国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める

サトちゃん_へ~顔2015年 SNS注目投稿!フルミ_手で指す

みなさま、新年あけましておめでとうございます!

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は、2015年度に投稿されたSNS投稿の中から、注目を集めた記事をご紹介させて頂き

2015年を振り返ってみたいと思います。

一体どんな記事に注目が集まったのでしょうか…!サトちゃん_顔だけ

まずは、Twitterの中から3つをご紹介!!

シリア危機 (9/5 Twitter)サトちゃん_涙

シリアで内戦が勃発したのは2011年3月。あれから5年が経過しようとしています。

シリア内戦勃発以来、推定22万人の命が奪われ、約1200万人が避難を強いられました。

2015年12月現在、シリア人の2人に1人が避難に追い込まれているという緊急事態が続いています。

2015年で最も注目されたのは、そんなシリア難民への緊急支援を呼びかけた記事でした。

 

シリア

戦が起こるまで、世界で最も多くの難民を受け入れてきた国のひとつだったシリア。

しかし、2015年現在、難民の数が最も多い国となってしまいました。

UNHCRは、シリア難民の緊急援助をおこなう他、シリアの国内避難民への保護・支援などもおこなっています。

元記事はこちら:https://twitter.com/japanforunhcr/status/639933924550905856

サトちゃん_のぞく寒さの中にも (1/23 Twitter)

続いて注目されたのは、シリア難民のキャンプ内の様子を伝える記事。

冬は雪と寒さに襲われるシリアとその周辺国ですが、テントの中は配給されたストーブでぽかぽか。

df6438cc6d2e33e093d1565d174914e4-256x188

 

 

「凍える寒さの中にも人々の温かなつながりがある。」

5人の子どもの、かわいらしい笑顔に、こちらの心まで温かくなりそうな一枚ですね。

 

UNHCRの支援について:http://www.japanforunhcr.org/unhcr/emergency/

 

元記事はこちら:https://twitter.com/japanforunhcr/status/558617716836532224

世界難民の日 (6/20 Twitter)フルミ_顔だけ

そして、最後にご紹介するのは6月20日「世界難民の日」をお知らせした記事。

2014年だけで、1390万人もの人々が新たに避難を余儀なくされました。

 

5388397ab1d814f38a5f57809f446e7e-189x188

「故郷を追われ避難を余儀なくされた人の数が、UNHCRが統計を取り始めてから最多となったことが発表されました。」

ひとりでも多くの方に、難民について知ってもらうことで、難民支援への理解を深めてもらい、より多くの協力が得られることを願っております。

より詳しく知りたい方はこちら:http://www.japanforunhcr.org/unhcr/refugees/

 

元記事はこちら:https://twitter.com/japanforunhcr/status/611881208864227328

 

 

 

以上、Twitterでの2015年注目記事3選でした。

シリア難民を中心とした記事に注目が集められ、たくさんの方にとって難民支援に参加するきっかけになったのではないでしょうか。

 

続きまして、Facebookの中から最近注目を集めた記事を1つご紹介します!

女子教育は死亡率を下げる! (12/16 Facebook)フルミ_正面

「一体どういうことだろう?」と引き付けられた方も多いのではないでしょうか。

 

FB20151216女子教育は死亡率を下げる!

「読み書きができるお母さんに育てられた子どもは、読み書きができないお母さんの子どもより5歳の誕生日を迎えられる確率が50%も高い。」

そもそも、難民の子どもの50パーセントは小学校へ通うことができず、特に女の子は学校へ通う権利を奪われる状況下にいることもあります。

UNHCRは、女子教育の重要性を広める活動もおこなっております。

UNHCRの教育支援について:http://www.japanforunhcr.org/archi

ves/1405/

 

元記事はこちら:https://www.facebook.com/japanforunhcr/photos/a.478376065551353.1073741828.475681929154100/1226366450752307/?type=3&theater

いかがでしたでしょうか?

「難民支援」が緊急避難時の援助に限らず、その後の教育の機会生活環境の改善でもあることが伝わる記事だったのではないでしょうか。

私たちは、これからもLINE、Facebook、Twitterを通して

みなさまに詳しく、より新しい情報を提供できるよう務めてまいります。

これからも、国連UNHCR協会公式LINE、Facebook、Twitterを、よろしくお願いします。


国連UNHCR協会のSNSをチェック!

公式 Facebook :https://www.facebook.com/japanforunhcr?fref=ts

公式 Twitter:https://twitter.com/japanforunhcr

 

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する