国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める/支援の現場から

UNHCR親善大使ケイト・ブランシェット、無国籍の活動家にインタビュー
陰に隠れた数十年の末「ついに私は存在しています」

女優でUNHCR親善大使のケイト・ブランシェットが、無国籍の活動家マハ・マモに約30年に及ぶ活動についてインタビューします

無国籍の活動家マハ・マモ(左)とUNHCR親善大使ケイト・ブランシェット(右)

ブラジルが活動家マハ・マモに市民権を与え、国籍を勝ち取るための彼女の30年の闘いを終わらせたその瞬間を思い起こす時、彼女の顔は明るく輝きます。

 
2019年10月7日 ― 「ワオ!私はついに存在している、と感じました。欲しいものは何でも選び、したいことを何でもして生きる選択の自由を持っているのです」と、誇りを示すために彼女の新しい国籍であるブラジルの国旗を肩にかけて、マモは語りました。

 
スイス・ジュネーブで開催された第70回UNHCR執行委員会会合にて、聴衆である何百人もの代表の前で、彼女は無国籍について、親善大使のケイト・ブランシェットに語りました。

第70回UNHCR執行委員会会合で無国籍について語るマハ・マモ

無国籍は、世界中の何百万もの人々の生活に暗い影を落とします。国籍を持つことは、ヘルスケア、教育、就職、移動の自由のみならず、銀行口座を開設したり、携帯電話のSIMカードを購入したりするための、基本的な権利の入口です。

(動画右下の設定で字幕をオンにしていただければ、日本語字幕が表示されます)

このフォーラムは無国籍問題の人間的側面を示し、行動につなげることを目的としており、UNHCRが10年間続ける #IBelong キャンペーンの目標は、単にドライな法的プロセスを変えることではなく、希望の提供だと示すことを目指しています。フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官は、この国際問題が個々人に大きな影響を与え、どんな議論も、個人に対するインパクトを持つことを心に留めなければならない、と強調しました。

 
「わずか5年前には、無国籍やそれが引き起こす弊害に対する一般的な意識は、まだわずかなものでした。それは、変わりつつあります。そして現在、無国籍を完全に終焉させる展望は、これまでになく見えてきています」と高等弁務官は語りました。

 
「それでも、進歩を確信するにはほど遠いです。ナショナリズムの形にダメージを与え、反・難民/移民の感情を巧みに操る。これは進歩へのリスクとなる国際的に見られる潮流です」と彼は語りました。

「永久的な恥辱の下に生きる、こんなに多くの人々」

マモはシリア人の両親のもと、レバノンで生まれました。しかし、彼女は国籍を手に入れることができなかったのです。最初、成長する中で、彼女は国籍の欠如に気づきませんでした。しかし徐々に、その問題は重大になっていきました。

 
→ ブラジル、無国籍の活動家の「国籍を持つ夢」を実現

 

壇上で無国籍問題について語るマハ・マモ(左)とケイト・ブランシェット(右)

2014年、彼女と彼女のきょうだいは、難民としてブラジルに再定住をしました。そこで難民認定を受けた1か月後、彼女の兄(弟)が武装した強盗に殺されたのです。家族の喜びの直後に起こったこの悲劇が、無国籍を終わらせる活動家としての彼女の責任感をより強いものにしました。2018年、ブラジルは彼女に市民権を与えたのです。

 
女優のケイト・ブランシェットは、数年前まで、無国籍が国際問題であることを知りませんでした。この問題を説明するため、彼女は聴衆に、運転免許やパスポート、クレジットカード、健康保険証がない人生を想像するよう促しました。

 
「こんなにも多くの人々が、今も続く永久的かつ何世代にもわたる恥辱の下で暮らしていることが信じられませんでした」と彼女は語りました。

無国籍問題について語るケイト・ブランシェット

困難や、無国籍根絶を覆すリスクのあるいくつかの国からの反対があるにもかかわらず、キルギスは今年、無国籍を撲滅させた世界初の国家となりました。

 
一般討論の場で、チンギス・アイダルベコフキルギス外務大臣は、責任は国家にある、と明確に述べました。

 
「国家がプレーヤーであり、市民権を発行または取りあげるためのルールを制定しています」と彼はこのフォーラムで語りました。「政治的な意志、各国の連動した行動、そして相互協力によって、私たちは世界中でこの問題を撲滅することができるのです。」

 
キルギスの弁護士アジズベク・アシュロフは、10月7日、キルギス共和国の無国籍を終焉させた業績によって、2019年のUNHCRナンセン難民賞を受賞しました。

スマートフォンで一緒に写真を撮るマハ・マモとケイト・ブランシェット

 
Writing by Matthew Mpoke Bigg and additional reporting by Kate Bond.

 
By UNHCR staff

 
原文はこちら(英文)
After decades in the shadows, stateless activist says ‘finally I exist’

UNHCRが支援する人々

UNHCRの支援対象者数は7,000万人以上、第二次世界大戦後、過去最高を記録しました。その対象者は、難民・国内避難民・無国籍者・庇護申請者、そして帰還者など、多岐にわたります。故郷を追われた人々の命と希望を、私たちと一緒に支えてください。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する