日本の企業・団体から難民支援の輪を広げていく
ONE MORE STEP INITIATIVE JAPAN


多くの日本人にとっては縁遠いものだった難民問題。
それでもここ数年緊迫する世界情勢に対しては、日本各地で支援の輪がひろがり、私たちがひとつになれることを証明してくれました。

さらに日本は2023年末から、「グローバル難民フォーラム」の共同議長国となり、以降4年にわたって、世界の難民支援をリードする役割を担っています。

国連UNHCR協会は、グローバル難民フォーラムを起点として新たなイニシアチブ「ONE MORE STEP INITIATIVE JAPAN」を推進しています。
日本に住む私たちの生活の中にある製品やサービスを通じて、この問題をもっと身近に感じてもらうこと、その結果、避難を強いられた人々の生活をあといっぽ後押しすることを目指した、企業・団体の皆様と連携した取り組みです。

こうしたアクションの積み重ねの先に、本当の意味で、誰ひとり取り残されない社会があると信じて。

 

 

ONE MORE STEP INITIATIVE JAPAN につながる取り組み

 

 顧客や従業員が参加できる難民支援

- 寄付付き商品やサービスの展開を通じた難民支援キャンペーンやイベントの開催
- 社内募金や社員からの寄付金に企業からの寄付も加えて支援するマッチング寄付
- 難民支援をテーマにした社内勉強会やチャリティイベントの開催

 

 本イニシアチブが実施するイベントへの参加や協賛

 

 本イニシアチブ賛同企業間でのコラボレーション

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 


企業・団体が、特性や強みを活かし、多様な支援分野で難民支援に取り組んでいます。

Point

貯まったポイントやマイルで、難民を応援する。ポイントが消滅する顧客の不満を、社会貢献という顧客満足に変換。

pointer
Shopping

普段のお買い物がそのまま、難民の人の生活にも必要なものの支援に。

pointer

映画、ゲーム、音楽などを楽しむ中で、自然に社会課題への支援ができる。

pointer

顧客サービスのなかに、社会支援を取り入れることでお客様の満足感を提供できる。

pointer
Wear

普段身につけるモノから、難民を身近に。難民の支援に。

pointer
Employee

難民支援を通じて社員同士のエンゲージメントやモチベーションを高められる。

pointer

※上記支援分野は一例です。企業・団体の事業領域により支援分野は随時追加されます。



企業・団体による難民支援の事例





ONE MORE STEP INITIATIVE JAPAN(OMSI)に取り組む社会的価値




ONE MORE STEP INITIATIVE JAPAN
参加企業・団体(50音順)

accenture
EPOS
Q-pot
ShinEtsu
skylark
DM MITUI
Baccarat
BINGO
FAST RETAILING
PFA
mercari

 

 

 



ONE MORE STEP INITIATIVE JAPAN 始動!

アクセンチュア株式会社と株式会社SEAMESとの共催イベント「社会課題への取り組みは事業強化へ活かせるか?
- 難民支援への取り組みからヒントを探る」にて、ONE MORE STEP INITIATIVE JAPAN の構想を発表しました。

▶ Accenture song note

▶ イベントの様子(動画)



 

 

 





私たちとともに、

いっぽ踏み出しませんか?


X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する