国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める/イベント

第87回メーデー中央大会に参加!!!

2016年4月29日(昭和の日)に第87回メーデー中央大会が代々木公園で行われました。

「支えあい助け合う心をひとつに力をあわせ、暮らしの底上げを実現しよう!」という今年のテーマのもと、連合の関係団体やNGO/NPOなどから約4万人が集まりました。

国連UNHCR協会もメーデー中央大会に出展

国連UNHCR協会は、連合「愛のカンパ」を通めーでーpicじてUNHCRの活動を毎年支援していただいているご縁から、毎年メーデーに出展しています。

今年の国連UNHCR協会のブースでは、大学生インターン・ボランティアが企画・運営を担当し、難民の写真展とUNHCRのロゴマークのパズル作りという2つのコーナーを設けました。特にパズルのコーナーでは完成までのタイムを競ってもらい、子どもから大人まで幅広い年代の方々に楽しんでいただきました。なかには2回もパズルにチャレンジした子どももいました。街中でUNHCRのロゴを見かけたとき、「あの時のパズルだ!」と思い出していただけたら嬉しいです。

募金集計額:8、910円

ご協力、誠にありがとうございました!

「人を守る人の手」

めーでーpic ①皆さんは、UNHCRのロゴをイメージできます
か?

時には、ロゴを目にすることがあるかもしれませんが、今回パズルにチャレンジしていただいた多くの方は完成までに苦戦していました。なんとなくイメージしていたUNHCRのロゴと実際のロゴとの間にあるギャップ…。今回、目で見て、手で触れてUNHCRのロゴをパズルを通して体感したことで、改めて実際のロゴを知り、なぜこのロゴなのだろうと疑問に思った方もいるかと思います。UNHCRのロゴは難民を人の手で包み込んだ形をしており「人を守る人の手」を象っています。

「人を守る人の手」…。厳しい環境の中で生活している難民は人によって守られるべきであり、守らなくてはいけません。これからも様々なイベント等を通して多くの方々にこのロゴの意味を知っていただき、難民支援の輪を広げていきたいと思います。

 

 

*「ご寄付でできること」について詳しくはこちら

*「UNHCRの活動」について詳しくはこちら

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する