国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める/よくあるご質問

毎月の支援ってなんで大事なの?

国連UNHCR協会では、毎月のご支援でUNHCRとともに故郷を追われた人々を守る「国連難民サポーター」を募っております。

毎月のご支援をしていただける皆様には、任意で設定した定額を、毎月ご寄付いただいています。一度お申込みいただくと、クレジットカードや口座からの自動引き落としされます。ご支援者の皆様に、毎月の手続きなどのお手間は全くかかりません。また、寄付額や引き落としの方法の変更、ご寄付の停止はいつでも簡単にご連絡いただけます。

毎月のご寄付の重要性:3つの理由

難民を支援するために、定期的な支援が大変に重要です。

その理由は

があげられます。

① 途切れのない難民支援

紛争などで避難せざるを得なかった人々が、故郷に帰れるようになるまでには、長い月日がかかることがあります。どれくらい時間がかかると思いますか?半年?1年?状況により短期間で帰還できることもありますが、避難生活が十数年以上に及ぶこともあります。難民の帰還やまた第三国定住を支援するためには、息の長い支援が必要です。

また、難民キャンプでの物資提供も毎月行わなくてはいけません。たとえば、水や食糧です。命を繋ぐために必要なもの。1回限りの支援では、難民の生活はたちまち困窮してしまいます。長引く紛争で増え続けているシリア難民への食糧支援が、資金不足により、1人当たりの提供量が減量されてしまうこともあるのです。多くの子どもが難民として生活しています。成長期の子どもたちにとって、十分な栄養はなくてはならないものです。

② 緊急支援への対応

突発的な戦闘の発生で、緊急に支援が必要になることがあります。そういった状況に対応するために、物資や支援を準備しておく必要があります。問題が発生してから募金を募り、物資を用意し、提供していたのでは、守ることができない命があります。

2017年5月、中央アフリカ共和国で、戦闘の激化により、難民の数が急増しました。難民の生活を支えるため、UNHCRは速やかに緊急支援キットを現地で提供しました。こうした支援をするためには、緊急時のための準備が重要です。毎月のご支援があれば、常に物資を準備して、緊急事態に備えることができ、難民や避難を強いられた方々に、いち早く支援を届けることができます。

③ 長期の資金計画

支援の中には、特に長期の資金計画が必要なものがあります。学校教育の支援もその一つです。教員や教材の確保、運営費などは、長期的な資金計画なしでは、賄えません。多くの場合、学校を作る以上に、運営する方にお金が必要です。一部の子どもの難民は貧困が原因で、学校に通えなくなっています。特定の世代が学校に通えなくなると、その世代が「失われた世代」になってしまい、国の長期的な発展に多大な影響を及ぼします。また、子どもたちは、どんなに大変な境遇でも、「学校に行きたい」と思っています。

安定した毎月のご支援・ご寄付があることで、UNHCRは支援計画の展望を描くことができ、その展望には子どもたちの未来も含まれているのです。

想像してみてください。一般の家庭でも「来月の収入がどれぐらいか分からない」という状況に陥ったら、家計運営は極めて難しくなってしまいます。それはUNHCRにとっても同じです。来月、来年の資金が分からないと、来月、来年にどんな支援を難民に届けられるか、計画が立てられないのです。

日本から難民への安定的な支援の流れを作るため、国連UNHCR協会では、多くの方に毎月のご寄付に参加いただき、「国連難民サポーター」になっていただけるように、お願いをしています。どうぞ今、温かいご支援をいただけないでしょうか。

毎月のご支援はこちらから

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する