国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める/支援の現場から/最新ニュース

【サイクロン・イダイ続報】被災地に空輸を実施
皆様のご支援は、アフリカ南部の被災者に届いています

モザンビークのベイラにて、救援物資のソーラーランタンを受け取った被災者の少女

皆様のご支援は、被災者の元へ

アフリカ南部モザンビーク、ジンバブエ、マラウイを襲ったサイクロン・イダイ緊急募金に、皆様から心温まるご支援を賜り、誠にありがとうございます。
皆様のご支援のお陰で、UNHCRは現地で救援活動を開始するとともに、4回の空輸を実施。世界各国にあるUNHCRの備蓄倉庫から、家族用テント1,165張、毛布4万1,418枚、就寝用マット4万1,500枚、蚊帳1万7,600張、給水容器1万1,600個、バケツ9,080個、調理器具セット7,092家族分、ソーラーランタン4,800家族分、防水用ビニールシート3,000枚といった救援物資を被災地に届けました。

届いています!皆様のご寄付で可能となったさまざまな支援の形

モザンビークの空港で、空輸された救援物資の移送作業をするUNHCRスタッフ

「家は全壊しました」と語る被災者の女性はUNHCRのテントで避難生活を始めました

ジンバブエにて、UNHCRが提供した調理器具を利用する13歳の少女

サイクロンによる地滑りの被害に遭った難民の子どもたちと遊ぶUNHCRスタッフ

「彼らは一人ではありません。
UNHCRは彼らを支援するために、ここにいるのです。」

3月27日現地時間深夜1:00、救援物資到着を見守るサプソバ局長

「未曽有の災害です。私たちはこのような状況を目にしたことがありません。この壊滅的な自然災害の生存者に、国際的な支援が緊急に必要です。私たちの今回の活動は、結束力を示すものであり、寛容に難民を受け入れ、限られた資源を難民と共有している地域の人々への感謝の気持ちです。支援を必要としている時に“あなた方は一人ではありません”と思い出してもらうために、私たちはここにいるのです。」

ヴァレンティン・サプソバUNHCRアフリカ南部局長

現地、被災地の様子

近隣の学校に避難したフランチェスカ

「日が経つにつれ事態がより厳しくなっているので、とても心配になりました。」モザンビークで被災し、遺された数少ない建物の1つ、地元の学校へ避難したフランチェスカ(26歳)は語りました。夜は教室に押し込まれ、並んで眠るのです。
「私の家族には、1日1カップのトウモロコシ粉しか与えられませんでした」と、同じ学校へ避難したミカリナ(27歳)は言います。息子のお腹は、栄養失調の不吉な兆候のように、膨張しているように見えました。

ミカリナとフランチェスカは、救援物資の配給リストに名前を書きました。今、家族用テント、ビニールシート、就寝用マット、毛布、蚊帳、ソーラーランタン、調理器具、給水容器といった救援物資は、彼女たちの目の前にあります。

しかし、さらに多くの被災者を手助けするためには、これからも国際的な支援が必要です。

モザンビークの被災地にて、濡れた服を乾かし、生活を再建しようとする家族

正常に商店が再開されるまではまだ時間がかかり、物不足が広がる中、食糧の価格が急騰しています。また、サイクロンは田畑を襲い、モザンビークでは、約71万1,000ヘクタール分の収穫が破壊されました。農家は新しい種を買う資金がない状態です。すでに子どもの栄養失調率が世界最悪な国の1つであるこの国は今、新たな飢饉の恐れがあります。
また、衛生環境の悪化により、モザンビークでは4月8日現在、コレラの発症が3,577件報告されており、伝染病や下痢の蔓延も懸念されます。

【動画】モザンビーク:生活再建に格闘する人々

(動画右下の設定で字幕をオンにしていただければ、日本語字幕が表示されます)

皆様の寛大なご寄付のおかげで、UNHCRは今現在も、被災地で救援活動を実施しております。改めて、厚く感謝申し上げます。
難民を含む弱い立場に置かれた人々を円滑に保護するために、UNHCRの緊急チームは、被災国で緊急対応を実施しています。未曽有の自然災害によって依然、人々は厳しい環境での生活を強いられる中、そしてこの悲劇を伝える報道が世界的に減りつつある中、これからも、UNHCRの活動をご支援いただければ幸いです。
どうぞ、UNHCRとともに、被災者を支える力となってください。

サイクロン・イダイ緊急募金

被災者を早急に手助けするために、国際的な支援がさらに必要です。どうぞ、UNHCRに皆様のお力をお貸しください。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する