国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める

事業部門
コンテンツ企画、編集、制作担当職員募集

国連UNHCR協会は、国連の難民支援機関であるUNHCR(ユーエヌエイチシーアール)(国連難民高等弁務官事務所)の活動を支える日本の公式支援窓口として設立された認定NPO法人です。世界的に急増する難民の命を守るため、日本の民間社会の皆様より寄付金を募る活動を続けています。

このたび、以下のとおり職員を募集します。グローバルな国連の難民支援活動を日本から支える、とても意義ある仕事です。ご応募をお待ちしております。

雇用形態:

正職員  ※6か月間の試用期間があります。試用期間中の給与・待遇は変わりません。

業務内容:

  1. UNHCRの民間資金調達のグローバルネットワークやUNHCR駐日事務所との連携を通じて、日本の民間社会の皆様、特に個人の皆様からの支援(ご寄付)の拡大に取り組む仕事です。難民支援を募るためのオンライン・オフラインコンテンツの企画、編集、制作をお任せいたします。

 

  1. 1.   グローバルに展開されるファンドレイジングのためのコミュニケーションプランを参考にしつつ、斬新なオンライン・オフラインコンテンツを制作し、日本における支援拡大のための戦略/企画立案・実行についてイニシアチブをとる。具体的には:ウェブ、SNS、定期刊行物、ビデオ、デジタルサイネージ等のコンテンツ全般を対象とした企画立案、記事原稿作成、編集など。印刷・発送の業務委託先の選定とその後のベンダーマネジメントをサポートし、デザイン・コンテンツの業務委託をする際にはその制作ディレクション業務を担う。

 

  1. 2.   新規支援者、既存支援者、ポテンシャルドナーそれぞれに適した、関係構築と深化を目的としたコンテンツ作り。具体的には:A/Bテストなどを通じたオプティマイゼ―ションへの戦略設計と実施、ターゲット層の興味・関心に敏感に反応したクリエイティブ案の起用、支援者・ポテンシャルドナーに送られる資料についての企画立案、など

 

  1. 3.   グローバルなトレンドや日本ならではの傾向に合わせ、ドナーのlife-time valueを考慮した上でのコンテンツ管理。具体的には:ドナージャーニーの構築や分析、それぞれのセグメンテーション属性を考えた上での支援のお願いやニュースレターのコンテンツやスケジュリング提案、現地視察からのコンテンツ展開をするための予算計画の策定、現地視察を実行する上での現地との連携を担当、UNHCR本部の民間資金調達部への主に現地視察に関するレポーティング、ポテンシャルドナーやご支援者様の声を反映させたコンテンツ運用、など

募集人数:

1名

応募資格:

  1. 1. マーケティングやファンドレイジングなどのコンテンツ企画、編集、制作に関連する業務での3年以上の実務経験(自ら文章・記事作成経験があること)
  2. 2. 支援を拡大するためのファンドレイジング全般を遂行する能力(戦略策定、マーケティング、企画、提案、交渉、報告)。プレゼンテーション力、コミュニケーション力を重視します。
  3. 3. スピード感を持ってマルチタスクを遂行しながら、各タスクにフレキシブルに対応する能力
  4. 4. 日本語・英語での職務遂行能力(TOEIC 850点以上)
  5. 5. PCスキル(Powerpoint、Excel、Word)
  6. 6. 難民支援・人道支援への熱意
  7. 7. 動画編集のスキルがあれば尚可

勤務地:

東京都港区南青山(当協会事務所)※転勤はありません

勤務時間:

8:30-17:30、9:00-18:00、9:30-18:30、10:00-19:00のいずれか選択制 (実働8時間/週5日)
※事前承認により不定期に在宅勤務も可
※基本的には360時間(月30時間)の時間外勤務有り

待遇:

【給与】能力や経験などを考慮して決定します
・給与改定年1回 (4月)
・通勤手当(規程による)

【休日休暇】
・完全週休2日制 (土・日)
・ 祝日、年末年始休暇 (6日)
・有給休暇、慶弔休暇
※年間休日120日

【福利厚生・待遇】
・各種社会保険完備 (雇用・労災・健康・厚生年金)
・退職金制度

勤務開始日:

2019年5月~

※応相談

応募方法:

・履歴書(写真貼付、和文・英文)

・職務経歴書(和文・英文)

・志望動機(和文・英文、それぞれA4サイズ1枚程度)

・2次面接まで進んだ方のみ、信用照会先の連絡先(3名のお名前、役職名、所属先の名称と

所在地、電話番号、Eメール、自身との関係性を明記してください。提出をもって先方への連絡を承諾するものとみなします。)

※ すべて自由書式。

※メール添付にて送付。

※ メール件名に、「コンテンツ担当職員応募_氏名」を明記。

応募先・お問い合わせ先:

recruit@japanforunhcr.org

ご質問は「コンテンツ担当職員」採用担当まで、メールにてお寄せください。

※お電話では受け付けておりません。

募集期間:

適任者の採用が確定次第、締め切ります。

選考方法:

書類選考を通過された方のみ、随時1次面接のご連絡を差し上げます。2次面接および職場体験、信用照会を経て最終決定となります。

 

※応募書類は当協会で適切に管理し、選考以外に使用することはありません。

※応募書類は返却しませんので、予めご了承ください。選考終了後、不採用の場合には1ヶ月以内に当協会にて廃棄させていただきます。

この仕事の魅力

ビジネス英語がフル活用できること:約25か国からなる民間資金調達部門のグローバルネットワークは、UNHCRの強みです。各国でどのような企画がおこなわれているのか、どのような手法が功を奏しているのかなどのスキルシェアが頻繁に共有されます。

自主性が重んじられること: 自らの戦略立て、企画立案、実行能力が試されます。難民支援の輪を広げるという目標に対して、どのように画期的な提案ができるかが、協会内のみならず、世界各国の取り組みと比較して評価されます。

日本にいながら、世界中のエキスパートと連携できること: UNHCRの世界135か国にいる職員の手を借りることができます。世界各国で活躍しているUNHCR職員に連絡を取り、最新情報を得たり、現地ならではのストーリーをもらったり、いろいろなインサイトがそれぞれの専門職に就いている職員から学ぶことができますので、いつでも知識の幅を広げることができます。

自分にしかできない、国際貢献のかたちを実現できること: 国連UNHCR協会の職員はひとりひとり、自分にできる難民支援のかたちを日々考えて、実行しています。この仕事をしている限り、このUNHCRの尊い活動に常に貢献できているということを毎日実感することができます。

ワークライフバランス: 時間内に効率よく仕事を進めることが、最優先とされています。また、在宅での勤務も組み合わせてフレックシブルに対応できるようにしております。

 

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する