国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める

 

サトちゃん_顔だけSNS 2月の注目投稿!フルミ_手で指す

みなさん、こんにちは!

だんだんと 暖かくなってきましたね。花粉症の方には辛い時期でしょうか…

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、風邪を引かないように 気を付けて下さいね。

それでは、毎月恒例の【SNS注目投稿】をお知らせしたいと思います!

2月は、先日行われた東京マラソン、NHKスペシャル「難民大移動 危機と闘う日本人」の放送がきっかけで、より多くの方々にUNHCRの活動に知ってもらうことができたのではないでしょうか。 そんな中、どんな記事に注目が集まったのかを見てみましょう!

まずはFacebookから!サトちゃん_棒

サトちゃん_のぞくテントにも、寝袋にもなるコート?! (2/9)

見た目はごく普通のコート。テントにも寝袋にもなるとは一体…?

 

コート

 

難民の人は、避難生活の中で外で寝ざるを得ないときがあります。その時、このコートは寝袋へと変化し、またテントとして張ることもできるのだとか。ロンドンの学生たちが、難民の人たちのためにデザインしたこのコートが、多くの難民の人を支える力となりますように…

 

 

(元記事はこちら:https://www.facebook.com/japanforunhcr/posts/1255140104541608

ロヒンギャという存在 (2/17)フルミ_顔だけ

みなさんは、「ロヒンギャ」という言葉をご存知でしょうか。

 

B【ロヒンギャ】

 

ミャンマーやバングラデシュ国内に住む少数民族のことで、彼らの多くは国籍を認められていません。

国籍が認められないことにより、さまざまな弊害を抱えています。

お腹の大きなお母さんと、そこから離れようとしない小さな男の子の行く末はどうなるのでしょうか。

 

(元記事はこちら:https://www.facebook.com/japanforunhcr/photos/a.478376065551353.1073741828.475681929154100/1259144100807875/?type=3&theater

シリア –廃墟に帰る- (2/23)サトちゃん_涙

荒れ果てた街。ここはシリア西部に位置するホムスです。

 

B【シリア】

かつて、多くの人で賑わった街は その面影を全く持たないほど姿を変えました。それでもまだ、ここで生活を続ける人や、避難しても、またいつか ここで生活することを夢見ている人がいます。

約3分30秒の動画の中に、希望を捨てずに生きる難民の人の物語があります。

ぜひ一度、ご覧ください。

 

元記事はこちら:https://www.facebook.com/japanforunhcr/videos/1263048500417435/

NHKスペシャル「難民大移動 危機と闘う日本人」(2/28 放送)サトちゃん_へ~顔

Facebook等でお知らせした NHKスペシャル「難民大移動 危機と戦う日本人」。

 

NHK

 

ヨーロッパで急増する難民の対応をしている、UNHCRの日本人女性職員の活躍が放送されました。

「日本の女性はたくましい。」「素晴らしい。応援しています。」等のあたたかいメッセージをいただきました。

これからも引き続き、UNHCRの活動にご関心をお寄せ下さい。

 

(元記事はこちら:https://www.facebook.com/japanforunhcr/posts/1266497480072537
いかがでしたでしょうか。この他にも、特にシリアのホムスに関する記事に注目が集められ、現地の様子を多くの方に伝えることができたのではないでしょうか。

続いて、Twitterをチェック!

裸足にクロックス (2/14)フルミ_正面

真冬の寒い時期、裸足にクロックスを履いている少女。

 

B【クロックス】

 

「どうして?こんなに寒いのに。」そう聞かれた少女は

「持っているもの、すべてを着ているわ。」と悲しそうに答えました。

着の身着のまま避難してくる人々。

その現実を、幼い少女ふたりの写真から突きつけられました。

 

(元記事はこちら:https://twitter.com/japanforunhcr/status/698643026583941124/photo/1

サトちゃん_物資運び おやすみ! (2/8)

寝袋にくるまって一緒に寝る兄弟、AhmedとHani。

 

B【おやすみ】

UNHCRは、今年の冬も難民の人が暖かく生活できるように毛布や寝袋を提供しました。

皆さまのご支援のおかげで、AhmedとHaniもあたたかい状態で眠りにつくことができました。

かわいらしい寝顔姿に、思わず いいね!を押したくなりましたよね。

 

(元記事はこちら:https://twitter.com/japanforunhcr/status/696679952264069120/photo/1

 

 

以上、2月のTwitter注目投稿でした。

2月のSNS投稿は、1月に引き続き 寒い日が続く難民支援の現場や、荒れ果ててしまったシリアの実際の様子など、現地情報をリアルタイムでお届けすることができたのではないでしょうか。

私たちは、これからもLINE、Facebook、Twitterを通して

みなさまに詳しく、より新しい情報を提供できるよう務めてまいります。

これからも、国連UNHCR協会公式LINE、Facebook、Twitterをよろしくお願いします。


国連UNHCR協会のSNSをチェック!サトちゃん_棒

公式 Facebook :https://www.facebook.com/japanforunhcr?fref=ts

公式 Twitter:https://twitter.com/japanforunhcr

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する