ロヒンギャ難民危機 「2歳の娘の目は、腫れあがったままです」モハマド・カシム(40歳)UNHCRは、伝えます。ロヒンギャの人々の、声なき声を。

ミャンマーでは軍隊に脅され、家業である農業もできず、移動することも許されなかったモハマド(40歳)は、2017年8月、ミャンマーでの暴力行為から避難するため、15日かけてバングラデシュまで歩いて逃れました。2歳の娘・フォーミナの目は感染症にかかり、ずっと腫れあがったままです。

難民支援にご協力ください

ミャンマーのラカイン州北部で起きた暴力行為により、隣国バングラデシュに逃れるロヒンギャ(ミャンマーのイスラム系少数民族)の人々が急増しています。その数は2017年8月25日から推定68万8,000人*にのぼっています。 (* 2月5日現在)また、避難するロヒンギャ難民のうち、55%が18歳未満の子どもです。大半が徒歩でジャングルに隠れながら山や川、海を渡り、人々は水も食糧もなく、体調を崩し弱り切った身体で国境を越えています。水も不足し衛生環境が悪化する中、ジフテリアなど感染症の発生が懸念されています。

UNHCRは伝えます、ロヒンギャの人々の声なき声を

「今、この子は私の命です」ドゥル・ベグム(60歳)私は毎日この孫の男の子を抱いて、面倒をみています。ミャンマーでは、近所の人が銃で撃ち殺されるのを目撃しました。それで家族でこうして逃げてきたのです。「父も母も、行方不明のままです」マフムード(18歳・奥の男性)私たちの村は焼かれ、人々は殺されていました。私も妻も、両親は行方不明のままです。私たち家族は夜の間に小さな舟に乗り、ここにたどり着きました。海岸では2千人から3千人が舟を待ち続けていました。皆、なんとかしてバングラデシュに逃れようと必死だったのです。「レイプされ、閉じ込められて火をつけられました」ムムタズ(30歳)軍隊に家を焼かれ、村の人たちと川岸に隠れました。でも見つかってしまい、夫を含め多くの人が撃ち殺されてしまいました。その後、子どもたちのうち二人が殺され、私はレイプされたのです。娘のロジエ(7歳)も、なたで頭を殴られました。それから私たちは建物に閉じ込められ、火を放たれて…。この火傷は、その時に負ったものです。「お姉ちゃん、戻ってきて」アジア(10歳)/姉の墓のそばにて 私の姉のカブラは、高い熱を出していました。難民キャンプの病院に運ばれましたが、そのまま亡くなってしまいました。まだ14歳だったのに。お姉ちゃん、どうか戻ってきて。一緒に遊ぼうよ。
寄付・募金する

「思いをはせてください。
栄養失調で苦しむ子どもを前に、なすすべもなくただ涙する母親を」

UNHCRバングラデシュ事務所 久保眞治 前代表

バングラデシュ・コックスバザールで現場を視察する久保前代表

難民が続々と到着し、足の踏み場もないような大混乱の中、「今日助けなければ、明日この人は死んでしまう」という状態の人を最優先に救うため、現場の職員は多くの苦渋の決断を迫られました。難民に涙ながらに懇願されても、すぐに物資を手渡すことができない苦しさ、無力感。それでも、「助かる命を何としても救わなければ」と一歩も引かぬ思いで、UNHCRは全力で難民の保護活動にあたってきたのです。
私が難民支援にあたる上で、一つずっとこだわっていることがあります。それは「難民の目となり、耳となり、声となる」ということです。一番大事なことは「難民の声を届ける」ということだと肝に銘じて、どんな厳しい状況でも、それだけは絶対にやり続けようと思ってきました。
 
ロヒンギャ難民は、難民というだけではありません。国籍すら持っていないのです。すべての権利を奪われ、暴力や略奪の犠牲となり、家を追われ、私たちの想像を絶する絶望と悲劇を押しつけられてきたのです。
どうぞ、思いをはせてください。冷たい風雨の中、壊れたテントで暮らし続ける家族を。栄養失調で苦しむ子どもを前に、なすすべもなくただ涙する母親を。これほどの苦しみの中で、ロヒンギャの人々はバングラデシュにたどり着き、そして生きていこうとしています。
こうした人々へ、どうぞ皆様の温かいご支援をいただけないでしょうか。

※本動画は2017年9月25日に公開されたものです

UNHCRは世界中の難民の保護と支援を行なっています。UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は1950年に設立された国連の難民支援機関です。紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援し、水や食糧・毛布などの物資の配布や、難民キャンプなどの避難場所の提供、保護者を失った子どもの保護や心のケアなど、最前線で援助活動に尽力しています。この国連の難民支援活動を支えるため、広報・募金活動を行う日本の公式支援窓口が、国連UNHCR協会です。税控除(税制優遇)のご案内 当協会は認定NPO法人です。当協会へのご寄付は、税控除(税制優遇)*の対象になります。お送りする領収証は確定申告にもご利用いただけます。*所得税・相続税・都民税・法人税今すぐ寄付する

UNHCRの懸命な援助活動が続いています

一時滞在センターでロヒンギャの家族の話を聞くUNHCR職員

UNHCRは現地の協力機関とともに、着の身着のままで逃げ出さざるをえなかった人々のため、必要な物資の供給を行っています。
2017年9月から継続的に空輸等で救援物資の供給を行い、12月までに10万939枚の防水用ビニールシート、19万8,985枚の就寝用マットと19万8,831枚の毛布、3万9,683家族分の調理器具セット、7万9,366枚の蚊帳、7万9,937個の水汲み容器等を供給しました。また、16万1,000人の難民が水へのアクセスが可能となっています。

深刻な資金不足 ロヒンギャの人々への影響は?

2018年1月現在、ロヒンギャの人々の支援に必要な資金は、62%しか集まっていません。このままでは、以下のような影響が及ぶ恐れがあるのです。

シェルターの補強をするロヒンギャ難民の一家

●シェルターの改修が間に合わなくなる
サイクロンの季節(雨季)が目前に迫っています。より耐久性のあるシェルターへの変更が緊急に必要です。
 
●栄養失調の子どもたちへの支援が削減される
資金が不足すれば、難民キャンプでは入手困難な生鮮食品や栄養のある食べ物の提供が難しくなります。また、栄養失調の子どもたちを治療しサポートする栄養改善センターで提供する支援も、削減せざるを得なくなってしまいます。 
 
●「今すぐに保護が必要」な人々への支援が行き渡らなくなる
親のない子どもや負傷者、妊産婦など、すぐに支援が必要な人々を決して取り残さないよう、「プロテクションチーム」が難民キャンプや地域をくまなくまわり、緊急のケースに即座に対応するのがUNHCRの強みです。しかし資金不足により人員を削減せざるを得ず、UNHCRの活動の根幹である、「弱い立場の人々への保護」が手薄になる危険性が大きく増します。

今すぐ寄付する

私たちの住むアジアの一角で、今まさにこの悲劇が起きています。
ロヒンギャの人々を救うため、ぜひご支援をお願いいたします。

当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります。

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます。

ロヒンギャの人々へ、私たちができること

これほどの苦しみを、これほどの痛みを、懸命に耐えてきたロヒンギャの人々。
どうぞ、彼らの命と希望を、私たちと一緒に支えてください。

  • 20,000円で

    ソーラーランタン4家族分

  • 10,000円で

    防水シート5家族分

  • 5,000円で

    調理器具2家族分

※1ドル=113円換算