ロヒンギャ難民危機 「2歳の娘の目は、腫れあがったままです」モハマド・カシム(40歳)UNHCRは、伝えます。ロヒンギャの人々の、声なき声を。

ミャンマーでは軍隊に脅され、家業である農業もできず、移動することも許されなかったモハマド(40歳)は、2017年8月、ミャンマーでの暴力行為から避難するため、15日かけてバングラデシュまで歩いて逃れました。2歳の娘・フォーミナの目は感染症にかかり、ずっと腫れあがったままです。

難民支援にご協力ください

ミャンマーのラカイン州北部で起きた暴力行為により、2017年8月以降74万人以上の人々がバングラデシュに流入し、未曽有の人道危機となったロヒンギャ難民危機。近年で最速・最大規模の難民危機となったこの状況で逃れてきた人の半数以上は、子どもたちです。無事にバングラデシュにたどり着くことができずに亡くなった子どもの数も計り知れません。UNHCRは「助かる命を何としてでも守らなければ」という一心で難民の保護活動にあたっていますが、配給される食糧は必要最低限のものに限られており、子どもたちが貧血の症状や、低身長などの発育不良にさらされるなど、依然として厳しい状況が続いています。

UNHCRは伝えます、ロヒンギャの人々の声なき声を

「今、この子は私の命です」ドゥル・ベグム(60歳)私は毎日この孫の男の子を抱いて、面倒をみています。ミャンマーでは、近所の人が銃で撃ち殺されるのを目撃しました。それで家族でこうして逃げてきたのです。「父も母も、行方不明のままです」マフムード(18歳・奥の男性)私たちの村は焼かれ、人々は殺されていました。私も妻も、両親は行方不明のままです。私たち家族は夜の間に小さな舟に乗り、ここにたどり着きました。海岸では2千人から3千人が舟を待ち続けていました。皆、なんとかしてバングラデシュに逃れようと必死だったのです。「レイプされ、閉じ込められて火をつけられました」ムムタズ(30歳)軍隊に家を焼かれ、村の人たちと川岸に隠れました。でも見つかってしまい、夫を含め多くの人が撃ち殺されてしまいました。その後、子どもたちのうち二人が殺され、私はレイプされたのです。娘のロジエ(7歳)も、なたで頭を殴られました。それから私たちは建物に閉じ込められ、火を放たれて…。この火傷は、その時に負ったものです。「お姉ちゃん、戻ってきて」アジア(10歳)/姉の墓のそばにて 私の姉のカブラは、高い熱を出していました。難民キャンプの病院に運ばれましたが、そのまま亡くなってしまいました。まだ14歳だったのに。お姉ちゃん、どうか戻ってきて。一緒に遊ぼうよ。

今すぐ寄付する

「最も弱い立場の一人ひとりに、手を差し伸べるために」

UNHCRバングラデシュ・ダッカ事務所 主席保護官 中柴春乃

難民キャンプの夕暮れ時、シェルターの前で

私は今、バングラデシュでのUNHCRの難民保護活動を行っています。実はバングラデシュは私がUNHCRに入って最初の赴任地で、思い入れがある場所です。その2004年当時から、ロヒンギャの人々が経験してきた苦難や苦悩を間近に感じてきました。
 
安全と保護を求めてバングラデシュに逃れてきた難民の多くは、女性や18歳未満の子どもたちです。障がいや病気をかかえていたり、身寄りのいない高齢者も多くいます。UNHCRの行う難民の方々への支援は「衣(及び医)食住」を満たすだけではなく、心のケアやサポートを通して、難民の方々自身の持つ再生する力に寄り添いたいと考えています。しかし、最も傷ついている人はそうした場所に出てきません。例えば以前、ラカイン州で被った襲撃で3人の子のうち2人を失った夫婦が、悲しみとトラウマのあまり家から出ることもできず、すぐに支援が必要だという報告を受けたことがあります。ロヒンギャの人々は何世代にも亘って虐げられてきて、それが生活の一部にすらなっている。助けを求めて良いという認識もないのです。そうした最も弱い立場の一人ひとりに、手を差し伸べるシステムを作らなければ、と強く思います。
 
コックスバザールにあるロヒンギャ難民キャンプは世界最大規模の難民キャンプとなりました。そこで、UNHCRは他の国連諸機関やNGOと協同で精一杯の支援を行っていますが、シェルターや道、橋の補強、子どもたちの学びの場や医療サービスの拡充、環境にやさしい燃料の支給、女性への支援など、しなければいけないことがまだまだあります。
 
バングラデシュでは、日本人はとても尊敬を受け信頼されています。勤勉で、戦後何もないところから復興を遂げ、アジアの国々を助けてきたと考えられているのです。日本の皆様、どうぞ今後ともロヒンギャ難民へ温かいご支援をお願いいたします。

UNHCRは世界中の難民の保護と支援を行なっています。UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は1950年に設立された国連の難民支援機関です。紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援し、水や食糧・毛布などの物資の配布や、難民キャンプなどの避難場所の提供、保護者を失った子どもの保護や心のケアなど、最前線で援助活動に尽力しています。この国連の難民支援活動を支えるため、広報・募金活動を行う日本の公式支援窓口が、国連UNHCR協会です。

深刻な資金不足 ロヒンギャの人々への影響は?

2019年9月現在、ロヒンギャの人々の支援に必要な資金は、56%しか集まっていません。このままでは、以下のような影響が及ぶ恐れがあるのです。

一時滞在センターでロヒンギャの家族の話を聞くUNHCR職員

●人々が日々必要とする清潔な水が確保できなくなる
UNHCRは水と公衆衛生分野における大規模な取り組みを実施。1人あたり1日20リットルの水の提供を目指し、地下水に恵まれない地域にはダムや貯水池を作りました。しかし、今も水不足の問題を抱える地域があり、人々に大打撃を与えかねません。
 
●子どもたちが教育を受けられなくなる
UNHCRが最も重要視している目標の1つは、約50万2,000人のロヒンギャ難民の子どもたちに学ぶ機会を提供することです。UNHCRはパートナー団体と協力して2017年以来、1,602か所の学習センターを建設、ロヒンギャ難民の子ども6万1,695人が学べるようになりましたが、今も3~14歳の子どもの36%が初等教育を受けることができず、教育機会のない15~24歳の子どもも91%にのぼります。教育機会を得られない子どもたち、若者たちは「失われた世代」となってしまう恐れがあるのです。
 
●「今すぐに保護が必要」な人々への支援が行き渡らなくなる
親のない子どもや負傷者、妊産婦など、すぐに支援が必要な人々を決して取り残さないよう、「プロテクションチーム」が難民キャンプや地域をくまなくまわり、緊急のケースに即座に対応するのがUNHCRの強みです。しかし資金不足により人員を削減せざるを得ず、UNHCRの活動の根幹である、「弱い立場の人々への保護」が手薄になる危険性が大きく増します。

今すぐ寄付する

難民とは、紛争や迫害、人道危機により生命の安全を脅かされ、他国に逃れなければならなかった人々です。
また、難民の約50%が18歳未満の子どもです。

どうかロヒンギャ難民の命を守る力を貸してください

ロヒンギャ難民は国籍を持っていないため、どの国からも庇護を受けることができない人々です。だからこそ、皆様のお力が必要です。
たとえば、10,000円のご寄付で、子どもの下痢や肺炎の症状を緩和し治療する医薬品9人分を届けることができます。一日でも早いご寄付で、迫害から逃れた人々を守ることができます。どうか温かいご支援をいただけますよう、心よりお願い申し上げます。

ロヒンギャ難民を今すぐ支援する

ロヒンギャの人々へ、私たちができること

これほどの苦しみを、これほどの痛みを、懸命に耐えてきたロヒンギャの人々。
どうぞ、彼らの命と希望を、私たちと一緒に支えてください。
あなたの支援は、UNHCRが必ず届けます。

  • 24,000円で
  • 10,000円で
  • 8,000円で

※1ドル=113円換算

  • 当協会へのご寄付は、税控除(税制優遇)の対象になります。お送りする領収証は確定申告にご利用いただけます。
  • ご支援者の皆様にはメールニュース、活動報告等を送らせていただき、難民支援の「今」、そしてUNHCRの活動を報告させていただきます。
  • Webでご寄付いただく際の皆様の個人情報はSSL暗号化通信により守られております

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます。