国連UNHCR協会は、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口です。 《寄付は税控除の対象になります。》

  • 0120-540-732(平日10:00-19:00)
  • メニューを開く

支援の現場から

最も弱い立場にあるベネズエラの子どもたちを守ることを目指して

コロンビアに到達したベネズエラの子どもたちは、しばしば暴行を受けやすく低体重であることが多い

ボゴタの「国境なきハート児童保護センター」でボランティアと交流する幼いベネズエラの少年

14歳のカトリーナ・ゴメス* は、このコロンビアの沿岸都市の公共ビーチで、2人の男に襲われ、性暴力の被害にあったとき、学校で安全に過ごせていたかもしれませんでした。しかし、彼女と両親は、彼女にその権利があることを知りませんでした。

 
リオアチャ(コロンビア)2018年11月20日 ― 学校へ行く代わりに、毎日彼女の両親が自家製のライスプディングとケーキを街頭で売りに行くあいだ、カトリーナは、彼らがベネズエラのマラカイボ近くの故郷から到着してから8か月間、寝床としていた砂場のある場所で、弟のデビッド* と家族の少ない所持品を見守っていました。

 
彼女の母パオラ*が長い仕事の1日から戻った8月のある日、彼女はカトリーナが抑えきれずに泣いているのを発見しました。

 
「娘は何が起こったか私に話しましたが、私たちは強制送還されることを恐れて報告しませんでした」とパオラは言いました。同じ理由で、彼らは法的に権利があるにもかかわらず、地元の学校に子どもを入学させることを避けていました。

 
現在までに約300万人の難民と移民がベネズエラを離れました。そこでは複雑な人権と政治環境が混在した深刻な経済的苦境や不足など多面的な課題があります。

「子どもたちのために最も恒久的な解決策は…受け入れ側コミュニティへの融合でしょう」

ベネズエラの子どもは、コロンビアのボゴタにある「国境なきハート児童保護センター」のボランティアと交流します

「彼らが何を経験しているのか理解すること、そしてこのような状況にもかかわらず、たくさんのことを達成することができると認識することを支援しています。」5~13歳の子どものための5週間のプログラムを開発したセンターのディレクター、サンドラ・ロドリゲスはこう語ります。

 
このプログラムの重要な部分は、UNHCRが開発した「私の旅、新しい場所」と呼ばれる、カラフルなワークブックで、絵、ステッカー、書く練習を通して、子どもたちが家を出たときの様子や現在の生活状況を説明できるように導くことです。

 
子どもたちの状況がどれほど困難であるかは、11歳のアンダーソン・アリーナの顔、腕、手にある数百もの虫刺されから明らかです。「全身がかゆいです!」と彼は不平を言い、激しく掻きむしりながら、ワークブックの色を塗ろうとしました。 「彼の家族は明らかにノミが蔓延している部屋に住んでいます」と言って、ロドリゲスは、センターのボランティアにかゆみを和らげるクリームを与えるように頼みました。

「ほぼ全員が、年齢の割に体重が4~5キロ軽く、身長は平均よりも低いのです」

ベネズエラの移住者と難民の子どもたちは、ボゴタの「国境なきハート児童保護センター」で映画「ラタトゥイユ」を観ます

このセンターでは、医師と歯科医師の無料検診も提供し、家庭での基礎食品の不足から、しばしばおこる栄養失調の症例を発見します。 「若者の多くは、これまで牛乳や牛肉を食べたことがありませんでした」とロドリゲスは言いました。

 
「彼らが到着すると、初めに我々は体重と身長を測定します」と彼女は言いました。 「ほとんど全員が年齢より4~5キロ体重が軽く、平均より身長が低いのです。」バランスの取れた朝食と昼食をセンターで食べることで、多くの子どもがそこにいる間に1キロまたは2キロ体重を増やすことができます。

「国境なきハート」は、コロンビアに滞在する予定である家庭の子どもたちが地元の学校制度について行けるよう支援することも目指しています。最近出された政府の指針のおかげで、すべての子どもたちが「国籍や移住状況に関係なく」学校制度を利用する権利があります。

 
しかし、ベネズエラの子どもたちがコロンビアで教育を受ける上での障害は残っている、とメルクスは述べました。多くの学校区では、子どもの入学から3か月以内に法的な身分を取得する必要があります。また、子どもの学校レベルを証明する公式文書という不可能でないにしても非常に入手することが難しい書類を要求することもあります。

 
「学校へのアクセスを確保することは、子どもたちが保護され、元気に育つための最善の方法です。」とメルクスは述べました。

若いベネズエラ人、カミラ・マルカノ(11歳)は、ボゴタの「国境なきハート児童保護センター」育児施設での教育活動中に手を挙げています

* 難民の名前は保護のために変更しています。

 
Sibylla Brodzinsky

 
原文はこちら(英文)
Striving to protect vulnerable Venezuelan children

南米ベネズエラ緊急事態

政情不安と社会経済の混乱から、今、約300万もの人々が家を追われ、安全を求めて国境へ向かっています。UNHCRの難民支援にご協力ください。

※当協会は認定NPO法人ですので、ご寄付は税控除(税制上の優遇措置)の対象となります

一覧ページへ戻る

国連UNHCR協会について
UNHCRを知る
UNHCRを支援する