シリアの紛争開始から6年。国内にとどまっている人々が、いま必要としている6つの支援とは… 国連UNHCR協会

シリアの紛争開始から6年間で、500万人近くのシリア人が国外に逃れた一方で、国内でも600万人以上の人が避難生活を強いられています。

昨年末、シリア最大の都市・アレッポ東部で大規模な戦闘が行われ、戦火を逃れさらに多くの人が家を追われました。UNHCRは人々を保護するシェルターの供給をはじめ、昼夜を問わず緊急援助活動を行いました。このように紛争開始から6年経ってなお、シリア国内でも厳しい避難生活を強いられ、支援を必要とする人は増え続けています。
⇒ 2011年~2015年までのシリアの情報はこちら

難民支援にご協力ください

シリア国内で今、人々が必要としている6つの支援

1. シェルターの供給

  • 紛争に終わりが見えず、シリア国内でも避難を強いられる人が依然として増え続けていることから、緊急で逃れてきた人たちをすぐに保護できるテントや安全な避難所が必要とされています。
  • 2016年はシリア国内の避難民9万1,000人に安全な仮設住居を供給しました。

(写真)「天候によっては大変な時もあります。でも、そうでなければなんとか暮らしていくことができます」と、シリア国内の避難民キャンプのテントで家族と暮らす女性

2.生活必需品の供給

  • 刻々と変化する戦況により、ある日突然避難を余儀なくされた多くの人々は、身ひとつで逃げてくることがほとんどです。それゆえに、寒さをしのげるブランケットや避難先で温かい食事がとれる調理器具セットなど、生活必需品の供給が不可欠です。
  • 2016年、UNHCRは家を追われた300万人の人々に援助物資の数々を届けました。

(写真)昨年末、40万人が避難した西アレッポとその周辺でもUNHCRは緊急援助物資の供給を行った

3.医療サービスへのアクセス

  • シリア各地の医療施設は破壊され、医師やベッド、医薬品も大幅に不足しています。UNHCRとパートナー団体は一部地域で総合診療を無料化し、命に関わる医療・外科的処置を提供できるようにしていますが、治療や処置を必要とする人が後を絶たないため国際社会からのさらなる支援が必要とされています。
  • 2016年、シリア国内の70万人の避難民が無料で医療サービスを受けることができました。

(写真)紛争は人々の心にも暗い影を落としている。シリア人の精神科医ナーラ(右)は国に留まり、UNHCRの支援により運営されているクリニックで人々の心のケアにあたっている

4.子どもたちの教育支援

  • シリア国内では数千にのぼる学校施設が破壊され、175万人の学齢期の子どもが学校に通えていません。紛争開始当初から教育を受けていない子どももいるため、子どもたちを一日でも早く学びの場に戻れるようにする教育支援が必要とされています。UNHCRは教育関連のパートナーと連携し、コミュニティセンターや破壊を免れた学校などで補習クラスを開講するなど、教育支援を行っています。
  • 昨年は、学習の遅れを取り戻すために約1万人の子どもが、子どもの保護や心理サポートの専門知識を備えたスタッフによる補講などを受けました。

(写真)「今、目の前に未来への扉が開いているように感じます」と、19歳のオマール(右)。紛争で父親を失った後、家族を支えるために働き、約6年間教育の場から遠ざかっていた彼は、補講を受け9年課程を修了した

5.職業訓練や小規模ビジネス助成金プログラム

  • 職業訓練や新たなビジネスをはじめるための助成金プログラムは、避難を余儀なくされた人々が自ら再び生計を立てるために必要としている支援のひとつです。助成金を得て小規模ビジネスを始めた人が得る収入は、避難民とその家族の生活を支えるだけでなく、多くの避難民を受け入れている地域社会の活性化にもつながります。
  • 2016年度、小規模ビジネスの助成金を受けた160人の国内避難民が、さまざまな形で自営業を始めました。

(写真)避難以来、家族を養うためにどんな仕事でもやってきた一家の大黒柱マゼン。昨年助成金を受けて、紛争前に長年営んでいた仕立屋としての仕事を再開することができた

6.避難を余儀なくされた人たちの保護・法的支援

  • シリア国内で避難を強いられている人々は自国内にいるとはいえ、社会の秩序が失われている状況下でさまざまな困難に直面し、保護、法的・社会的支援を必要としています。UNHCRは支援の一環として、身分証などの重要書類を持たずに逃げてきた人々が医療や教育などを受けることができるよう法的支援を行っています。
  • 昨年UNHCRはシリア国内に留まる200万人に必要な保護や法的支援を行いました。

(写真)アレッポでの戦闘が勃発したとき、ウム(左)をはじめとする養護施設の住人は建物に取り残されていた。写真はウムと話すサジャド・マリク UNHCRシリア事務所代表(右手前)

寄付・募金する

この3月でシリアの紛争は7年目に入ります

戦火を免れた古い店舗で避難生活を送る一家

戦況が刻々と変化するシリア国内に残る多くの人々は、命の危機と常に隣り合わせのなか、明日さえ見えないような日々を送り続けています。しかし、そのような日々のなかでも、必要な支援を受けながら、一日一日を、前を向いて生きようとしています。

シリア国内の避難民を最も近くで支えてきたサジャド・マリク UNHCRシリア事務所代表は言います。

「私がこの国で目の当たりにしたのは、シリア人のたくましさ、誇り、
刻々と変化する状況に適応しながら生きようとする姿です」

UNHCRは、いま過酷な避難生活を送るシリアの人たちが再び安心して暮らせる日まで、助けを必要とする人々のもとへ駆けつけ、食糧や医薬品、安全に暮らせるための避難場所、その他必要とされる支援を届けられるよう、尽力します。シリアの紛争が7年目を迎えるいま、UNHCRとともに引き続きシリアの人々を支えていただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます

あなたのご支援でできること

  • 毎月3,000円を1年で
    教科書50人分
  • 毎月5,000円を1年で
    調理器具セット34家族分
  • 毎月12,000円を1年で
    テント2張

※1ドル=102円換算

寄付方法を選択してください。
お申込み方法を選択してください。
  • ●株式会社アプラスを通じて、ネット口座振替受付サービスにて申し込み受付いたします。
  • ●金融機関Webサイトでのご利用者認証のもと、ペーパレスかつ印鑑レスで手続きが完了いたします。
  • ●ご利用者認証の際、金融機関のインターネットバンキングへのログイン、暗証番号、通帳記帳済み最終残高などが必要となる場合があります。(金融機関によって認証方法が異なります。)

口座振替(申込用紙ダウンロード)の申し込みの流れ

1ダウンロードした申込用紙に必要事項を記入

ダウンロード後印刷し、ご記入例を参考に、お名前やご寄付金額、お支払の金融機関など、必要情報をご記入ください。

2国連UNHCR協会宛に郵送

申込用紙の3枚目に送付用の宛先シートが付いていますので、そちらを切り取り、封筒に貼り付けて送付してください。

3申し込み完了。口座振替が開始されます。

お申し込み内容に問題がなければ、口座振替が開始されます。
お申し込みから払込開始までに約1~2か月かかります。
振替日:毎月14日(土曜、日曜、祝日の場合は翌営業日)

申込用紙ダウンロード

寄付金額を選択してください
  • 任意の金額を入力(1,000円/月より可能)

    ※1,000円以上から500円単位で入力いただけます。

※環境に依存して文字化けが起こる可能性がある文字は、一部カッコ付きや「?」「★」「■」が表示される場合がございます。ご了承ください。

お申込情報
お名前
全角で入力
してください。

※お申込のお名前が
 領収証名義になります。

フリガナ
セイ
全角カタカナで
入力してください。

メイ
住所
郵便番号
- 半角数字で入力してください。

都道府県

市区町村・
丁目・番地

マンション名など

メールアドレス

メールアドレスは@マークを含む
半角英数記号で入力してください。

※難民支援のお知らせをお送りします。
※迷惑メール設定をしているとメールが届かない場合がありますので、
「@japanforunhcr.org」の許可設定をお願いいたします。

確認用に下記にもう一度メールアドレスをご入力ください。

電話番号
- - 半角数字で入力してください。

性別
生年(西暦)
生年は西暦(≠和暦)を半角数字で入力してください。

個人情報取り扱いについて

特定非営利活動法人 国連UNHCR協会は〔以下「当協会」といいます〕は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の日本における公式支援窓口として、世界の難民の人々の保護と援助のため、日本の人々や団体・企業に対し広報・啓発活動および募金活動を行っています。
UNHCRの財源は、各国政府と民間からの資金協力によって支えられていますが、世界の難民の保護と援助のための財源は常に不足しており、各国における広報活動・募金活動は重要な活動です。

  1. 当協会は、個人情報保護法をはじめとする関係法令を遵守して、個人情報の保護に努めます。
  2. 当協会は、個人情報を適法かつ適正な方法で取得し、慎重に取扱います。
  3. 当協会は、個人情報を、広報活動・募金活動など業務の遂行上必要な目的にのみ利用します。
  4. 当協会は、法令等の規定に基づく場合を除いて、個人データを、事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。
  5. 当協会は、個人データを正確かつ最新な状態に保つとともに、不正なアクセスや漏洩、滅失、棄損などを防止するため、必要かつ適切な措置を講じます。
  6. 当協会は、本人が自己の保有個人データについて、開示・訂正・追加・削除・利用停止・ 第三者提供の停止の申出があった場合には速やかに対応します。
  7. 当協会は、個人情報の取扱いに関する苦情があったときには、適正かつ速やかに対応します。
  8. 当協会は、個人情報を保護するために適切な管理体制を講じるとともに、役職員の個人情報保護に関する意識啓発に努めます。また、個人情報の取扱いを外部に委託する場合においては機密保持を含む業務委託契約を締結し、委託先が適切な管理を行うよう監督します。
  9. 当協会は、この方針を実施するため、個人情報保護規程を定め、これを当協会役職員に周知徹底し、確実に実施します。
  10. 当協会は、ダイレクトメールなどによる広報活動・募金活動の実施に当たり、個人情報保護法および関連する法令などの規範を遵守します。送付物の受取りを希望されない場合はその旨ご連絡をいただければ以後の送付を停止するようにします。

個人情報の取り扱いについて
ご同意いただく必要があります。

  • ご注意事項 -必ずご確認ください-
  • ●株式会社アプラスを通じて、ネット口座振替受付サービスにて申し込み受付いたします。
  • ●金融機関Webサイトでのご利用者認証の際、インターネットバンキングへのログイン、暗証番号、通帳記帳済み最終残高などが必要となる場合があり ます。(金融機関によって認証方法が異なります。)
  • ご注意事項 -必ずご確認ください-
  • ・ホームページからのご寄付は、SMBCファイナンスサービス(株)の決済ステーションを通じて受付いたします。
  • ・決済情報入力画面はSMBCファイナンスサービス仕様の画面となりますため、各表記は以下の通りに読み替えて下さい。
    ご注文・請求=ご寄付、単価=寄付額、ショップ=国連UNHCR協会
  • ・ご寄付の受領日は、当協会がSMBCファイナンスサービス(株)を通じて受領した日となります。
  • ・原則として、ご寄付受領日から約10日でご寄付領収証をお送りいたします。
  • ・既に年1回の領収証発行をご連絡をいただいている方、毎月のご寄付をいただいている方には、1月末頃に年間領収証をお送りいたします。
  • ・緊急事態が発生した場合など、多くのご支援をお寄せいただいた場合、領収証の発送に通常よりお時間をいただくことがございます。
    予めご了承ください。
  • ご注意 - 必ずお読みください -
  • ・ご寄付は寄付金控除の対象となります。
  • ・ご寄付の受領日(領収証に記載される日)は、当協会が決済代行会社を通して寄付金を受領した日となります。
  • ・領収証は1年分をまとめて、翌年1月末までにお届けいたします。
  • ・お申込いただいたカード情報(カード番号・有効期限)に変更がある場合は、お手数ですが国連UNHCR協会までご連絡ください。
    また、カード会社からの連絡を受け、カード情報の更新をさせていただく場合がございます。
  • ・ご都合による中止、あるいは金額の変更は可能です。
    フリーダイヤル 0120-540-732 または、「毎月寄付の金額・寄付方法の変更、解約」ページより当協会までご連絡ください。