国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

最新ニュース/資料

2019年10月ニュースレター
「With You No.42」公開

With You No.42 表紙

特集
国境を越えた子どもたちのことば

特別インタビュー:映画監督 山田 洋次さん

「どうして自分が生き残ったのだろう……。ほかの人は死んでしまったのに」
今号の特集では、難民という境遇を生きる子どもたちの日々を、その等身大のことばでお伝えいたします。そして、子どもたちが今、必要としている支援とは。

また、特別インタビューは、映画監督の山田 洋次さん。新作映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』のマドンナはなんとUNHCR職員。どうして山田さんはマドンナをUNHCR職員にしてくださったのか。山田さんが難民に対して寄せる思いなど、事務局長・星野がお話を伺いました。

No.42 インデックス

特集 国境を越えた子どもたちのことば

特集ハイライト:UNHCR職員 モニク・ソクハンの体験から

6歳の頃に母国から逃れたモニクは、いつか国に戻るという思いを持ち続け、大学卒業後、国を立て直すためにカンボジアへ。そこでUNHCRに入り、タイへ渡ったモニクが、最初に援助活動にあたった人たちとは……。モニク・ソクハンのインタビュー全文をwebで公開しています。

特別インタビュー 映画監督 山田 洋次さん

今年の12月27日(金)に公開される新作映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』のマドンナはなんとUNHCR職員。どうして山田さんはマドンナをUNHCR職員にしてくださったのか。山田さんが難民に対して寄せる思いなど、事務局長・星野がお話を伺いました。

⇒ インタビューはこちら

From the Field ~難民支援の現場から~ 小池 克憲

2019年6月まで保護官として南スーダン・ジャムジャン事務所に勤務し、スーダンとの国境近くのイダ難民居住地で難民保護にあたってきた小池 克憲 保護官のインタビューをお届けします。

⇒ webページ版はこちら

当協会理事長 田中 明彦と報道ディレクター 長野 智子の対談

With You 42号郵送分に同封のお手紙でご紹介した、国連UNHCR協会理事長 田中 明彦と報道ディレクター 長野 智子の対談をwebで公開しております。

⇒ 対談ページはこちら

バックナンバー

⇒ ニュースレター「With You」バックナンバーの一覧はこちら

資料ダウンロード

当サイトでは、ニュースレターや活動報告の他、国連UNHCR協会案内・毎月の寄付のご案内・ポスターなどもダウンロードしていただくことか可能です。ぜひご利用ください。

⇒ 資料ダウンロードはこちら

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する