国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援の現場から/最新ニュース

シリア人監督が演劇を通じて難民と地元住民をまとめる

劇場監督であるバセムは、アレクサンドリアで若い難民と地元住民のために安全な場所を提供し、彼らが自信と地域社会の一員としての意識を身に付けるために演劇教室を活用している

Iシリア難民のバセム(中央)は、エジプトのアレクサンドリアの難民と地元住民からなる彼の劇場グループ「The Nomads(ザ・ノマド)」に囲まれている

エジプトの港町であるアレクサンドリアの中心にある小さなコミュニティセンターで、バセムというシリア人演劇監督は、若い難民や地元住民たちがセクシャルハラスメントや差別に関する感情的なシーンを演じるのを誇らしく見守っています

 
アレクサンドリア(エジプト)、2019年6月26日 ― 出生地シリアで役者兼監督だったバセム(37歳)は、長らく劇場を人間の経験の延長とみなし、彼自身の喪失と強制的避難の経験を彼の芸術へ向けて来ました。

 
彼の父親を2012年の紛争で亡くした後、バセムは、ダマスカスにある彼の家の近くでの砲撃と暴力から妻と4人の子どもたちとともに逃れることを強いられました。この家族はアレクサンドリアに避難し、親戚と合流しました。

 
悲しみや混乱に苦しみながら、バセムは、初めはエジプトで彼の生活を再び築くことが難しいということを感じました。しかし、率先して無料の演劇教室や難民の子どもたちのための道化師ショーを行った後、彼は、自らの芸術が他の人だけでなく自分自身にも良い影響を与え得ることに気が付きました。

「芸術は癒します」

「芸術は癒します。芸術は、私たちに平和と安心を教えてくれます。それは、とても大きなことで、学校で学ぶことより大切です」とバサムは説明しました。「あなたが子どもの生活の中でネガティブな何かをポジティブな何かに変えたとき、それは彼らの将来に大きな違いを生み出します。」

 
さらに、衣装や化粧品、その他の物資、宣伝用の資料も提供していたUNHCRからの支援によって、バセムは、拠点を置くエジプト人の地元コミュニティを含めるために彼の教室を拡大し、障がいをもつ人々、孤児、ストリートチルドレンも受け入れました。

 
2016年、バセムは、シリア、イエメン、イラク、スーダンからの難民、さらに地元住民を含む7歳から24歳までの30名の演劇グループ、The Nomads(ザ・ノマド) を設立しました。彼らはまた、アレクサンドリアのUNHCRの地元NGOパートナーのひとつで活動コーディネーターとしての仕事を見つけ、家族を養う助けになっています。

 
エジプトは、現在、58か国から24万7,000人以上の難民と庇護希望者を受け入れており、彼らの半数以上が8年間に及ぶシリアの紛争から逃れて来た人です。

 
避難に来ている大多数は、受け入れコミュニティと共に都心部で暮らし、そこでは、UNHCRと政府当局とが協力して、保護サービス、ヘルスケア、教育へのアクセスを提供しています。

 
コミュニティの能力強化プログラムを通して、UNHCRはまた、難民と庇護希望者が彼ら自身のそして経済的成長において積極的な役割を果たすこと奨励しています。このようなイニシアティブは、より自立度を高め、彼らの権利を行使し、日常生活を向上させるために、彼らが暮らす地域社会と関わるのを助けるよう設計されています。

 
バサムの劇場グループは、性暴力、セクシャルハラスメント、人種差別などの社会問題に取り組むために演劇を活用しています。グループは、参加者に自身の気持ちを表現し、他のメンバーとつながるための安全な場所を提供しています。メンバーの多くの人々が芸術やバセムとの特別な絆によって彼らの生活が豊かになったと話しています。

(動画右下の設定で字幕をオンにしていただければ、日本語字幕が表示されます)

「バセムと働き始めて以来、私の性格は変わりました」と現在バセムの右腕として働く地元のアレクサンドリア人ハゼム(24歳)は話します。「彼は、私が感情を表すことを助けてくれました。私たちは、ただの友達ではありません。家族です。私たちは、すべてにおいてつながっています。」

 
「私たちは、重荷ではありません。私たちは、お返しするためにここにいます」とバセムは、彼らの受入れコミュニティで積極的な役割を果たすことが彼と他の難民にとってどれだけ重要であるのかを説明しました。

 
これまでに達成してきたことを誇りに思い、バセムはエジプトの他の都市に彼の活動を拡大し、逆境を乗り越えたり、人々をまとめることにおける芸術の力を披露することを望んでいます。

 
「私たちが難民であるか、移民であるか、市民であるかどうかに関わらず、誰の人生にも、芸術家がいます。私がすることは、彼らの中にいる芸術家のヴェールをはがして、彼らの旅を続けてもらうことです」と彼は話します。

バセム(左)と、芝居は感情を表現するのを助けてくれると話すエジプト人のアシスタントであるハゼム

Rima Cherri

 
原文はこちら(英文)
Syrian director unites refugees and locals through drama

シリア危機開始から8年 どうぞ今、あなたの力を貸してください

大切な故郷を破壊され、愛する家族を失い、すべてを奪われながらも立ち上がろうとするシリアの人々のもとへ、ぜひここ日本から力強い支援を届けてください。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する