ロヒンギャ難民危機 ロヒンギャの人々から叫び声があがっています バングラデシュ国境で何が起きているのでしょう? 国連UNHCR協会

寄付・募金する

「私の夫は村で撃たれました」泥まみれになった脚でキャンプにたどりついたディアラは訴えます。「村から逃げだして3日間、濡れた山では滑り落ち、時に身を隠しながら歩き続けました。」
ミャンマーのラカイン州北部で起きた暴力行為により、隣国バングラデシュに逃れるロヒンギャ(ミャンマーのイスラム系少数民族)の人々が急増しています。その数は8月25日から通算41万2,000人*にのぼり、その大半が徒歩でジャングルに隠れながら山や川、海を渡り、飢えや体調を崩し弱り切った身体で国境を越えています。(* 9月19日現在)

幼い弟を抱えて避難するロヒンギャの少年

すでに3万人以上の難民がバングラデシュにあるクトゥパロンやナヤパラ・キャンプに避難しましたが、何万人単位で押し寄せる難民の数にキャンプはすでに限界にきています。
UNHCR報道官ヴィヴィアン・タンは語ります。「この状況は、私が難民支援に従事してきた15年の中で、最も絶望的で、悲惨なものです。まるで1980年代のベトナムのボートピープルを思わせます。でも、あれからもう30年もたっているのです。いったいなぜ、今こんなことが再び起こっているのでしょうか?」

ロヒンギャ難民支援に尽力するUNHCRバングラデシュ事務所 久保 眞治 代表からのメッセージ


「今、命がけでバングラデシュに避難しているロヒンギャをはじめ、罪なき人々の光景は、その中でも最も深刻で衝撃的です」

写真:ダーク・ヘベカー駐日代表私は25年間にわたる国連勤務において、数々の人々の苦悩を目の当たりにしてきましたが、今、命がけでバングラデシュに避難しているロヒンギャをはじめ、罪なき人々の光景は、その中でも最も深刻で衝撃的です。人々は食糧も水もままならない中、数日かけ、歩いて避難してきています。UNHCRはパートナー機関とともに、避難生活に最低限必要な援助物資を提供することに最善を尽くしていますが、追加支援がなければ、これから到着する人たちの命がいっそう厳しい状況にさらされることになります。シェルターや水、医薬品、衣服などの避難生活に最低限必要となる緊急援助物資がすでに不足しています。
どうか、今すぐご支援をお願いいたします。
皆様のご支援で、絶望の淵に立たされている人たち、特に子どもたちに食糧やシェルターを提供し、命の危険から人々を守ることができます。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) 駐日代表 ダーク・ヘベカー

≪ミャンマーのラカイン州モンドー(2004 – 2007)、および、バングラデシュのコックス・バザール(2011 – 2013)にてUNHCRの人道援助活動に従事≫

原文はこちら


寄付・募金する

バングラデシュに到着した、家族用テント等を運ぶUNHCRのチャーター機

UNHCRは現地の協力機関とともに、着の身着のままで逃げ出さざるをえなかった人々のため、とり急ぎ必要な物資の供給を行っています。9月12日、UNHCRのチャーター機でシェルター、毛布、就寝用マットといった救援用物資91トン分が首都ダッカに到着。現在急ピッチで難民キャンプへ物資が送られています。しかし、難民を受け入れる場所も、物資も依然不足しています。
私たちの住むアジアの一角で、今まさにこの悲劇が起きています。
ロヒンギャの人々を救うため、ぜひご支援をお願いいたします。

私たちの活動に力をお貸しください

UNHCR(ユーエヌエイチシーアール)は、国連難民高等弁務官事務所の略称です。1950年に設立され、紛争や迫害により難民や避難民となった人々を国際的に保護・支援し、難民問題の解決へ向けた活動を行っています。1954年、1981年にノーベル平和賞を受賞。スイス・ジュネーブに本部を置き、128か国で援助活動を行っています。
「国連UNHCR協会」は、UNHCRの活動を支える日本の公式支援窓口として、広報・募金活動を行っています。

当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます。

あなたのご支援でできること

  • 10,000円で
    マット49枚
  • 20,000円で
    ビニールシート13枚
  • 55,000円で
    テント1張

※1ドル=102円換算

寄付方法を選択してください。
  • ●株式会社アプラスを通じて、ネット口座振替受付サービスにて申し込み受付いたします。
  • ●金融機関Webサイトでのご利用者認証のもと、ペーパレスかつ印鑑レスで手続きが完了いたします。
  • ●ご利用者認証の際、金融機関のインターネットバンキングへのログイン、暗証番号、通帳記帳済み最終残高などが必要となる場合があります。(金融機関によって認証方法が異なります。)
    • ※こちらの払込用紙で、コンビニエンスストアでもお支払いいただけます。
    • ●お支払期限はお申し込みから1年間です。期限が過ぎますと、自動的にキャンセルとなります。
    • ●払込用紙は、国連UNHCR協会が契約をしている、SMBCファイナンスサービス(株)より送付されます。
    •  「ご請求書」という形式でのお届けになりますが、何卒ご了承ください。
    • ●ゆうちょ銀行または郵便局の窓口・ATMでお支払いください。
決済方法を選択してください。
    • ※こちらの払込用紙で、郵便局・ゆうちょ銀行でもお支払いいただけます。
お支払いするコンビニエンスストアを選択してください。
  • ●コンビニエンスストア受付番号のお支払方法
    セブンイレブン  ローソン  ファミリーマート  サンクス
    サークルK  ミニストップ  セイコーマート
  • ●現金のみご利用いただけます。
  • ●受付番号によるコンビニエンスストア振込は、30万円までお手続き可能です。
  • ●払込用紙による振り込みを行う場合は「お支払い方法」にて『コンビニエンスストア(払込用紙)』を選択してください。
  • 60日以内にコンビニエンスストアでお支払いください。期限が過ぎますと、自動的にキャンセルとなります。
  • ●メンテナンスによりお手続きいただけない場合は、お手数ですが再度日時をあらためてお手続きください。
  • ●お支払期限はお申し込みから1年間です。期限が過ぎますと、自動的にキャンセルとなります。
  • ●現金のみご利用いただけます。
  • ●払込用紙によるコンビニエンスストア振込は、30万円までお手続き可能です。
  • ●払込用紙は、国連UNHCR協会が契約をしている、SMBCファイナンスサービス(株)より送付されます。
  •  「ご請求書」という形式でのお届けになりますが、何卒ご了承ください。
  • ●メンテナンスによりお手続きいただけない場合は、お手数ですが再度日時をあらためてお手続きください。
  • ●利用可能なコンビニエンスストア一覧はこちら
    • セブン-イレブン
    • ファミリーマート
    • ローソン
    • ナチュラルローソン
    • ローソンマート
    • ローソンストア100
    • サークルK
    • サンクス
    • ミニストップ
    • デイリーヤマザキ ヤマザキデイリーストア
    • ポプラ
    • 生活彩家
    • スリーエフ
    • ココストア
    • エブリワン
    • セーブオン
    • セイコーマート
    • スパー
    • コミュニティストア
    • マルチメディアキオスク
  • ペイジーのお支払方法についてはこちら
  • 事前に利用可能な金融機関をご確認ください。(「一般企業へのお支払い」に対応していることをご確認ください)
  • ご利用の金融機関によっては、事前にペイジーの利用設定が必要です。
  • ペイジーマークのあるインターネットバンキングでお支払いいただけます。
電子マネーの種類を選択してください。
寄付金額を選択してください
  • 任意の金額を入力

    ※1,000円以上から1000円単位で入力いただけます。

楽天銀行でのご寄付の流れ

1下記ボタンより、楽天銀行へアクセスしログイン

楽天銀行サイトへ遷移しますので、ユーザーID・ログインパスワードを入力しログインしてください。

2ワンタイムキーを発行し制限を解除

ログイン制限を一時解除するため、ご利用のメールアドレス宛にワンタイムキーを発行・送信し、認証画面でキーを入力します。

3ご寄付金額など、必要情報を入力

お客様の口座に間違いないことを確認の上、ご寄付金額やお名前などを入力。
確認画面で暗証番号を入力後、お支払が実行されます。

楽天銀行サイトへ

※JIS第3水準以上の漢字はご利用いただけません。

※JIS漢字はこちらからご確認いただけます。

お申込情報
お名前
全角で入力
してください。

※お申込のお名前が
 領収証名義になります。

フリガナ
セイ
全角カタカナで
入力してください。

メイ
住所
郵便番号
- 半角数字で入力してください。

都道府県

市区町村・
丁目・番地

マンション名など

メールアドレス

メールアドレスは@マークを含む
半角英数記号で入力してください。

※難民支援のお知らせをお送りします。
※迷惑メール設定をしているとメールが届かない場合がありますので、
「@japanforunhcr.org」の許可設定をお願いいたします。

確認用に下記にもう一度メールアドレスをご入力ください。

電話番号
- - 半角数字で入力してください。

性別
生年(西暦)
生年は西暦(≠和暦)を半角数字で入力してください。

個人情報取り扱いについて

特定非営利活動法人 国連UNHCR協会は〔以下「当協会」といいます〕は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の日本における公式支援窓口として、世界の難民の人々の保護と援助のため、日本の人々や団体・企業に対し広報・啓発活動および募金活動を行っています。
UNHCRの財源は、各国政府と民間からの資金協力によって支えられていますが、世界の難民の保護と援助のための財源は常に不足しており、各国における広報活動・募金活動は重要な活動です。

  1. 当協会は、個人情報保護法をはじめとする関係法令を遵守して、個人情報の保護に努めます。
  2. 当協会は、個人情報を適法かつ適正な方法で取得し、慎重に取扱います。
  3. 当協会は、個人情報を、広報活動・募金活動など業務の遂行上必要な目的にのみ利用します。
  4. 当協会は、法令等の規定に基づく場合を除いて、個人データを、事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。
  5. 当協会は、個人データを正確かつ最新な状態に保つとともに、不正なアクセスや漏洩、滅失、棄損などを防止するため、必要かつ適切な措置を講じます。
  6. 当協会は、本人が自己の保有個人データについて、開示・訂正・追加・削除・利用停止・ 第三者提供の停止の申出があった場合には速やかに対応します。
  7. 当協会は、個人情報の取扱いに関する苦情があったときには、適正かつ速やかに対応します。
  8. 当協会は、個人情報を保護するために適切な管理体制を講じるとともに、役職員の個人情報保護に関する意識啓発に努めます。また、個人情報の取扱いを外部に委託する場合においては機密保持を含む業務委託契約を締結し、委託先が適切な管理を行うよう監督します。
  9. 当協会は、この方針を実施するため、個人情報保護規程を定め、これを当協会役職員に周知徹底し、確実に実施します。
  10. 当協会は、ダイレクトメールなどによる広報活動・募金活動の実施に当たり、個人情報保護法および関連する法令などの規範を遵守します。送付物の受取りを希望されない場合はその旨ご連絡をいただければ以後の送付を停止するようにします。

個人情報の取り扱いについて
ご同意いただく必要があります。

  • ご注意事項 -必ずご確認ください-
  • ●株式会社アプラスを通じて、ネット口座振替受付サービスにて申し込み受付いたします。
  • ●金融機関Webサイトでのご利用者認証の際、インターネットバンキングへのログイン、暗証番号、通帳記帳済み最終残高などが必要となる場合があり ます。(金融機関によって認証方法が異なります。)
  • ご注意事項 -必ずご確認ください-
  • ・ホームページからのご寄付は、SMBCファイナンスサービス(株)の決済ステーションを通じて受付いたします。
  • ・決済情報入力画面はSMBCファイナンスサービス仕様の画面となりますため、各表記は以下の通りに読み替えて下さい。
    ご注文・請求=ご寄付、単価=寄付額、ショップ=国連UNHCR協会
  • ・ご寄付の受領日は、当協会がSMBCファイナンスサービス(株)を通じて受領した日となります。
  • ・原則として、ご寄付受領日から約10日でご寄付領収証をお送りいたします。
  • ・既に年1回の領収証発行をご連絡をいただいている方、毎月のご寄付をいただいている方には、1月末頃に年間領収証をお送りいたします。
  • ・緊急事態が発生した場合など、多くのご支援をお寄せいただいた場合、領収証の発送に通常よりお時間をいただくことがございます。
    予めご了承ください。
  • ご注意 - 必ずお読みください -
  • ・ご寄付は寄付金控除の対象となります。
  • ・ご寄付の受領日(領収証に記載される日)は、当協会が決済代行会社を通して寄付金を受領した日となります。
  • ・領収証は1年分をまとめて、翌年1月末までにお届けいたします。
  • ・お申込いただいたカード情報(カード番号・有効期限)に変更がある場合は、お手数ですが国連UNHCR協会までご連絡ください。
    また、カード会社からの連絡を受け、カード情報の更新をさせていただく場合がございます。
  • ・ご都合による中止、あるいは金額の変更は可能です。
    フリーダイヤル 0120-540-732 または、「毎月寄付の金額・寄付方法の変更、解約」ページより当協会までご連絡ください。