インドネシア・スラウェシ島地震 緊急募金のお願い 国連UNHCR協会

インドネシア地震 緊急支援のお願い

2018年9月28日、インドネシア中部スラウェシ島で発生したマグニチュード(M)7.5の地震が発生。2,100人以上もの命が奪われ、5,000人以上が重傷を負っていることが確認されています。倒壊した家屋は6万8,000軒以上、未だ680人が行方不明です。(インドネシア国家防災庁10月15日発表)人々の暮らしが根付いた多くの家屋が破壊されただけではなく、その後も津波、余震が続き、何千もの家族が、行く当てもなく、生き延びるために格闘しています。

今すぐ、支援する

かつて自分の家があった場所に戻った被災者の女性

通信手段や道路・空港といったインフラも途絶える中、被災地の人々はライフラインが遮断された状況となっています。また、多くの家屋が崩壊され、7万9,000人以上が避難を強いられています。
 
また、今回のスラウェシ島地震と津波の被害は、2018年8月に発生したロンボク島地震により今も避難を強いられている34万人にも及び、避難生活を送っている人々をさらに窮地に追い込んでいます。

10月1日、被災したインドネシア現地スラウェシ島の様子

現地での援助活動

UNHCRは現地からの要請により、地震と津波ですべてを失った被災者のため、約1,300張の家族用テントと、就寝用マット、ソーラーランタン、蚊帳の提供といった緊急支援を開始する準備を進めています。
 
弱い立場に置かれたすべての人々に支援を届けるため、皆様のお力が必要です。

現地のインフラが遮断され、多くの人々が困窮する中、緊急シェルター支援が急務です。どうか、今すぐ、ご支援ください。

UNHCRは1人でも多くの人々に支援を届けるため尽力しています

UNHCRユーエヌエイチシーアール(国連難民高等弁務官事務所)とは?

国連UNHCR協会ロゴ

1950年に設立され、紛争や迫害により難民や避難民となった人々を国際的に保護・支援し、難民問題の解決へ向けた活動を行っています。1954年、1981年にノーベル平和賞を受賞。スイス・ジュネーブに本部を置き、約130か国で援助活動を行っています。「国連UNHCR協会」は、UNHCRの活動を支える日本の公式支援窓口として、広報・募金活動を行っています。
通常、自然災害への対応は行っておりませんが、被害の規模が甚大かつ被災国より要請を受けた場合に、緊急支援を行います。

  • 皆様のご支援は、インドネシア地震の緊急支援に充当させていただきます。
  • 当協会へのご寄付は、税控除(税制優遇)の対象になります。お送りする領収証は確定申告にご利用いただけます。
  • Webでご寄付いただく際の皆様の個人情報はSSL暗号化通信により守られております

皆様のご寄付できること

  • 10,000円で

    3家族分

  • 25,000円で

    医薬品22人分

  • 60,000円で

    テント1張

※1ドル=113円換算