国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める/支援の現場から

SNS 11月の注目投稿!

みなさま、気温が急激に下がり、体調管理はできていますか?

あと1か月も経たないうちに、2016年が始まりますね。

みなさま新年を迎える準備はできていますか。

 

 

2015年全体を振り返る…その前に、2015年11月を振り返っていきましょう!

今回の「SNS11月の注目投稿!」では、FacebookとTwitterを3つのトピックに分けて、計6本の記事をご紹介します。

これからも、国連UNHCR協会公式LINE、Facebook、Twitterを、よろしくお願いします。

親とはぐれた子どもたち

サトちゃん_涙中東からヨーロッパへ目指すなかで、

親とはぐれてしまう子どもの増加が大きな問題になっています。

詳しくは国連UNHCR協会HPでも説明されています。

ぜひチェックしてみてください:http://www.japanforunhcr.org/archives/5355

 

そんな子どもたちの悲しさを紹介した2つの記事が注目を集めました。

・ママ、パパ…どこにいるの?(11/16 Facebook)

Roni親とはぐれてしまう子どもが増えています。

UNHCRは、子どもの保護、ケア、家族との再会のため、安全に暮らせる施設を提供しています。

これ以上、避難途中に親と離れ、Roniのように涙を流す子どもを生み出さないために…

 

元記事はこちら:https://www.facebook.com/japanforunhcr/videos/vb.475681929154100/1214391978616421/

・孤独な子どもたち(11/13 Twitter)

 

サトちゃん_へ~顔電車の窓からこちらを見つめる子どもたちの傍には、親の姿はありません。この子たちは、どこへ向かっているのでしょうか?行きついたその場所で、安全な生活を手に入れることができるのでしょうか?

 

""T20151113-②孤独な子供たち「2014年以降移動中に親とはぐれてしまった難民の子どもが急増しています。ハンガリーでは去年の10倍に増加しました。頼る人がいない子どもたちはケアや家族との再会のための支援を必要としています。♯RTも価値ある貢献 となります! 」

 

元記事はこちら:https://twitter.com/japanforunhcr/status/665152189426479104

中東の冬

サトちゃん_物資運び日本でも寒さが深まり、冬服のコートを出したり、コタツやストーブを準備した方も多いのでは? 本格的な冬が近づく中東の国々では、去年の冬を教訓に、UNHCRとパートナー団体による冬の支援が急がれています。

「シリア緊急事態:防寒支援が急務」と題して、国連UNHCR協会HPでも紹介されています。

ぜひ一読ください!https://www.japanforunhcr.org/archives/4746

・中東からのメッセージ(11/3 Facebook)

T20151103-2中東からのメッセージ

「冬が来てからでは遅いのです」

本格的な冬が始まり、雪が積もり始めれば、支援はより難しくなります。

そんな危機的状況と支援のお願いが、UNHCRヨルダン事務所から届きました。

 

元記事はこちら:https://www.facebook.com/japanforunhcr/videos/vb.475681929154100/1210304629025156/

・あの冬から1年(11/14 Twitter)

この写真は2014年の冬、シリア国内の避難民キャンプで撮られた写真です。この子たちは、笑いながらUNHCRから支援されたヒーターを囲んで過ごしました。

今年新たに避難生活を強いられた人々が、暖かい環境で無事に冬を越せるよう、ご寄付をお願いいたします。

 

T20151114-②【あの冬からから1年】

「あの冬から約1年…1つのストーブの周りで笑いあいながら寒さを凌ぎました。新たに難民となった子どもたちが今年の冬を乗り切るには皆さまからのご支援が必要です。現地の様子はこちらから:https://youtu.be/lRo2EYc4uWg

 

元記事はこちら:https://twitter.com/japanforunhcr/status/665514547806081026

Facebook&Twitter No.1

いいね!やリツイート、シェア数を比較して、

11月に投稿された約100本のFacebook&Twitter記事から2本をご紹介!

・今週の一枚:娘を守りたい(11/16 Facebook)フルミ_顔だけ

FB20151116-①娘を守りたい

なんと、400以上のいいね!をいただいたこの記事は、毎週月曜朝に投稿している「今週の一枚シリーズ」からの記事です。

子どもを思う親の気持ちは世界共通なのではないでしょうか?寒さが本格化する中で、親子の仲が引き裂かれないよう、みなさまの温かいご支援が必要です。

 

元記事はこちら:https://www.facebook.com/japanforunhcr/photos/a.478376065551353.1073741828.475681929154100/1214393838616235/

サトちゃん_顔だけ難民の半分は子ども(11/15 Twitter)

sunsetこちらも、なんと140のリツイートに加え、

50以上のいいねをいただきました。ありがとうございます!

夕日をバックに笑顔をこちらに向ける子どもたち。世界の難民の半分が彼らのような18歳未満の子どもたちです。可能性溢れる子どもたちが、この笑顔を失わずに、前に進んで行けますように…

 

「皆さま、世界の難民の半分以上が18歳未満の子どもであることをご存知でしたか。厳しい避難生活に置かれた子どもは最も保護と支援が必要な存在です。子どもの未来が悲しい風景で溢れないよう、皆さまの寄付で希望を与えてください。

元記事はこちら:https://twitter.com/japanforunhcr/status/665877136398512130

 

 

いかがでしたか?

11月は「子ども」や「冬」に関しての記事に、みなさまから反響を多くいただけたようです!

その他にも、アントニオ・グテーレス国連難民高等弁務官の来日や、支援物資がどのように難民のもとへ届けられるかなどの記事を、国連UNHCR協会のTwitter上では取り上げました。

Facebookでは、Facebook創設者のマーク・ザッカーバーク氏が発表した難民へのインターネット支援や、「UNHCRと世界一周」と題して各大陸の難民問題に関して特集しました。

ぜひチェックしてみてください!

 

2015年の残りの1か月も毎日発信していきますので、引き続きチェックしてくださいね!

 

国連UNHCR協会のSNSをチェックしたことがない方はこちらから→

公式 Facebook https://www.facebook.com/japanforunhcr?fref=ts

公式 Twitter:https://twitter.com/japanforunhcr

フルミ_指差しサトちゃん_棒

 

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する