国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める

ポーランドの小さな村、オシフィエンチムで
(前半)

東欧に位置するポーランドの古都クラクフから、60kmのところに位置する村オシフィエンチム。この小さな村を、毎年世界中から多くの人が訪れ、2019年の訪問者は過去最多の230万人を記録した。村はかつて、ドイツ語でアウシュヴィッツと呼ばれていた。第二次世界大戦中、ポーランド人をはじめとするドイツ占領下のヨーロッパでナチスに抗った人々やユダヤ人、多くの人がアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に送られ、過酷な環境下の強制的労働と飢えのなかで命を落とした。収容所の建物は現在博物館として公開されている。第二次世界大戦の終結から75年を迎える今年は、この強制収容所が解放されてから75年を数える年でもある。収容されていた生還者が、かつてはこの場所で歴史を伝えていた。しかし、今は300名超のガイド全員が戦争を経験していない。アジア人で唯一の公式ガイドを務める中谷剛さんは23年間、この場所で歴史を伝え続けている。戦争を体験していない世代が戦争や歴史を伝えることの意味とは。傍観し、この世界で多くの命が失われることが二度とないように、今、私たち一人ひとりができることのヒントを探して、お話を伺った。


エネルギーのある人には、頑張ってほしい。
当事者意識を持って、一人ひとりができることを

1997年からこの場所でアウシュヴィッツ博物館の公式ガイドを務めている中谷剛さん。元々はポーランド軍の建物だったという強制収容所内の建物を案内しながら

― 実際にアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所のガイドツアーに参加させていただいて、難民の話を多く交えた内容になっていたことにとても驚きました。

真実が大事ですから、今やはり避けられないトピックですよね。避難を強いられている人の数がこうして今日になるまで、ずっと増えているわけですよね。だからこれはやっぱり避けられないテーマ。ゼロにはできなくても、減らしていく努力をしていかないと、このまま傍線が下がることはないかもしれない。なぜこうして難民の方たちの話を交えてお話しするかというと、どうして当時これほどまでに多くの命が失われてしまったのか、人々を救うのが難しかったか、それをお伝えするためなんです。なぜ、国際社会は救えなかったのか。これは難民問題と共通する部分だと思います。ここで起きていたことに対して、当時みんながみんな反対したわけではないということです。

― 今も、一国一国、ひいては一人ひとりが試されている。

強制収容所のスローガンとして掲げられた「Arbeit macht frei」(働けば自由になる)のゲートをくぐり、訪問者も強制収容所に入る

そう思います。ここを訪れる日本の方は、あまり質問はしないんですけど、無関心かっていうとそうでもなくて、けっこう抱えていくんです。最初はちょっと、意見しないことを、なんでなんだろうと思っていたんですけど、後でメールなんかで、「モヤモヤした感じで、どう質問していいのかわからなかった」とか、「質問したかったんだけどできなかった」とか、案外そういう人が多いんです。この場所が持つ意味というのが大きいんですよね。もちろん当時ここにいた人はいないし、建物もそのままではないんですけど、やっぱりそこに立ったってことが、ここに勤める私たちにとっても不思議なくらい、影響力があるみたいで。ガイドの途中でも言うんですが、ここまで来ることができる元気な人には、期待をしているんですよ。

― おっしゃっていましたね。今大変な人はいい、でも余裕のある人、ここまでくるエネルギーがある人には、ご自分ができることを頑張ってほしいと。

そうなんです。今日生きるか死ぬかの人には頼めないですよね。でも余力のある人には、本当に頑張ってほしい。ここに来る人の中には、ゆっくり旅をしたいという人もいて、帰るときに「中谷さん、これからもがんばってくださいね」、ってこういう感じになっちゃって。その時は、「あぁ、伝わっていないな」と思うわけです。

― 来たことである種の達成感があったり、ナチスがやったこと、というようなスタンスになってしまう場合もあるのかもしれないですね。ここにはドイツの方も多く来て、ドイツのガイドの方もいると伺っています。

はい。ここの保存部で正職員として働いているドイツ人がいて、その彼女が仕事の後に案内していたりします。ドイツ人がある意味ここで一番まじめに見学していますよ。ガイドは普通3時間半くらいなのですが、ドイツ人は大体6時間コースです。うちの博物館のガイドで一番案内するのが大変なのがドイツ人相手で、妥協がない。めいっぱい、時間いっぱい、そして本当に細かく説明して。ドイツ人の案内人が一番大変です。ドイツからの訪問者は、昔から多いですね。来る時には、心の葛藤があるだろうけど、それでも来るからには6時間見学していく。

1970年12月7日、西ドイツのヴィリー・ブラント首相が首都・ワルシャワを訪問しポーランドとの国交正常化基本条約に調印。ユダヤ・ゲットー英雄記念碑の前でひざまずき黙祷をささげた様子は、石碑に残る

昨年末、終戦から75周年、この場所の解放から75周年の今年に先立ってメルケルさんが来て、きちんとこの歴史を伝えていくことが自らドイツのアイデンティティだと言ったんですよね。でもそれは簡単ではなくて、ここに来た時のスピーチでも、「ここでスピーチすることは私にとって簡単なことではない」って最初から述べてたし、それは彼女の雰囲気、様子を見ているとわかるし、嘘はつけないですよね。式典でまわりに生還者の方や関係者を前にして、ドイツ人代表としてすごくプレッシャーを感じているわけで。自分が戦争中にいたわけでもないのにそれを背負っているわけですから。やはりドイツの方々はここに来るまでにすごく葛藤がある、というのが自然だと思う。

戦争を知らない世代が戦争を伝える意味
体験していないから、できること。

ゲートの先には、75年前は小さな苗木だったという白樺の木が並んでいる

― 今年はアウシュヴィッツの解放から75年目の節目の年にあたるということですが、かつてガイドをしていた生還者の方はもう多くが亡くなられて、この場所を、今案内するのは全員戦争を経験していない世代だと伺いました。

そうなんです。かつてはここの職員やガイドは皆生還者でした。館長もそうでした。私がガイドになりたての頃も、何人かいらっしゃって。いつも案内していた人が一人いて。でももうその方も、もうもちろん亡くなって。私は幸運なことに、その彼に説明の仕方を教わったんです。今はそういった方がいないので、これからはその部分が問題で。ご存命の生還者の方が少なくなってきているので、それを結局テープにとったもの、もしくは本に書かれたものがこう、代わりになれるかどうか。それとも、戦争を経験していない私たちのような代弁者がその経験者の話を本当に伝えていけるのか。やっぱり思い上がってはいけなくて、たぶん無理だと思うんです。

― 戦争を経験していないから伝えられること、というものがあるとしたらどのような分部だと思いますか?

そうですね、この経験をした人は、目の前で起きたことを、自分の経験から一番ご存知なわけですけど、そのことがある意味では障害になって、全体像はなかなか見られなかったりすることがあると思うんです。アウシュヴィッツの生還者には、やっぱりここでどんなことがあったのかを伝えてもらうのが一番だと思うんですけど、それを受ける私たちは、なんでそんなことが起きてしまったのか、なかなか当事者では考える余裕がないことを問題提起して、伝えて、考えていくことができるんじゃないかと思うんです。ただ、何が起きたのかっていうのは、譲れない部分。一番大切なことで、やっぱりこの部分が揺らいでしまうと意味がない。

連行された人々が運ばれてきた貨車は、今も引き込み線上に

― 生還者の方のお話を直に聞いてきて、中谷さんは誰が、何を言ったのかという部分を、明確に伝えることが大切、とおっしゃっていて。人って、聞いた話を自分の言葉にして伝えてしまうようなところがあると思うので、そういった部分に特に気をつけるというのが、とても印象に残りました。

うちの幹部はそう指導していて、体験談を読む準備をしておいて、時には立ち止まって、その体験談を一ページ読み上げるのも大切だって指導を受けているんです。さすがに狭い空間をグループが連なっているあの条件の中では、なかなか難しくて、私がガイドをするのは日本人なので、アンネ・フランクと、コルベ神父と杉原さんっていうこのユダヤ人とポーランド人と、あとドイツ人だとヘス(※)に絞って話をしたり。この代表格を入れて伝えているんですけど、自分の言葉にしないこと、これは大切なところです。誰かが本当にそう言ったってことを伝えなくちゃいけないんですよね。あとは、ちょっと都合の悪い証言だってある。たとえば冬なんかはすごく犠牲者が増えたように思えますけど、ドイツは労働力を失いたくなくて建物の中に待機させたので、春になって暖かくなった方が収容所の中の死亡率は高くなったとか、そういうなんかちょっと都合の悪い真実があるわけですよね。そういったこともやっぱり勇気をもって伝えなくてはいけないし、形を整えてみんなが想像しやすいようなことばかり伝えると結局嘘をついちゃうことがある。わかりやすくするために、もっとも簡単な方法で伝えようとして、自分の言っていることを素直に理解してほしいので、自分でつくりあげていってしまうこともあるわけです。ガイドなんてしていると、私たちの置かれている条件がそうなりやすいわけですから十分気をつけないといけないと思っています。

(※)アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の所長を務め、ドイツ敗戦後に収容所内で絞首刑になった

生還者の方から教わったこと
歴史との向き合い方を知るためにガイドに

収容所内にあるガス室の入り口。訪問者たちも、このドアをくぐる

― 中谷さんは生還者の方からガイドの仕方を教わったということですが、具体的にどんなことを教えてもらったのでしょうか?

昔の新聞記者のようなところがあって、教えてはくれないんです。案内しろって言われるだけで。やってみろって。だから盗み見、盗み聞きですよね。案内している様子を見ながら。隣に立って聞いていたりしたら怒られますから。少し離れたところから、こう見ながら、どんな感じかな、雰囲気かなって話の内容を聞いてみたり。案内を始めてからは、時々厳しい一言を言われたり。案内が終わった後に、「中谷くん、そんな短い時間で案内しきれるの?」なんていわれてビクッとしたり。

― 中谷さんが案内している時にどこかから見ていたということですか?

見ていないふりをして。時々案内が終わった後に、「おまえもう終わったのか」なんて言われて。そういう瞬間瞬間。でも外国人は(当時)いなかったので、役得だった。生還者の方が地元の人やヨーロッパの人に話す内容と、僕に話す内容はちょっと違って、まず前提として、「君はわかっていないだろう」と。だから一から話すわけです。本当に丁寧に、小さな子どもに話をするように。でも、話をすると妙にスッキリするのか、すごく僕のことを好いてくれました。この方は、博物館の幹部でもあったんですけれども、厳しい人だったので、みんな怖がっているようなところもあって。誰かが彼と話をしようとすると、「中谷、きてきて」って僕を呼んで、僕を交渉役に向かわせるくらい(笑)。

「移住」という表向きの理由から鍋などの生活用品を持ってきたという話もある一方で、こうなることはわかりながら、子どもたちを安心させるために移住を装って、鍋などを持ってきたという話も

ただ、収容所で本当に人間の奥の奥を見たからか、その善悪の基準もちょっと人と違うようなところがあって、いきなり「あいつはちょっと悪いやつだな」と平然と言ったり。なんか私から見るとそんな印象はないのに、「あいつは何か悪いことをたくらんでるな」って。私にはわからない理由で、ある日突然「お前は嫌いだ」なんて言われたらどうしようとか、そういう緊張感はあるわけです。一応彼が亡くなるまでそういうことはなかったので、ホッとしています。

― 極限の経験をして、人の見えないような部分まで見えてしまって。

はい。生還できたのに背負いすぎて、みずから命を落とした人もいるし、社会に適応できない生還者もいたわけですよね。戦後、自分のような人間と結婚してくれるのかって、みんな心配になって、やっと結婚してくれる人がいたとか、子どもが生まれたらまともに育ったとか、そんなささやかなことを幸せのひとつとして挙げる人はすごく多いです。

ガイドとともに、現存するガス室の中に入る訪問者

ガイドの仕方を教えてくれたこの彼がどのような経験をしたのかも、伺ったけれども、彼がどう、この歴史と向き合っているかということを、そこの駐車場の長椅子で隣に座って易しい言葉でいろいろと、普段から話をしてもらっているうちに理解ができて、この経験はちょっと、言葉にするのは難しいのですが、それは体験談や本を開いて得た知識とは比べ物にならないくらいの蓄えにはなっています。

実は、ガイドの試験を受けた時に、「どう歴史と向き合って伝えようとしているのか、勉強させてほしい」と伝えてここに入ったのですが、そう思っているのは今も変わらないんです。ポーランド人のこの歴史との向き合い方、ユダヤ人から聞いた感覚とか、今のドイツの人たちのふるまいなんか見ていると、そうか、こういう関係で戦争の傷跡を癒していくんだなってことを観察させてもらったり。日本人の方に伝えるときも、それは心に秘めながら説明しています。

日本人としてこういったヨーロッパの歴史を見ることにどのような価値がありますか、と質問する日本人の方もいて。確かにヨーロッパの歴史ではあるけれどもここに至るまでのプロセスとか、迫害のきっかけとなった最初の排他的な声とかヘイトスピーチとか、日本も戦争に参加していただろうとか、そういった暗く厳しい悲惨な歴史に、それぞれがどう向かい合っているのか、関心をもっていただければと思っています。

>> ポーランド国立アウシュヴィッツ博物館の公認ガイド 中谷剛さんインタビュー後半はこちら

プロフィール
中谷剛(なかたに・たけし)

1966年兵庫県生まれ。1991年よりポーランドに居住し、1997年ポーランド国立アウシュヴィッツ博物館の公認ガイドの資格を取得。現在、同博物館で唯一の日本人ガイドを務める。通訳・翻訳家。著書に『ホロコーストを次世代に伝える』(岩波ブックレット)がある。


戦争を体験していない世代が戦争や歴史を伝えることの意味、今、私たち一人ひとりができることのヒントを伺ったインタビュー前編に続き、後編では、アウシュヴィッツの生還者の方々がどのように過去を見つめているのか、また各国や私たち一人ひとりは、どのように過去と向き合いながら未来を築いていくことができるのか、お話を伺います。

写真/文責:国連UNHCR協会

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する