国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

最新ニュース/資料

2020年6月ニュースレター
「With You No.43」公開

With You No.43 表紙

特集
「逆境を越えてTokyoへ!」世界の難民アスリート
追悼 第8代国連難民高等弁務官 緒方貞子さん

新型コロナウイルスの感染拡大で、東京オリンピック・パラリンピックは延期され、世界との行き来ができなくなるなど、今まで経験したことのないような困難な状況が、私たちが暮らす世界を覆っています。避難生活の中、TOKYO2020を目指してきた難民アスリートたちも、掲げてきた目標が突然先送りになりました。
リオオリンピックに難民選手団の一人として出場し、東京マラソン2020でも完走を果たしたヨナス・キンディ選手は言います。「私たちはコロナウイルスにより世界中で困難な局面を迎えています。特に難民や難民アスリートにとっては厳しい状況です。頑張り続けましょう、努力し続けましょう。」
今号では、世界各地でTOKYO2020を目指し、厳しい練習に打ち込む難民アスリートたちの物語を特集します。

No.43 インデックス

「逆境を越えてTokyoへ!」世界の難民アスリート

追悼 ・ 緒方貞子 第8代国連難民高等弁務官

世界で最大の難民援助機関、UNHCRの日本人初のトップとして1991年から2000年まで指揮をとった緒方貞子さんが、2019年10月に逝去されました。冷戦終結直後、湾岸戦争のさ中に就任し、数々の苛烈な人道危機に直面しながらも、「UNHCRの任務は難民の命を守ること」を貫き通した緒方さん。類まれな能力と卓越した指導力でひるむことなく活動を率いた10年間とその功績を振り返ります。

From the Field ~難民支援の現場から~ 藤田 若菜

UNHCRケニア 准リスクマネジメント・コンプライアンス担当官 藤田 若菜のインタビューをお届けします。

⇒ web拡大版はこちら

新型コロナウイルス感染から難民を守ってください

UNHCRは一人でも多くの難民の命と尊厳を守るため、現地で予防・保護対策を実施しています。故郷を追われ弱い立場に置かれた人々を新型コロナウイルス感染症から守るため、今すぐご支援ください。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります

バックナンバー

⇒ ニュースレター「With You」バックナンバーの一覧はこちら

資料ダウンロード

当サイトでは、ニュースレターや活動報告の他、国連UNHCR協会案内・毎月の寄付のご案内・ポスターなどもダウンロードしていただくことか可能です。ぜひご利用ください。

⇒ 資料ダウンロードはこちら

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する