スポーツを通じて難民の子どもと若者の未来をつくる支援を

世界では今7,950万人以上の人々が強制的に故郷を追われています。約2,600万人が国境を越えて難民となり、その半数近くは18歳未満の子どもたちです。紛争や暴力、迫害で故郷を追われた人々、なかでも子どもたちは最も弱い立場にあり支援を必要としています。

暴力などを目の当たりにしてきた難民の若者にとって、スポーツは心身の健康を保ちながら成長していくために欠かせないものです。また、難民を受け入れているコミュニティーにとって、お互いを受入れながら安定した関係を作っていくためにとても大切な役割を果たします。

UNHCRでは、スポーツのもつ力を最大限活かしながら、子どもと若者を、虐待や搾取、ネグレクト、暴力から保護するために、スポーツに積極的に参加するように働きかけています。

単に運動とレクリエーションの機会を与えるだけにとどまらず、スポーツの大きな可能性を生活の改善とコミュニティの保護に活用するものなのです。

難民の子どもと若者の未来をつくる「難民の若者のためのスポーツと福祉プログラム」にぜひ温かなご支援をお願いいたします。

難民とケニアの子どもたち(知的障がいを持つ子どもたちも含む)は、カクマ難民キャンプで一緒にスポーツ活動に参加しています。たとえば、毎月5,000円のご寄付を1年で難民の子どもたちにスポーツキットとトレーニングセッション8回を提供できます。

パキスタンのパンジャブ州・コットチャンダナ難民村にあるコミュニティガールズスクールの休憩時間に縄跳びをする女子高生たち。たとえば、毎月20,000円のご寄付を1年で運動や遊びに利用できる屋外運動場併設の1教育施設を建築・修繕できます。

  • 当協会へのご寄付は、税控除(税制優遇)の対象になります。お送りする領収証は確定申告にご利用いただけます。
  • ご支援者の皆様にはメールニュース、活動報告等を送らせていただき、難民支援の「今」、そしてUNHCRの活動を報告させていただきます。
  • Webでご寄付いただく際の皆様の個人情報はSSL暗号化通信により守られております

*皆様のご支援は、UNHCRが最も必要性が高いと判断する援助活動に充当させていただきます。