,000%増加

ベネズエラは伝統的に、さまざまな国から何千人もの難民を受け入れる「難民受入国」です。しかし、政情不安と社会経済の混乱、食糧危機等から、今、約150万もの人々が家を追われ、安全を求めて国境へ向かっています。

難民支援にご協力ください

毎日5,000人ものベネズエラ人が近隣諸国へ渡ろうとしています

2014-2017年 庇護申請

政情不安と暴力行為、食糧や医薬品、生活用品の不足により、多くの家族の生活が崩壊し、毎日5,000人ものベネズエラ人が近隣諸国へ渡ろうとしていることが報じられています。人々の避難の影響を最も受けている隣国コロンビアでは、すでに約60万人のベネズエラ人を受け入れています。
何十万ものベネズエラ人が、正式な書類や法的許可もない状態に陥っています。この事態によって、人々は社会的セーフティネットを受けられない非常に弱い立場に置かれ、搾取・虐待・性的暴行・差別・排外等にさらされています。

UNHCRは家を追われたベネズエラ人のために
人道支援活動を実施しています

避難を強いられているベネズエラの人々のニーズに応えるため、UNHCRは以下のような緊急支援を開始しています。

  • シェルター、ヘルスケア、現金給付といった公式援助
  • 保護者のいない、または家族とはぐれた子ども達の保護の強化
  • 家族が法的に他国に滞在するための書類化
  • 各国への国境開放および保護要請

UNHCRとブラジル地元当局によってシェルターへ避難したベネズエラの少女

UNHCRは1人でも多くのベネズエラ人に人道支援を届けるため尽力しています

難民を支援する

UNHCRは1人でも多くの難民・避難民を保護するため、活動を続けています
UNHCRの難民支援にご協力ください

UNHCRユーエヌエイチシーアール(国連難民高等弁務官事務所)とは?

国連UNHCR協会ロゴ

1950年に設立され、紛争や迫害により難民や避難民となった人々を国際的に保護・支援し、難民問題の解決へ向けた活動を行っています。1954年、1981年にノーベル平和賞を受賞。スイス・ジュネーブに本部を置き、約130か国で援助活動を行っています。
「国連UNHCR協会」は、UNHCRの活動を支える日本の公式支援窓口として、広報・募金活動を行っています。

当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます。

皆様のご寄付できること

  • 10,000円で

    難民登録7人分

  • 20,000円で

    調理器具セット10家族分

  • 60,000円で

    テント1張

※1ドル=113円換算