国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援の現場から

スーダンの大洪水による影響を受けた数千人の難民

南スーダン難民は大雨と洪水による仮設住居への被害を受け、緊急の支援を必要としています

南スーダンのシャーク・アル・ナイルで起きた大洪水の被害を受けた仮説住居の傍に立つ南スーダン難民のバク(80歳)

スーダンで過ごした日々を振り返っても、バクは国中に大混乱をもたらした最近の洪水のような出来事を見たことがありません。

 
ハルツーム(スーダン)2020年9月24日 ― 「洪水は夜に起こりました。水が私の仮設住居の中まで流れ込んできて、眠れませんでした」と、青ナイル川から50メートル離れたハルツームのシャルグ・アル・ニール地区に住む80歳の南スーダン難民は言いました。

 
その地域が水で覆われてしまったため、彼は数日間立ち往生しました。

 
「水は水位が下がるまで、7日間にわたって流れ続けました。私は自分の持ち物を置いて行きたくなかったので、動けませんでした」と、彼はため息をつきながら言い添えます。

 
彼の持ち物は色あせたベッド台とほんの少しのポットと金属性の皿、そしていくつかの私物等です。彼の仮設住居は、ドア用の布と金属板がついた木製の柱でできており、彼の身を守ることはほとんど難しい作りです。

「洪水は夜に起こりました。水が私の仮設住居の中まで流れ込んできて、眠れませんでした」

「洪水で、全ての服と小麦の入った袋を失いました」と、彼は付け加えます。
UNHCRがこの地域で支援物資の配布を手配するまでは、バクの最大の願いは「ビニールシート数枚とゆったりとした伝統的な服、ガラビア2枚」を受け取ることでした。

 
大雨が鉄砲水を引き起こし、ナイルのような川は水位が17メートルに達して堤防を破壊し、バクのような難民や国内避難民、地元住民やホームレスを含む数千人が家を失い、人道支援を切実に必要としています。

南スーダン難民のバク(80歳)は、スーダンのシャーク・アル・ナイル川で起きた大洪水によって破壊された自身の仮設住居に座る

国連は今回の洪水で少なくとも80万人が被害を受け、100人以上が死亡したと推測しています。UNHCRによる広範囲な評価で、全体のうち難民と国内避難民12万5,000人が被害を受けていることが明らかになりました。

 
最も被害を受けた地域は西部、南部、北部コルドファン、センナール、ダルフール、西スーダンとハルツームです。

 
脆弱な難民と地元住民が同様に、この異常気象によって最も影響を受けています。国中の多くの家屋や重要な給水所、トイレ等が破壊もしくは損傷を受けました。

 
ハルツーム地域内の、建築中のコンクリートの建物やゴミ捨て場、粗末な仮設住居が多くあるアル・ドロシャブのような川から離れている地域でも、数千人が集中豪雨と強風の影響を受けました。

 
南スーダン難民のクリスティーナは、アル・ドロシャブの大雨に影響を受けた2,000人程の中の一人でした。彼女の粗末な仮設住居は、大雨から彼女の家族を守ることはほとんどできませんでした。

 
「雨が降った時、私たちは眠っていました。私たちの家のあちこちから雨漏りし始めました」と、彼女は14歳から1歳4か月の9人の子どもたちを連れてビニールシートの下に避難した瞬間を思い出しながら話します。

 
「私たちはシートで自分たちを覆い隠しましたが、そのシートも水漏れをしていました」と、今週の始めにビニールシートやマットレス、毛布や水汲み容器を受け取ったうちの一人でもあるクリスティーナはそう付け加えます。

 
全国的にUNHCRは、セーブ・ザ・チルドレンやスーダンの災害支援復興非営利団体のADD等を含むパートナーと共に、約17万人の難民、国内避難民、地元住民に、食料以外の支援物資を供給しました。

 
「支援物資によって、最も脆弱な人の苦しみが軽減できるので嬉しいです」と、広大なハルツーム地域の支援物資供給の調整を担当するUNHCR准保護官のアハマド・アリは言います。

「家を立て直し、人生をより豊かにして子どもたちを学校に行かせたいです」

彼はさらなる人道支援の必要性を強調しており、「支援の必要性は高く、支援は短期間です」と付け加えます。

 
彼はさらに、資金が不足していることを説明しました。9月中旬時点で、UNHCRはスーダンでの支援活動に必要な資金2億7,490万米ドルのうち、38%しか受け取れていません。UNHCRの最近発表された報告書「2020年の資金不足の結果(Consequences of Underfunding in 2020 ※英語サイト)」によると、南スーダンの状況では、33%というさらに低い資金状況に苦しんでいます。

 
クリスティーナの人生に洪水が及ぼした深刻な影響にも関わらず、彼女は諦めるつもりはありません。

 
「家を立て直し、人生をより豊かにして子どもたちを学校にいかせたいです」と彼女は話します。

 
原文はこちら(英文)
Massive floods in Sudan impact thousands of refugees

深刻化する南スーダンの人道危機

民家の略奪や放火、子どもの誘拐、性的暴力などエスカレートする市民への暴力で、国民の4人に1人が避難を強いられている南スーダンの危機を知ってください。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する