国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める/イベント

2016年6月20日 世界難民の日
国連UNHCR協会関連イベントのお知らせ

6月20日は国連総会で制定された「世界難民の日(World Refugee Day)」です。国連UNHCR協会では、さまざまなイベントや企画を主催・協賛等させていただきます。
この日をきっかけに、より多くの方が難民支援について知っていただければ幸いです。

新ウェブサイト「つなごう難民プロジェクト」

つなごう難民プロジェクト・イメージ国連UNHCR協会は、6月20日の「世界難民の日」に新サイト「つなごう難民プロジェクト」を開設いたしました。スマートフォンであなたが撮影した動画が難民の動画と一緒に動き出し、難民の方たちと笑顔でつながるサイトです。
サイトに登場するのは、ヨルダンにあるザータリ難民キャンプで暮らす人々です。彼らの笑顔と前向きなエネルギーに触れれば、難民は決して特別な人ではなく、あなたと同じ、今を生きる仲間ということを実感していただけるでしょう。

※こちらのサイトは終了いたしました。

国連難民支援キャンペーン会場で「1分で知る難民のこと」をお配りします

1分で知る難民のこと イメージ画像全国各地の国連難民支援キャンペーン会場で「1分で知る難民のこと」をお配りします。写真のように組み立てて飾ることができ、中には難民支援・難民問題に関するコラムやエピソードが掲載されています。

興味のある方は、お気軽にキャンペーン・スタッフにお声がけください!

6/22(水)SUGIZOさん×佐藤慧さんトークイベント

SUZIZOさんイメージ国連UNHCR協会は、日頃より難民支援活動にご協力をいただいているミュージシャンのSUGIZOさんとフォトジャーナリストの佐藤慧さんによるトークイベントを開催いたします。
お2人は今年3月にシリア難民が生活するヨルダンの難民キャンプを訪れ、音楽と写真を通じて難民との交流を深めました。通常はアクセスが厳しく制限されている難民キャンプで体験したこと、感じたことをお話しいただきます。また、ヨルダンに同行した当協会広報委員の武村貴世子さんが司会を務めます。会場では佐藤慧さんが現地で撮影した写真を展示いたします。

※こちらのイベントは終了いたしました。
イベントのレポートを公開しておりますので、ぜひご覧ください。

国連難民支援キャンペーンでVR(バーチャルリアリティ)が体験できます

難民キャンプを訪れようポスター国連UNHCR協会では、商業施設や公共スペースなどで、国連難民支援キャンペーンを実施しています。この期間、ヨルダンのザータリ難民キャンプの模様をVRで体験していただける会場がございます。

※こちらのイベントは終了いたしました。

6月18日(土)世界難民の日特別企画
「難民を知る2016~内戦を逃れて~」(札幌)

難民を知る2016ポスター
札幌では、今年もJICA北海道と共催で世界難民の日特別企画として「難民を知る2016~内戦を逃れて~」の開催が決定いたしました。
今回は、第10回難民映画祭でも上映された映画「グッド・ライ ~いちばん優しい嘘~」上映の他、NPO法人 ルワンダの教育を考える会理事長 永遠瑠(とわり)マリールイズ氏のトーク・イベント、ロビーでは写真展、難民キャンプバーチャル体験展示なども開催いたします。

※こちらのイベントは終了いたしました。

6月18・19日「世界難民の日」スタンプラリー(イオンレイクタウン)

「世界難民の日」目前の6月18・19日の2日間、国連UNHCR協会は、長きにわたり難民問題に大きな関心を寄せ「国連難民支援キャンペーン」をご支援くださっている、イオンモール株式会社様と共同で「世界難民の日」スタンプラリーを通じて、難民問題やUNHCRの活動についてご紹介します。
埼玉県越谷市にある国内最大のエコ・ショッピングセンター イオンレイクタウンで、世界の難民問題について広く知っていただくため、kaze・mori・OUTLETの3館、各2か所に設置した特設ブースを回遊してクイズに答える難民問題ワークショップを開催。難民について親子で考える機会となります。

※こちらのイベントは終了いたしました。

難民を支援する世界のサポーターたち

ケイト・ブランシェット

→ ケイト・ブランシェット、UNHCRの親善大使に

ベン・スティラー

→ ベン・スティラーが会った難民の家族

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する