国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める

SNS 2016年6月の注目投稿!サトちゃん_正面

みなさまこんにちは。

いよいよ夏本番を迎えますね。

楽しいイベントは盛りだくさんですが、夏バテにはくれぐれもご注意を!

 

今回ご紹介するのはFacebook、Twitterの6月注目投稿です。

6/20には難民の日を迎え、国連UNHCR協会のSNSページも大いに盛り上がりました!

まずは、Twitterから人気記事2本を紹介します。

 

強い眼の少女(Twitter 6月12日)

こちらを凛としたまなざしで見つめる一人の少女。T20160608【強い眼の少女】

その瞳は、多くの苦難を乗り越えた強さを感じさせます。

 

 

「難民の子どもは夢を見られない?」

 

 

「難民だから」といって子どもたちが夢がない、なんてことはありません。彼らにも普通の子どもたちと同じように、無限大の可能性があります。

 

記事はこちら

 

イラク・モスルから避難した家族(Twitter 6月23日)

一見、夏の帰省にでT20160603【イラク・モスルから避難した家族】 (2)も見られるような、仲の良いおじいさんと孫の様子。しかし、このおじいさんの息子は戦禍から逃れる際に殺されてしまいました。

 

せめて孫には安全で、安心できる暮らしをさせてやりたい…!写真からも、おじいさんの孫に対する愛情を感じますね。

 

記事はこちら

 

サトちゃん_花束(返信文用)6月20日は「世界難民の日」!

6月20日は、世界難民の日でした。

この日は難民の保護と援助に対する世界的な関心を高めるため制定されたものです。国連UNHCR協会の公式SNSでは6月20日~6月22日に渡って、難民に関わる有名人を特集しました。

 

その他にも、注目記事が目白押しの6月。

なかでも特に反響が大きかった、Facebookの人気記事2本を見てみましょう。

難民の日特集:声なき声の代弁者たち(Facebook 6月21日)

スライド1難民の方々は、特別な人たちでしょうか。

私たちはその人たちを前に、無力なのでしょうか。

 

 

「それは違います。」

 

 

こう語るのはハリウッドで活躍中の、ケイト・ブランシェットさんとベン・スティラーさん。お二人のメッセージをぜひお聞きください。

 

ケイト・ブランシェットさんの動画付き記事はこちらから

ベン・スティーラーさんの動画はこちらから

手をつなぐと殺された(Facebook 6月12日)

世界的に関心を集めるLGBT(性的少数者)の問題。FB20160612【手をつなぐと殺された】

難民の視点からLGBT問題を扱ったこの記事は、斬新であったかもしれません。

 

故郷では、あるがままの自分を誰にも受け入れてもらえない…様々な人が共存できる、寛容な社会が一刻も早くできるように、願ってやみません。

 

記事はこちら

 

 

 

いかがでしたか?フルミ_正面

今回はFacebook、Twitterともに特に人気の高かった記事を2本ずつ紹介させていただきました。6月はこの他にも、「この人も難民だった!?(6月20日)」や「Dear my hero -Father’s Day(6月19日)」などの記事も好評でした。

 

国連UNHCR協会ではFacebook、Twitter、LINEを通じてみなさまに興味を持っていただけるような記事を作成していきます。今後ともご支援よろしくお願いいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

サトちゃん_のぞく国連UNHCR協会公式SNSはこちらからチェック!

Facebook:https://www.facebook.com/japanforunhcr/?ref=hl

Twitter:https://twitter.com/japanforunhcr

 

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する