追い詰められるシリアの子どもたち あなたはどんな場所で生まれましたか? 国連UNHCR協会

病院で。助産院で。自宅で。日本ではそう答える方が多いのではないでしょうか。
しかし、2011年から紛争が続くシリアでは、出産する場所すら選べない母親が多くいます。
「臨月の時に必死で家を脱出しました。なんとかたどり着いたのは公園です。
数日後、そこで出産するしかありませんでした」(サルマさん・シリア出身)。
彼女だけではありません。避難する航海のボートの上で。多くの人が寝泊まりする避難所で…。
衛生的な環境や医療、プライバシーすら望めない中、母親たちは決死の覚悟で出産に臨んでいます。
そうして生まれた子どもたちを、さらに厳しい環境が待ち受けているのです。

シリア難民のアスマさん、息子のオスマンくん(6か月)とアブドゥルくん(5歳)。トルコから乗ったすし詰めのボートは航海途中でエンジンが止まり、沈みかけた。転覆を防ぐため、人々はみな所持品を海へ投げ捨て、アスマ一家もパスポートやわずかな現金まで失った。

食糧もなく、病院もない ― 追い詰められるシリアの子どもたち

新しい朝。日本の子どもたちは、どう一日を始めるでしょうか。眠い目をこすりながら服に着替え、水道の水で顔を洗い、朝食を食べる…。それは私たちにとってごく普通の日常です。
しかし2011年から紛争が続くシリアでは、そのひとつとして叶わない子どもたちが多くいます。激しい爆撃で医療施設や学校の約半数は破壊され、約2人に1人が家を追われて厳しい貧困にあえぐ中、親からは悲痛な声があがっています。
 
「爆撃によるショックで母乳が止まってしまった。でも赤ん坊のミルクがどこにもないのです」
「子どもには持病があるのに、病院は破壊されてしまった」
 
弱っていく子どもを前に、食べ物を与えることも、病院に連れていくこともできない―。それは親として、どんなにつらいことでしょうか。
 
「子どもの命だけは守りたい」親たちはその一心で、生まれ育った故郷を離れる辛い決断をします。しかしその旅も命がけの過酷な道のりです。風雨や砂嵐の中での野宿、命の保証のない航海、強盗など犯罪に巻き込まれる危険…。今や子どもたちは、シリア国内でも国外に逃れても、命の危険と隣合わせで生きています。

シリアの地図 難民480万人 国内避難民610万人戦闘の中で生きるシリアの人々
中東・シリアでは、2011年に紛争が勃発して以来、戦闘は激化の一途をたどり、軍に包囲された町では餓死者が出るなど、人々は苦しみ続けています。ヨルダンなど周辺国でもシリア難民の受け入れは限界となっており、難民は地中海を越えてヨーロッパへ押し寄せるなど、国際的に大きな問題となっています。

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は、難民の命を守り、保護する国連の機関です。

ルワンダ難民を訪問する緒方元高等弁務官

紛争や迫害等のため命の危険があり、国外へ逃れた人を「難民」、国内で避難している人を「国内避難民」と呼びます。
UNHCRは、シリアなど世界中で家を追われた難民・国内避難民への水や食糧・毛布などの物資の配布や、難民キャンプなど避難場所の提供、保護者を失った子どもの保護や心のケアなど、最前線で難民支援に尽力しています。1991年から10年間、緒方貞子さんが国連難民高等弁務官を務めました。

深刻な資金不足 今、支援に必要な資金の47%が足りていません!

約6,500万人 ― 世界で家を追われ、避難生活を送る人は戦後最多の数にふくれあがり、UNHCRはかつてないほどの資金不足に直面しています。国連UNHCR協会へのご寄付は、87%が個人の皆様からのものです。皆様からのご寄付は、難民とその援助を続けるUNHCRにとってなくてはならないご支援です。

今すぐ私たちにできること―「毎月倶楽部」
毎月自動引落としによる継続的なご支援

UNHCRは、避難生活の間、水・食糧など物資の供給から住居や子どもの医療など、すべてにわたり難民を支えます。避難が十数年にも及ぶこともある中、「毎月倶楽部」はUNHCRにとって不可欠な支援です。月々一定額のご寄付を続けていただくことで、迅速な緊急支援が可能となり、教育や難民の自立支援なども安定して進めることができます。どうぞ皆様の温かいご支援をお願いいたします。

UNHCRユーエヌエイチシーアール(国連難民高等弁務官事務所)とは?

国連UNHCR協会ロゴ
  • 世界128か国で職員約10,000人が活動
  • 1954年、1981年にノーベル平和賞を受賞
  • 「国連UNHCR協会」は、UNHCRの活動を支える日本の公式支援窓口として、広報・募金活動を行っています

当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動などに充当させていただきます。

あなたのご支援でできること

  • 毎月5,000円を1年で
    保健サービス 30人分
  • 毎月12,000円を1年で
    テント 2張分
  • 毎月15,000円を1年で
    簡易浄水システム 4台分

※1ドル=102円換算

寄付方法を選択してください。
お申込み方法を選択してください。
  • ●株式会社アプラスを通じて、ネット口座振替受付サービスにて申し込み受付いたします。
  • ●金融機関Webサイトでのご利用者認証のもと、ペーパレスかつ印鑑レスで手続きが完了いたします。
  • ●ご利用者認証の際、金融機関のインターネットバンキングへのログイン、暗証番号、通帳記帳済み最終残高などが必要となる場合があります。(金融機関によって認証方法が異なります。)

口座振替(申込用紙ダウンロード)の申し込みの流れ

1ダウンロードした申込用紙に必要事項を記入

ダウンロード後印刷し、ご記入例を参考に、お名前やご寄付金額、お支払の金融機関など、必要情報をご記入ください。

2国連UNHCR協会宛に郵送

申込用紙の3枚目に送付用の宛先シートが付いていますので、そちらを切り取り、封筒に貼り付けて送付してください。

3申し込み完了。口座振替が開始されます。

お申し込み内容に問題がなければ、口座振替が開始されます。
お申し込みから払込開始までに約1~2か月かかります。
振替日:毎月14日(土曜、日曜、祝日の場合は翌営業日)

申込用紙ダウンロード

寄付金額を選択してください
  • 任意の金額を入力(1,000円/月より可能)

    ※1,000円以上から500円単位で入力いただけます。

※環境に依存して文字化けが起こる可能性がある文字は、一部カッコ付きや「?」「★」「■」が表示される場合がございます。ご了承ください。

お申込情報
お名前
全角で入力
してください。

※お申込のお名前が
 領収証名義になります。

フリガナ
セイ
全角カタカナで
入力してください。

メイ
住所
郵便番号
- 半角数字で入力してください。

都道府県

市区町村・
丁目・番地

マンション名など

メールアドレス

メールアドレスは@マークを含む
半角英数記号で入力してください。

※難民支援のお知らせをお送りします。
※迷惑メール設定をしているとメールが届かない場合がありますので、
「@japanforunhcr.org」の許可設定をお願いいたします。

確認用に下記にもう一度メールアドレスをご入力ください。

電話番号
- - 半角数字で入力してください。

性別
生年(西暦)
生年は西暦(≠和暦)を半角数字で入力してください。

個人情報取り扱いについて

特定非営利活動法人 国連UNHCR協会は〔以下「当協会」といいます〕は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の日本における公式支援窓口として、世界の難民の人々の保護と援助のため、日本の人々や団体・企業に対し広報・啓発活動および募金活動を行っています。
UNHCRの財源は、各国政府と民間からの資金協力によって支えられていますが、世界の難民の保護と援助のための財源は常に不足しており、各国における広報活動・募金活動は重要な活動です。

  1. 当協会は、個人情報保護法をはじめとする関係法令を遵守して、個人情報の保護に努めます。
  2. 当協会は、個人情報を適法かつ適正な方法で取得し、慎重に取扱います。
  3. 当協会は、個人情報を、広報活動・募金活動など業務の遂行上必要な目的にのみ利用します。
  4. 当協会は、法令等の規定に基づく場合を除いて、個人データを、事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。
  5. 当協会は、個人データを正確かつ最新な状態に保つとともに、不正なアクセスや漏洩、滅失、棄損などを防止するため、必要かつ適切な措置を講じます。
  6. 当協会は、本人が自己の保有個人データについて、開示・訂正・追加・削除・利用停止・ 第三者提供の停止の申出があった場合には速やかに対応します。
  7. 当協会は、個人情報の取扱いに関する苦情があったときには、適正かつ速やかに対応します。
  8. 当協会は、個人情報を保護するために適切な管理体制を講じるとともに、役職員の個人情報保護に関する意識啓発に努めます。また、個人情報の取扱いを外部に委託する場合においては機密保持を含む業務委託契約を締結し、委託先が適切な管理を行うよう監督します。
  9. 当協会は、この方針を実施するため、個人情報保護規程を定め、これを当協会役職員に周知徹底し、確実に実施します。
  10. 当協会は、ダイレクトメールなどによる広報活動・募金活動の実施に当たり、個人情報保護法および関連する法令などの規範を遵守します。送付物の受取りを希望されない場合はその旨ご連絡をいただければ以後の送付を停止するようにします。

個人情報の取り扱いについて
ご同意いただく必要があります。

  • ご注意事項 -必ずご確認ください-
  • ●株式会社アプラスを通じて、ネット口座振替受付サービスにて申し込み受付いたします。
  • ●金融機関Webサイトでのご利用者認証の際、インターネットバンキングへのログイン、暗証番号、通帳記帳済み最終残高などが必要となる場合があり ます。(金融機関によって認証方法が異なります。)
  • ご注意事項 -必ずご確認ください-
  • ・ホームページからのご寄付は、SMBCファイナンスサービス(株)の決済ステーションを通じて受付いたします。
  • ・決済情報入力画面はSMBCファイナンスサービス仕様の画面となりますため、各表記は以下の通りに読み替えて下さい。
    ご注文・請求=ご寄付、単価=寄付額、ショップ=国連UNHCR協会
  • ・ご寄付の受領日は、当協会がSMBCファイナンスサービス(株)を通じて受領した日となります。
  • ・原則として、ご寄付受領日から約10日でご寄付領収証をお送りいたします。
  • ・既に年1回の領収証発行をご連絡をいただいている方、毎月のご寄付をいただいている方には、1月末頃に年間領収証をお送りいたします。
  • ・緊急事態が発生した場合など、多くのご支援をお寄せいただいた場合、領収証の発送に通常よりお時間をいただくことがございます。
    予めご了承ください。
  • ご注意 - 必ずお読みください -
  • ・ご寄付は寄付金控除の対象となります。
  • ・ご寄付の受領日(領収証に記載される日)は、当協会が決済代行会社を通して寄付金を受領した日となります。
  • ・領収証は1年分をまとめて、翌年1月末までにお届けいたします。
  • ・お申込いただいたカード情報(カード番号・有効期限)に変更がある場合は、お手数ですが国連UNHCR協会までご連絡ください。
    また、カード会社からの連絡を受け、カード情報の更新をさせていただく場合がございます。
  • ・ご都合による中止、あるいは金額の変更は可能です。
    フリーダイヤル 0120-540-732 または、「毎月寄付の金額・寄付方法の変更、解約」ページより当協会までご連絡ください。