北アフリカのリビア北東部で、強力な暴風雨「ダニエル」によって大規模な洪水が発生。記録的な大雨、そして毎時70~80キロメートルの強風に襲われ、近隣地域は壊滅的な被害に遭っています。
他国連機関によると死者は4000人以上、8500人以上が行方不明となり、推定4万4000人が避難*。2つのダムが決壊した北部のデルナでは、地区全体に被害が及び、街の約4分の1が水没。加えて、被災地域では木々や電柱等の転倒により通信が閉ざされ、高潮のために家屋と生計のすべを失った家族も多くいます。(*出典:OCHA)

現地からの緊急レポート

他国連機関によると被災地では数十万人が人道支援を必要とし、洪水による水資源の汚染も人々の飲料水、保健衛生環境に多大なリスクをもたらしています。
また、この自然災害より、現地の人々のみならず、リビアに避難する何万人もの難民、国内避難民が危機にさらされました。紛争や暴力によって故郷を追われた彼らは、再び避難を余儀なくされています。

9月13日、被害の大きかったリビア北東部デルナをさまよう被災者

UNHCRの救援活動

UNHCRは、壊滅的な被害を受けた人々に、国内外のパートナー団体と協力して以下のような緊急支援を実施しています。

  • 緊急支援チームの派遣
  • 防水シート、毛布、ソーラーランプ、石けんといった救援物資の手配
  • 医薬品の提供
  • 緊急ホットラインの開設

洪水発生から半年、2024年3月現在、UNHCRは計6万点以上、以下のような援助物資を提供しました。

  • 棒状の石けん:1万1555個
  • 毛布:1万7570枚
  • 通学用バッグ:1838点
  • マット:3847枚
  • 調理器具セット:3832セット
  • 女性用の衛生キット:4197点
  • 男性用の衛生キット:4597点
  • ソーラーランプ:3360個
  • 水汲み容器:2974個
  • 防水用ビニールシート:3562枚
  • レインコート:1200枚 等
被災地に送る救援物資を手配するUNHCR職員

しかし、被災地のニーズは今も山積しており、UNHCRは救援活動をさらに拡大するために皆様のご支援を必要としています。

リビアは常に情勢不安にさらされ、暴力行為や衝突が絶えず、多くの人々が国内外で避難を強いられています。今回の洪水で埋められていた地雷が移動し、被災地の人々の新たな脅威となっています。にも関わらず、その危機は世界から注目が集まらず、その援助資金は常に不足しています。
そして、リビアの人々は記録的な自然災害ですべて失い、緊急援助を必要としています。どうぞ、UNHCRの援助活動にご協力ください。

UNHCRユーエヌエイチシーアール(国連難民高等弁務官事務所)とは?

緒方貞子さん
ルワンダ難民を訪問する緒方元高等弁務官

1950年に設立された国連の難民支援機関です。紛争や迫害により故郷を追われた難民・国内避難民を国際的に保護・支援し、水や食料・毛布などの物資の配布や、難民キャンプなどの避難場所の提供、保護者を失った子どもの保護や心のケアなど、最前線で援助活動に尽力しています。1991~2000年の間、緒方貞子さんが第8代国連難民高等弁務官を務めました。
この国連の難民支援活動を支えるため、広報・募金活動を行う日本の公式支援窓口が、国連UNHCR協会です。

通常、自然災害への対応は行っておりませんが、被害の規模が甚大かつ被災国より要請を受けた場合に、緊急支援を行います。

  • 皆様のご支援は、この度のリビア洪水、そしてリビア国内での支援活動に充当させていただきます。リビア洪水への緊急対応資金が全額調達された場合、皆様からのご寄付は、世界の緊急事態により避難を余儀なくされている人々の命を守る援助に充足させていただきます。
  • 当協会へのご寄付は、寄付金控除(税制上の優遇措置)の対象になります。お送りする領収証は確定申告にご利用いただけます。
  • 当協会ウェブサイトからご寄付いただく際の皆様の個人情報はSSL暗号化通信により守られております。
皆様からのご寄付によって 多くの命が助かります。
X

このウェブサイトではサイトの利便性の向上を目的にクッキーを使用します。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

サイトを閲覧いただく際には、クッキーの使用に同意いただく必要があります。

同意する