国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

資料

2018年6月ニュースレター
「With You No.39」公開

With You No.39 表紙

特集 ロヒンギャ難民危機
未曾有の人道危機に、UNHCRはどう対応したか

2017年8月25日。
ミャンマーでの激しい武力弾圧を機に、ロヒンギャの人々はかつてない勢いで避難を始めました。
村の襲撃。火を放たれ燃え上がる家々。誘拐されたまま行方不明の人々。相次ぐ虐殺と性的暴行。
人々は迫害を逃れ生き延びるため、着の身着のまま裸足で山を越え、粗末な舟で川や海を渡り、命がけで国境を越え、バングラデシュを目指しました。
UNHCRバングラデシュ事務所の久保眞治前代表が、
「私の24年の難民保護活動の中でも、経験したことのない凄まじさです」と語ったほど、前例のない規模の難民危機となっています。
この未曾有の人道危機に、UNHCRは一体どう対応したのでしょうか。
今回は、UNHCRが総力を結集し、ロヒンギャ難民を救うために尽力した最初の100日間を特集します。

No.39 インデックス

特集 ロヒンギャ難民危機

「子どもたちの未来のためなら、何だってできる」
世界的ミュージシャン・MIYAVIがUNHCRの親善大使に

2017年11月、「サムライギタリスト」として世界的に活躍する、日本人ミュージシャン・俳優のMIYAVI(ミヤビ)がUNHCRの親善大使に任命されました。当協会の理事・宮嶋泰子(テレビ朝日)がテレビ番組「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」(BS朝日)で行った独占インタビューから、MIYAVIの言葉をまとめました。

From the Field ~難民支援の現場から~ 川内 敏月

UNHCR駐日事務所 川内 敏月 副代表(法務担当)のインタビューをお届けします。

webページ版はこちら

迫り来るモンスーンの季節に向け、ロヒンギャ難民支援にご協力ください

モンスーンによる豪雨に備え、歩道やシェルターの補強など、UNHCRは急ピッチで対策を行っています。どうぞ今すぐ、皆さまの力をUNHCRにお貸しください。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります

バックナンバー

ニュースレター「With You」バックナンバーの一覧はこちら

資料ダウンロード

当サイトでは、ニュースレターや活動報告の他、国連UNHCR協会案内・毎月倶楽部のご案内・ポスターなどもダウンロードしていただくことか可能です。ぜひご利用ください。

資料ダウンロードはこちら

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する