緊急 戦闘激化 シリア北西部イドリブ周辺 国連UNHCR協会

追い込まれる避難民
95万人以上

昨年2019年からシリアの北東部カミシリ周辺と北西部イドリブ周辺で激しい戦闘が起こり、新たに多数の避難民が出る事態となっています。シリア北西部イドリブ、アレッポ周辺からの避難民は昨年12月以来、95万人以上(96万1,000人以上)* にのぼり、現在も増え続けています。その多くは女性と子どもたちです
(* UNHCR 2020年3月3日発表)
イドリブでは、今年1月1日に避難所として使われていた学校が爆撃を受け、5人の子どもと1人の妊娠中だった教師など9人が死亡。1月15日にも空爆で、子どもたちを含む15人以上が命を落としました。

極寒の中、避難民キャンプでの生活を強いられるシリアの子どもたち

2019年4月末から今年1月5日までの間に、イドリブ周辺で、417人の子どもを含む1,460人の民間人が戦闘により亡くなっています。 
※Situation Report No.6 – As of 15 January 2020 (OCHA)
 
一方、人々がようやくたどり着いた避難民キャンプでは、積雪を記録する厳しい極寒の中で避難民は過酷な避難生活を強いられ、人々は不安な毎日を送っています。UNHCRは避難してくる人々を迅速に保護し、緊急援助活動に全力であたっています。

シリア緊急支援にご協力ください

「最前線で命を守る」シリアでのUNHCRの支援活動 カミシリの激しい戦闘を逃れ、バスで到着した人々を手助けするUNHCR職員 到着した人々に保温毛布など物資を配布。砂漠地帯のキャンプは氷点下の寒さになり雪も降る

  • 援助物資の提供(水、ソーラーランタン、衛生用品など)1,202,278人
  • シェルター支援(家族用テント、シェルターキット、がれきの撤去、家の修復など)209,016人
  • 医療支援(診療所など:34か所、緊急・重症患者の医療機関への紹介・搬送3,236人)284,862人
  • 避難民の保護(子どもの保護、性暴力等への対応、心のケア、再会支援など) 1,219,612人
  • 越冬支援(保温毛布、防寒具、防水シートなど) 33,760人

※2019年1月~9月実績

シリア支援活動に協力する

動画:「一日でも、苦しみのない日がほしい」 - ナディラ(シリア難民)

※動画右下の設定で字幕をオンにしていただければ、日本語字幕が表示されます

「私はナディラ・ワルです。3歳と4歳の子どもの母です。
シリア・カミシリの自宅にいた、夜8時頃でした。突然爆発音がしたのです。ロケット弾でした。子どもたちを連れて必死で国境を越え、イラクの難民キャンプにたどり着きましたが、着の身着のままで逃げてきて、お金もありません。今はただ、安全がほしいです。ただ一日でもいい、苦しみのない日がほしいです。」

一刻を争う事態です。どうぞ、ご支援ください

厳しい寒さが続き、病院や学校といった民間施設、そして多くの市民が犠牲となる空爆が続行される中、逃れてくる人々は今も絶えず、UNHCRの現地スタッフは1人でも多くの避難民を保護するため尽力していますが、支援に必要とされる資金3,500万米ドル(約37億8,000万円)のうちわずか9%しか集まっておらず、木の下や空き地で夜を過ごす生活を強いられている人々も少なくありません。
今、何よりも命を救うための支援が必要です。最も必要とされているのは、支援物資、シェルター、食料、そして現金給付支援です。今避難している人々の多くは、ナディラ一家のような女性と子どもたちです。
どうぞ彼らの命を守り、劣悪な避難生活を早く改善できるように、今すぐのご支援をお願いします。

今すぐ、支援する

UNHCRは世界中の難民の保護と支援を行なっています。UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は1950年に設立された国連の難民支援機関です。紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援し、水や食糧・毛布などの物資の配布や、難民キャンプなどの避難場所の提供、保護者を失った子どもの保護や心のケアなど、最前線で援助活動に尽力しています。この国連の難民支援活動を支えるため、広報・募金活動を行う日本の公式支援窓口が、国連UNHCR協会です。

皆様のご支援でできること

  • 10,000円で

    毛布14枚

  • 30,000円で

    医療支援12人分

  • 60,000円で

    テント1張

※1ドル=108円換算

  • 当協会へのご寄付は、税控除(税制優遇)の対象になります。お送りする領収証は確定申告にご利用いただけます。
  • ご支援者の皆様にはメールニュース、活動報告等を送らせていただき、難民支援の「今」、そしてUNHCRの活動を報告させていただきます。
  • Webでご寄付いただく際の皆様の個人情報はSSL暗号化通信により守られております

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます。