国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援の現場から

数千人が中央アフリカからカメルーンへ避難

中央アフリカ共和国における暴力行為の再開によって中央アフリカ人5,000人が国境を越え、カメルーンに逃れています

安全を求めてカメルーンへ避難する中央アフリカの子どもたち

中央アフリカ共和国の国境沿いにあるカメルーン東部の小さな町、ガルア・ブライのホテルのバーに腰掛けながら、ある中年男性が深刻な電話をしています。わずか数週間前、彼は中央アフリカのブアルという町の議会選挙の候補者でした。

ガルア・ブライ(カメルーン)2021年1月19日 ― 暴徒による襲撃と暴力によって、彼の選挙運動は終止符を打たれました。農家、商人、公務員を含むこの町のたくさんの住人と共に、彼はカメルーンを目指して逃れなければなりませんでした。

「今、私は立ち往生しています。道路が閉鎖されているのです」とその男* は説明します。彼は今、中央アフリカの首都バンギに戻るフライトを探しています。

カメルーンの道路脇に停車していた多数の貨物トラックが示しているように、カメルーンのドゥアラ(*カメルーン最大の都市)とバンギの間を通る主要道路では、数週間すべての交通が封鎖されています。

12月下旬、選挙に伴う暴力行為により、中央アフリカ人約6万人が安全を求めて近隣諸国へ避難を強いられました。

ほとんどがコンゴ民主共和国に逃れる一方、難民約5,000人が一般道路や武装グループを避け、奥地を通って隣国カメルーンへの長い徒歩の旅を経験しました。さらに数千人がチャドとコンゴ共和国へ避難しています。

ニンドゥ・メリーナは、ガルア・ブライから新たにたどり着いた難民のうちの1人です。彼女は中央アフリカ西部のバブアから60キロメートルを彼女の幼い家族と共に徒歩で移動し、UNHCRの登録のためにやって来ました。

動画:カメルーンからのレポート
「彼らは大きな武器を抱えてボウラを侵略し攻撃したのです」

(動画の設定で字幕をオンにしていただければ、日本語字幕が表示されます)

「12月19日以降、(40キロメートル離れた)ギャロから逃れるタクシーを目にするようになりました。彼らはバブアへの旅の途中に反乱者たちがいると私たちに教えてくれました。12月21日、私たちは子どもたちと共に徒歩で出発しました」と彼女は語りました。「私たちは歩かねばなりませんでした。奥地で乗せてもらえる車はもはやなかったので。私たちはひたすら歩き、この足でガルア・ブライへ行きました。」

「私たちは歩かねばなりませんでした。奥地で乗せてもらえる車はもはやなかったので」

今、メリーナは故郷の国へ戻ることを想像するのは困難だと分かっています。そして、彼女と家族が平和に暮らせる、どこか別の場所へ行く心づもりをしています。

国境から車で30分、ガド難民キャンプには、2014年のかつての暴力行為から逃れた中央アフリカ難民2万6,000人がすでに暮らしています。新たな到着者を収容する緊急シェルター300張を建てるために大工のチームが尽力していますが、地元コミュニティに避難しなければならない人々もいるでしょう。

「私にはたくさんの子どもがいます。お金は全くありません。どうやって私が住居費を払うのでしょうか?私はむしろガドへ行きます。ガドで住み家が見つかるか?食べ物は?分かりません、分からないのです。子どもたちと共に、ここで食料を見つけるのは少々難しいです」とジョセフィン・オマールは言います。彼女もまた、ブアルの戦闘から逃れてきました。

ガド・サイトを運営するUNHCRメイガンガ事務所のモリス・ムサラヴィ所長は、現時点では事態は対処できている、と語ります。「パートナー団体の支援により、私たちは今回の到着者に対処し、シェルター、食料、ケアを必要とする人々への対応を提供できています。しかし、この人々の流入が続けば、私たちはカメルーン当局と共に、難民の世話がなされ、何よりも安全が守られる最適な場所へ移送させることになるでしょう。」

世界食糧計画(WFP)と国連児童基金(UNICEF)もこの新たな危機へのUNHCRの対応をサポートしています。「しかし、リソースは依然として限られています。もしこの人々の流入が増加すれば、私たちは新たに到着する人々を援助し続けるためにあらゆる善意を必要とするでしょう」とムサラヴィは語りました。

* 保護のため名前は伏せられています。

Xavier Bourgois

原文はこちら(英文)
Thousands of Central Africans seek refuge in Cameroon

中央アフリカ共和国 世界で最も貧しい国の難民危機

UNHCRは避難民と受入国を支援するため、人命保護、緊急援助物資の提供等の支援を実施していますが、中央アフリカ危機に対する資金は、UNHCRの活動資金の中で最も不足しているものの一つとなっています。UNHCRとともに、人道危機に瀕した避難民をご支援ください。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する