国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める/みんなの声

宮田 佳樹:中央ヨーロッパ大学
公共政策学部修士課程在籍

Voice_Miyata_resizedweb

インターン期間:2015年6月~9月

約3ヶ月の間、私はインターン生として、国連UNHCR協会の活動に携わることができました。「インターン生として何ができるのだろう」という心配もありましたが、難民支援のためにすこしでも貢献できるように努めました。

 

私に与えられた業務はオンラインの媒体を通した広報活動です。「一人でも多くの人に世界の難民問題を知ってもらいたい」「難民支援の輪に加わってもらいたい」との思いを胸に、配信する情報の一文、一言に思いをこめて、広報資料を作成しました。

 

資料や文章を読んで下さった方の反応を見たとき、「ひとつの文章を書いてアプローチできる人はごくわずかだが、それでも誰かに知ってもらうことができるんだ」と感じ、世界規模の難民問題の状況も、一人ひとりの努力の積み重ねによって変えていくことができるはずだと思いました。

 

世界が直面する大きな課題に対して臆することなく地道な活動を続けていくことの重要性と、また「難民問題を解決したい」と思っている人々の力を糾合していくことの必要性を痛感したインターンの期間だったと思います。

 

3ヶ月の短期間の活動でしたが、自分自身の難民問題に関する知見を深めることができました。微力ではありましたが、少しでも国連UNHCR協会の活動に貢献し、難民支援の輪に携わることができたことに大変感謝しています。

 

難民として避難しなければならない人が安心して生活できるようにまで、自分自身がいる立場で支援の輪に加わり続けたいと思います。

 

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する