国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める/支援の現場から

ラマダンについて、知ってみませんか?
ラマダンQ&A

毎年5月頃になると海外ニュース等で話題となる「ラマダン(Ramadan ※「ラマダーン」と言う方もいます)」をご存知でしょうか?
日本でも断食等の行事とともに、その言葉を知っている方も多いでしょうが、何のためのものか、ご存知ですか?今回は、このラマダンについて、Q&A形式でご紹介します。

ラマダンに関する基礎知識Q&A

Q:ラマダンは何を記念する行事?

A:答えは「1. コーラン(イスラム教の聖典)の啓示」です。ラマダンは世界中のムスリムにとって、もっとも神聖な期間となります。

イラクのキャンプででラマダン前の食事を摂る国内避難民の家族

Q:ラマダンの断食は何時間続くの?

A:答えは「2. 日の出から日没まで」です。この間は食べ物のみならず水も飲まないので、夜明け前に“スフール(Suhur)”と呼ばれるボリュームのある食事を摂ります。

Q:ラマダンでは何日断食をするの?

A:答えは「2. 30日」です。ただし、子どもや妊婦、病人等は断食をしません。

Q:ラマダンの時期は?

A:答えは「3. ムスリムの暦である太陰暦の第9の月で、毎年異なる」です。2020年は、4月23日~5月23日となります。

ヨルダンにて、最終日の日没後の食事の様子

Q:ラマダンの終わりには何か起こるの?

A:答えは「3. 最後の10日間、熱心な祈りがささげられた後、祝賀が行われる」です。

ムスリムのスーダン難民ファラー(中央)を受け入れ、ラマダンに賛同するキリスト教徒のフランス人夫婦

Q:ラマダンはイスラム教だけの行事?

A:答えは「2. だれでも参加可能」です。家族や友人等が参加することもあります。ラマダンの期間の断食が終わる日没に摂る“イフタール(iftar)”の食事には、イスラム教以外の多くの人々を招待する場合もあります。

Q:ラマダンの本当の意義は?

A:答えは「1. 浄化と自制、共感」です。家族と多くの時間を過ごし、亡くなった方々へ思いを馳せ、チャリティー等、善い行いをすることが重要とされています。

2016年のラマダン最終日に、UNHCRとパートナー団体がシリア難民に提供したイフタールの食事

新型コロナウイルスが世界的に広がる中で迎えた2020年のラマダンに向けて、フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官はこのように述べました。「今、大切なのは、単なる物質的な “寛容さ”ではありません。それは、他者に対する思いやり、励まし、笑顔、善い行いです。新型コロナウイルスのパンデミックは、私たちが共通の困難に直面していることを再認識させました。この危機を乗り越えるために、自分が暮らすコミュニティの重要性、みんなが一体となって努力することの大切さなどについて、ラマダンは、私たちがじっくりと考える機会にもなるでしょう。私たちすべてに連帯の精神が試されている今、私は自信を持って言えます。“思いやり(humanity)は決して打ち負かされることはない”と。」
ぜひ、この機会に、ラマダンについて考えてみてください。

2020年4月23日~5月23日 ラマダン
Be the Light 難民を照らす光になっていただけませんか?

今年のこの時、難民に、そしてその家族に、寄り添っていいただけませんか?故郷を追われた人々の命と希望を、私たちと一緒に支えてください。

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する