国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援する・参加する・広める

    ファンドレイジンググループ    大口寄付者及び遺贈担当 職員募集

国連UNHCR協会は、国連の難民支援機関であるUNHCR(ユーエヌエイチシーアール)(国連難民高等弁務官事務所)の活動を支える日本の公式支援窓口として2000年に設立された認定NPO法人です。世界的に急増する難民の命を守るため、日本の民間社会の皆様より寄付金を募る活動を続けています。

 

今回募集するファンドレジンググループの大口寄付者及び遺贈担当は、日本の民間社会の皆様、特に個人の皆様からの支援(ご寄付)の拡大に取り組む仕事です。大口寄付、遺贈を検討されている日本全国の方に対するアプローチや継続的な寄付をお願いするための施策を企画・実施し、直接お会いしたり、連絡を取って寄付を募るための活動を担当します。

業務内容

1.大口寄付者担当として

大口寄付者にコンタクトし、継続的な寄付をお願いする活動・提案を行います。また、新しい支援者を発掘し、継続的な寄付をお願いしたり、既存の寄付者にアプローチして寄付金額を拡大するために活動を行います。大口寄付者は個人として寄付をいただける方になります。

 

2.遺贈担当として

近年、遺産や相続財産の一部を難民支援に役立てたいとのお問い合わせを、数多くいただくようになりました。遺贈プログラム担当者は下記のような方法から、寄付を最大化することを目的とします。

①遺贈によるご寄付:ご自身の意思で、遺言により、相続人以外の第三者に財産の一部または全てを贈与することです

②相続財産からのご寄付:相続した財産からご寄付いただく方法

 

3.個人の大口寄付拡大、遺贈に関わる業務

➣ 大口寄付・遺贈拡大の戦略を立案し、その戦略の実施と目標達成の責任

➣ 新規支援者を募るのための施策(※)立案・実施、および施策(※)の評価と改善

➣ 既存寄付者への活動報告、返礼を通じて良好な関係を構築・維持し、寄付金額拡大のための施策(※)立案、実施、評価及び改善

➣ 寄付者及び一般からの問合せ対応(面会、電話、メール等)

➣ 全国の個人寄付者を担当し、訪問します(国内出張可能な方)

 

4.内外組織の連携・協力

➣ 業務遂行にあたり、必要に応じて協会内外の関係者(国内関連部署、UNHCR海外本部、金融機関、弁護士・税理士等の専門家、外部ベンダー等)と調整・連携

➣ UNHCR世界各拠点で実施される施策の理解

➣ UNHCR海外本部・他拠点で展開されるプログラムに日本を代表して参加し(メール、電話会議、海外出張)、日本での展開の有無を決定し、日本のニーズに合わせてプログラムを日本国内で展開する

 

5.情報の管理

➣ 見込・既存寄付者の個人情報を管理・更新し、活動履歴(面会、電話、提案内容等)をシステムに入力・更新して、その情報を生かして施策につなげる

➣ 予想される寄付金額及び寄付実績を管理・毎月報告し、必要な活動・施策を実施して目標金額を達成する

必要とする経験とスキル

1.一般企業等の組織での業務経験が10年以上あり、ファンドレイジング、営業、マーケティングなどの経験のある方

2.高いコミュニケーション力、プレゼンテーション力、交渉力があること

3.マーケティングプラン、またはセールスプランの策定・実施経験のあること

4.PCスキル(メール、エクセル・ワード・ポワーポイントなど、インターネット、データベース入力作業)

5.英文書類を理解でき、日常会話程度の英語力(ビジネスレベルの英語力があると尚良い)

必要な資質

1.難民支援・人道支援への熱意

2.自発的に業務に取り組み、的確に報告・連絡・相談ができること

3.目標達成について、チームの一員として努力し、その責任の一端を負うことができる

雇用形態:

正職員

※但し、6か月間の試用期間を設けます(試用期間中の給与・待遇は変わりません)

募集人数:

1名

勤務地:

東京都港区南青山(当協会事務所)

勤務時間:

8:30-17:30、9:00-18:00、9:30-18:30のいずれか選択制(実働8時間/週5日)

※事前承認により月に6日程度の在宅勤務も可

待遇:

【給与】能力や経験などを考慮して決定します

・給与改定年1回(4月)

・通勤手当(規程による)

【休日休暇】

・完全週休2日制(土・日)

・祝日、年末年始休暇(6日)

・有給休暇、慶弔休暇、夏季休暇、病気休暇

※年間休日120日

【福利厚生・待遇】

・各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)

・退職金制度

・服装自由

勤務開始日:

出来るだけ早い時期(応相談)

応募方法:

メール件名に「大口寄付者及び遺贈担当応募_ご氏名」と明記の上、下記書類(すべて自由形式)を電子メール添付にて recruit@japanforunhcr.org まで送付ください。

・履歴書(写真貼付)

・職務経歴書

・英文レジュメ(履歴書、職務経歴書)

・志望動機(和文・英文、それぞれA4サイズ1枚程度)

書類選考後、一次面接、二次面接及び信用照会(3名)、条件面確定の流れで進めます。

※応募内容は当協会で適切に管理し、選考以外に使用することはありません。応募書類は返却しませんので、予めご了承ください。選考終了後、不採用の場合には1ヶ月以内に当協会にて廃棄させていただきます。

お問い合わせ先:

ご質問はメール件名に「大口寄付者及び遺贈担当に関する問い合わせ」と明記し、メールにて recruit@japanforunhcr.org までお寄せください(お電話では受け付けておりません)

 

 

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する