国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援の現場から/よくあるご質問

支援のゆくえ

シリアで紛争が始まってから4年が経ちました。

紛争の長期化によって、近隣諸国へ避難する人は後をたちません。故郷を離れ、先の見えない状況での生活は不安でいっぱいです。
そんな中、皆様からいただく温かいご支援は、人々に希望と安心感をもたらします。

いただいたご寄付が何に代わり、難民のもとに届けられているのか、
今回はそのゆくえについてお話ししたいと思います。

 

 

故郷から逃れた人々がキャンプにたどり着き、これから難民として生活を始める時、どのような物資が必要になるでしょうか?

UNHCRでは皆様からいただいたご支援のもと、主にテント、シェルター、食糧、水、生活用品などの物資を配給しています。

 

配給されている一部の物資をご紹介したいと思います。

(以下のこちらサイトを参照)

 

毛布シートマットキッチンまとめ (1)

 

①名称:Medium Thermal Blankets
ご寄付836円=毛布1枚(US$1=121円)
薄手ですが保温性は高く、身体を覆うことができる大きさです。他に厚手のフリース素材の毛布もあります。

②名称:Plastic Tarpaulin Sheets
ご寄付1779円=シート1枚(US$1=121円)
サイズは幅4m×長さ5mあり、地面に敷くだけでなく、日よけや防寒対策のためなど様々なかたちで使われています。

③名称:Synthetic Sleeping Mats
ご寄付302円=マット1枚(US$1=121円)
床に敷き、寝る時のマットレスとして使われます。

④名称:Kitchen Sets
ご寄付3151円=1セット(US$1=121円)
生活をしていく上で、調理器具や食器は欠かせません。様々なかたちの器具がセットになっています。

いただいたご寄付は様々な支援物資となり、その地域の状況や地形、天候などのニーズに合わせ、また女性や子ども、社会的に立場の弱い人にも支援が行き届くようにUNHCRが責任を持って運んでいきます。温かいご支援のおかげで、多くの難民の生活が支えられています。

 

一方で、紛争の長期化や地域情勢の悪化などにより避難民の数は日々増え続けています。

毛布3,634,000枚
シート1,506,500枚
マット2,780,000枚
調理器具1,000,000セット

これらの数字は、シリアとその周辺国において今もなお必要としている物資の数です。

 

子ども

 

シリア難民は4年間で390万人以上。
紛争は終わりを見せず、避難民の数は増える一方です。
まだまだ皆様のお力が必要です。今後もご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

ご支援はこちらから
 

国連UNHCR協会は難民に関する情報を随時配信しております。是非こちらもチェックしてください!
国連UNHCR協会公式Twitter:https://twitter.com/japanforunhcr
国連UNHCR協会公式Facebook:https://www.facebook.com/japanforunhcr
You Tube 国連UNHCR協会公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/JapanforUNHCR/

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する